2020年07月10日

Kershawの栓抜きナイフ『PUB』


カーショウの栓抜きメインのナイフ『パブ』を紹介。デザイナーはDmitry Sinkevich。キーホルダータイプで外さないとナイフが使えない安全設計です。日本のシェフィールドでも1940円。あくまでもメインは栓抜きとキーホルダー機能。

動画の中で言ってるナイフはコレ!。素敵ナイフですが定価180ドルでショップでも150ドルもする。これ買うならSPYDERCOのマクビー買うなって感じです。
↓サマーセール中。
1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 20:21| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイソーもセリアもアルコールストーブ用の五徳を販売しているらしい。


100均はキャンプブームなのか、ダイソーもセリアもアルコールストーブ用の五徳を販売しているらしい。

NT_w200.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 06:48| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

MYSTERYRANCHの新作RIP RUCK(リップラック)がアメリカで発売された模様です。


EDC用なんですが、ミリタリー風のデザイン。アメリカだと人気がでそうなデザイン。フロントパネルを掴んで引っ張り上げれる構造です。マグネットも入っているので開きっぱなしになることもなさそう。EDC用なのでPCスリーブやボトルポケットもありつつ、モーリーで拡張も可能。

最近JanSportのハチェットをよく使っていますが、この箱型は荷物の出し入れがとても楽です。


sotosotodays.gif   1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 23:54| 東京 ☀| MYSTERY RANCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッドランプ・ハンドライトを試してみる【Black Diamond・PETZL・マイルストーン・NITECORE・Olight】【2020年7月】


家にある比較的に新しいヘッドランプやハンドライトを持って近くの廃道に行ってきました。最近のハンドライトの爆光ぶりが際立ってます。僕の場合はヘッドランプはサブでほぼ荷物を整理する時に使うくらいなので超軽量のライトを使ってます。エマージェンシーキットに入れっぱなしはNITECORE NU25。メインはハンドライトでその時に合わせて選んでます。積極的に使う時は電池が大きいモデル。
登場ライトは
Black Diamond SPOT325
PETZL ティカ200ルーメン
milestone トレイルマスターとMS-G2
NITECORE NU25
OLIGHT シーカー2PRO M2RPRO i5TEOS

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 22:37| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロゴスのウエストバッグ型の空調ファンバッグ『ボディエアコン・クールユニットS』

↓そう来たか!って感じ。これなら空調服のように目立たなくて良い。
2007_rogos_.jpg
https://www.logos.ne.jp/products/info/4904
大きな山に行けなくて、低山を目指す人が増えると思いますが、夏はほんとに苦しいです。年に数回『40度近く、高湿度、無風』の時があり、そんな時は無理しないのが一番です。
↓空調服を使っています。外ではもちろんですが、風呂上がりに着ると涼しいですw


sotosotodays.gif
posted by morikatu at 10:55| 東京 ☁| 暑すぎる寒すぎる時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

雨の日はやっぱりターポリンのドライバッグ『SealLine アーバンドライデイパック』

2007_nsele_.jpg
誰も居ない低山好きなのでバックパックは汚れても気にならないターポリン系が好き。これはアメリカのドライバッグで有名なSealLineのバックパック。アーバンラインで見た目もスッキリしていて、素材感もおしゃれ。
2007_nsele2_.jpg
とても良くできているのはこの開口部。フック部分にゴムが採用され、伸びてフックします。引っ掛ける側も厚手のゴムで片手でサクッと掛けることができる。この手の開口部はよくありますが、だいたい両手が必要になる。上も軽く折るだけなのでロールトップのような面倒さは無し。
2007_nsele3_.jpg
背面はバックパックメーカーではないので、凝った作りではありませんが、必要十分。
2007_nsele4_.jpg
フロントパネルは溶着で耐久性が少し心配。ペツルのタックルバッグを3種類使ってますが最近溶着部分が加水分解気味です。
Made in USAで容量26リットル。
関連記事
一番愛用していたのに底が抜けた『PETZL:ポルタージュ(30リットル)』
2007_nsele6_.jpg

軽量なドライバッグEXPED:ブラックアイス 30
2007_nsele5_.jpg


posted by morikatu at 14:15| 東京 ☁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

SOTOの人気ストーブST-310と合体させる新作アルミテーブル【N-project アルミ縞板 フルカバー遮熱板】


以前紹介したアルミテーブルの脚が折り畳めるようになりました。最初から出ていれば・・・。悪くないです。一体化するだけですが、コンパクトな食事テーブルになるアイテム。
2007_nProjectnew_.jpg
脚の高さは8cmほどなので、なにか脚を探せばST310が無くてもコンパクトなテーブルとしても使えます。動画の中ではチタンカップで脚を作ってみました。

posted by morikatu at 22:39| 東京 ☁| SOTO:新富士バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

10年近く使っているMYSTERYRANCHのマスクケース

2007_Muskcase_.jpg
A&Fが代理店になる前から使っている、元はペンケースのような小物入れ。マスクがぴったりサイズでずっと使っています。まさか花粉症以外で紹介する日が来るなんて。ほぼ同じサイズのEagleCreek パックイットサックXSもありましたがこちらも現在廃盤らしい。サイズ的にはミステリーランチ ゾイドバッグSサイズが近いです。
2007_Muskcase2_.jpg
ゾイドバッグSだとマチがあるのでマスクとフェイスマスクが一緒に入ります。ただし柔らかい素材なので、型紙などを入れないとヨレヨレになってしまいそうな感じです。

↓サマーセール中
1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 21:44| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メスティン専用のハードケースが発売された模様です。トランギア純正

↓小田原sotosotodaysのフェイスブックで発見
2007_meskit_.jpg
説明を見るとノーマルサイズ用だそうです。ロゴ入りでなかなか良いデザイン。フォールドホッパーの大型も出たようです。リンク先に画像あり。

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 11:10| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VARGO:チタニウム ホイッスル

BOZEMANで買ったバーゴのチタンホイッスル
1504VARGOWhistle.jpg
重さはアルミ製でもあまり変わらないので質感で選ぶ小物としてのチタンホイッスル。音はソコソコです。小さいので写真のようにライターに取り付けたり、鍵に取り付けたりが簡単にできます。アルミですと1年もすると傷でボロボロになりますが、チタンはやっぱりそんなことにはならない。
1504VARGOWhistle2.jpg
小さい二重管で取り付けてます。
音がどうなのか不明ですが、Lixadaだと999円という恐ろしい価格。

ナイトコアのも買って吹き比べテストしようと思っています。
posted by morikatu at 07:43| 東京 ☀| FIrst Aid Kit:サバイバル緊急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

スマホや財布やキーホルダーなど普段持ち歩く小道具をアップデート【2020年7月1日】


スマホとアップルウォッチのケースを新調、小道具を少し変更しました。
1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 07:55| 東京 ☔| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

PETZLの新型ヘッドランプ『IKO CORE』樹脂製のバンド?


ゴムバンドではなく、樹脂の成形バンド?で多分ですが装着感の軽いヘッドランプ。バッテリーがコアなので普通のヘッドランプの系譜だと思われます。重さは79グラムで79ユーロ。どうやって持ち運ぶのかが謎。袋みたいのが登場するのでその中に丸めて入れられるのかな?。途中でネックレスのように装着している形態がとても便利そうです。

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 21:30| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初の一本はド定番 Spyderco:Delica4(デリカ 日本製)

2007_delica_.jpg
最初の一本にどれが良いかと聞かれたら、まずはこのデリカを紹介しています。理由は、登山だとメイン用途に考えられる食材カットがやりやすい薄いブレードで、66グラムの軽さ。デリカを使って「もっと丈夫な物(ネイティブ)」「もっと使いやすい物(パラ3)」「もっと美しい物(シャパラル)」と考えを広げられるから。
2007_delica3_.jpg
ブレード鋼材は数種類がありますが、これは定番のVG-10を使ったフルフラットモデル。ブレード長は2.5インチくらい(男性人差し指標準が3インチ)。刃厚は2.5mm。先端が少しだけシープフットと使いやすさ重視の形状。ハンドルは薄いながら、ステンレスのライナーが入っています。手の小さいボクでも「ちょっと薄すぎかなぁ〜」と思うくらいコンパクトです。
2007_delica2_.jpg
ロックはセンターロック(ロックバック)、昔からあるロックシステムで、最近人気のPara3ではとても使いやすい新しいロックが採用されています。もちろんポケットクリップ付き。
このモデルは刃物の町関市で作っている日本製でアフターサービスもしっかりしていて、日本では最初の一本に最適なド定番モデルです。
2007_delica4_.jpg
定番過ぎて似たような大きさとデザインのナイフをこのくらい持っています。
ちなみに米ナイフニュースの2016年ポケットナイフの人気投票で4位
↓動画を撮影しました。



posted by morikatu at 11:21| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg