2019年05月27日

OLIGHT:SEEKER 2 PROの動画紹介

1905_Seekerwo_.jpg
大容量 21700充電電池を使用し、LOWモードで52時間、MIDの300ルーメンでも「明るすぎる!」と思ってしまうくらいの明るさで9時間30分、Highの1200ルーメンはほぼ使わない明るさ。
1905_Seekerwo2_.jpg
バッテリーの残量や現在のモードが4つのメモリでひと目で分かる機能が便利すぎる!。シリコンゴム製のグリップは滑らず金属の冷たさも軽減される。マグネット式の充電ベースが付属し、壁やテーブル上で邪魔にならずに充電することができます。
↓動画での説明はコチラ


posted by morikatu at 09:07| 東京 ☀| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

廃盤のチタン製メスティン?

突然湧いてきたメスティン人気。ショップの人に話を聞くと「ありませんか?」と聞かれることがめちゃくちゃ多いらしい。
昔は900円くらいと安く、浄水器を持っている人はほぼ居なかったので、ピンチ缶として煮沸消毒セットにしていた人が多かった記憶。
1905_hanare6_.jpg
これは2006年の写真で、中に入れているアルコールストーブと風防はAntiGravity GEARのモノ。メスティンは使っていませんが最近またアルコールストーブを使い始めています。
そういえば、前にEVERNEWがチタン製のメスティンみたいなものを出していて、欲しかった記憶があり検索してみるとありました。
1905_hanare5_.jpg
当時は高価すぎてすぐに廃盤になってしまいましたが、メスティンブームの今、ちょっとプレミア価格になってるみたい。
posted by morikatu at 20:04| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AXESQUINの高尾ハナレへ。凌商品はフルラインナップ。

1905_hanare_.jpg
昨日はイベントの帰りにAXESQUINの高尾ハナレに寄ってきました。初ハナレ。ちなみに今日26日も開いているみたいです。オープン日はオフィシャルブログで確認できます。
1905_hanare2_.jpg
縁側もあってなかなか感じの良い場所。「蕎麦と雑穀料理 杜々」の隣。
中の畳部屋にAXESQUINの凌商品がびっしり!
1905_hanare4_.jpg
こんなにあるんだってくらい並んでいますよ。
1905_hanare3_.jpg
袴系が人気みたい。

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 12:52| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

今日は暑かった。明日はさらに暑い。

1905_kyou_.jpg
明日イベントがあるのでちょっと体を動かそうとウラヤマへ。暑すぎることは無かったけど、暑さに体を慣らす時期になってきました。今日はクビマキを濡らして行って涼みながら歩いてちょうどよかった。
1905_kyou2_.jpg
ちょっと前に買ったこのチタンボトルが良い感じ。寸胴で20リットルくらいの小さいザックでも横で収まる。水漏れも一切なし。ナルゲンボトルをやめて貼る場所が無くなったステッカーを貼ってい遊んでいます。
1905_kyou3_.jpg
ウラヤマはトゲヤブが多く、蛇やハチも虫も多いのフル装備です。
1905_kyou4_.jpg

posted by morikatu at 17:33| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガンストール(シュマグ)が手放せないくらい便利。

1905_stole_.jpg
中東地方の便利なストール。便利すぎて帰還した米兵が普段から使い始め、アメリカ映画などでもよく見るアイテム。マフラーや帽子になるのはもちろん、綿100だけど早く乾くのでタオルとしても使用できる。110cm×110cmと大きく三角巾のようにも使えます。中東地方で頭部に巻くくらいなので、夏は涼しく冬は暖かいと、良いこと尽くめの布。しかも安い。
1905_stole2_.jpg
ネットで調べるとロスコのが良いらしい。ベージュがロスコ。こちらのグレーは他のブランドで少しクッション性があるタイプ。吸水力はちょっと落ちる。朝夜のちょっと気温が落ちた時に一枚あるととても便利だし、タオルとしても使える。丸めるとちょうどよい大きさになり、電車移動時に腰や首に当てる枕としてよく使っています。使ったら洗えるので便利!
1905_stole3_.jpg


posted by morikatu at 07:46| 東京 ☁| タオル・バンダナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

ランネド発売!特集は「ひとりでアウトドア旅」

1905_randone_.jpg
ランドネが発売されました。付録はタイベック製のサコッシュ。
映画連載も続けています。今回は『足跡はかき消して』
1905_randone4_.jpg
『はじまりへの旅』が好きなら気になる映画だと思います。現代のポートランド近郊の森の中でサバイバル生活をしていた父娘の話。娘は父から勉強も生きるすべも学んでいたが、行政はそれを許さず現代社会に引き戻そうとする。監督はジェニファー・ローレンスの大出世作『ウィンターズ・ボーン』のデブラ・グラニック。テーマも映画の作りも似ているので『ウィンターズ・ボーン』好きにもおすすめです。




posted by morikatu at 19:12| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CASE:ソッドバスタージュニア

1905_sudbuster_.jpg
アメリカ最古のナイフメーカーCASE社のソッドバスタージュニアというナイフ。ソッドバスターは開拓農民という意味で定番の形。CASEだけではなく他のメーカーからも同じ形でソッドバスターが出ています。OPINELがフランスの定番だったら、CASEはアメリカの定番。
1905_sudbuster2_.jpg
ロックなしのスリップジョイント。ちょっと先端が丸すぎて現代的に切る回数の多いビニール(パッケージ)が切りにくい。完全にコレクションになっています。
1905_sudbuster3_.jpg
そんなコレクター向けの古臭いナイフばかりを作っていたCASE社が、アシスト作ったり、Southern Grindやウィンクラーとコラボしたり最近頑張ってる。
↓Blade HQの動画で社長が語っています。



posted by morikatu at 15:05| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AXESQUIN:凌扇子『浮き雲』

1905_sinogisensu_.jpg
低山はもう暑くなってきました。夏の低山で活躍するのが扇子やうちわ。新しく発売されたAXESQUINの凌扇子は和紙を使ったガチの扇子。日本製でちょっとお高いですが和風な低山デザインで粋なアイテムです。
1905_sinogisensu2_.jpg
もともと扇子は使っていて、夏本番、低山好きの熱中症対策あれこれ。でも紹介しています。
販売は高尾ハナレか通販で
↓商品ページ
https://www.axesquin.co.jp/product-category/term_sweat/
posted by morikatu at 08:46| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

アルトイズ缶を使ったエマージェンシーキット【ピンチ缶】

1905_ALTOIDS_.jpg
アルトイズ缶を手に入れたので、普段遣い用のピンチ缶を作ってみました。初めてアルトイズ缶を持ってみましたが、結構軽くピンチ缶に最適!
1905_ALTOIDS2_.jpg
普段用なのでノートの切れ端や薬、イヤーピースなどを入れています。
↓動画はコチラ
posted by morikatu at 11:22| 東京 ☁| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

やっぱりこのグローブが良い。MECHANIXの FASTFIT グローブ

1905_fastfit_.jpg
とっても使いやすかったので新調しました。今回はあえて1サイズ上。
メカニック用のグローブでスマホなどは操れませんが、掴みやすく丈夫です。オリジナルはベルクロがあり少し他のウェアやバッグなどに引っかかるので、この FASTFITが良い感じ。
1905_fastfit2_.jpg
電子機器を操作したり細かい作業をする時や暑い時外したいので1サイズ上にしています。冬は上からオーバーグローブのようにも使える。ブカブカですがもとのグリップが良いので問題なし。ウラヤマはヤブで、蛇・毛虫が多くグローブは必須。

posted by morikatu at 10:00| 東京 ☔| 手袋;グローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

Spyderco Para 3 Lightweight Vs. Benchmade Bugout


パラ3 ライトウェイトが発売され、ネット上はパラ3ライト対バグアウトで盛り上がってる。
ちなみにパラ3 ライトウェイトは91ドルで販売されています。同じスパイダルコのデリカは78ドル。バグアウトは119ドル。同じようなサイズで、軽くて、ディップポケットクリップ。パラ3 ライトウェイトは使いやすさ優先で、バグアウトはスリムで見た目も良い感じ。
買って比較したい‥。
関連記事
Spyderco:Para3 (S30V G10ハンドルモデル)
【53グラム】Benchmade バグアウト
Spydercoの定番『デリカ』と『ネイティブ』
posted by morikatu at 16:25| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Emerson Knives:CQC-7BWF

1905_cqc_.jpg
ナイフの歴史を変えたと思っているのがこのエマーソンのCQC-7。タクティカルナイフブームの立役者。ハンドルはしっかりと大きいがブレードは小さくタントーデザイン。そして裏には刃が付いていないチゼルグラインド
1905_cqc4_.jpg
裏から見たら完全に鉄板。良くキーツールにあるプライバー(こじる道具)として使えるようになっています。刃が欠けても気にならない仕様で、雑用に特化したナイフ。実際に雑に使って2箇所欠けています。
1905_cqc3_.jpg
タクティカルナイフと聞くと戦闘用を思い浮かべますが、実際は雑に使っても壊れないという意味で使うことが多い。Helinoxのタクティカルチェアが人を殴れる椅子って意味じゃないのと同じ。戦闘用だと先端が上向きに尖ってるはずだし。
チタンのライナーロックで叩いたりは向きませんが、ちょっとした雑用は得意なナイフで、ウラヤマ探索の出動回数が一番多かったりします。
posted by morikatu at 08:22| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

大阪Utilityで出張凌

1905_gUtility_.jpg
大阪のUTILITY Outdoor Select ShopとAXESQUINの出張凌に参加してきました。土地勘が無いのでエリアを指定してもらい、国土地理院情報と最近ではGoogle Earthで植生を見てコースを設定して突入します。入り口に選んだ場所は急だけど、なんとなく踏み跡があったので突入!。少し登ると残置ロープが無数に張られていました。やっぱり昔は使われていた感じ。目的の三角点付近は、赤テープが無数に貼られ、わかりにくい場所かと思ったら簡単に見つけることができました。
1905_gUtility2_.jpg
途中「東六甲探検隊」なる印を発見!。調べてみるとかなりのベテラン。
いくつこの印を残しているのか気になるところです。ちなみにに東京エリアでは「東京350」だったかな?行く先々になぞの印を残しているグループがあり。

昨年出張凌に行った四国松山の老舗アウトドアーズ・コンパスが独自の凌ぎを展開していました。
1905_gUtility3_.jpg
リンク先のコメントも老舗らしく、かつてはコレも普通の登山だった。
僕も九州の田舎出身で、小学生でも腰にでっかい登山ナイフをぶら下げて藪山探検が普通の遊びで楽しかった。大人になっても続けているだけだったりします。長くやってるので多少の知恵も付いて、低山は地形図ってよりは植生で判断し歩いています。

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 20:35| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg