2019年03月21日

GRIPSのインタビューと春の花見ハイキング

明日から北九州の『GRiPS』イベントへ行ってきます。
↓ちょうど.HYAKKEIで店主インタビューがありました。
お客さんと共に歳をとりながら、山のスキルを磨いていきたい。福岡のアウトドアショップ『GRiPS』時代は身近な低山探索か。
1903_hanates_.jpg
今日は近くの山へ散歩と、帰りにJR藤野駅から徒歩8分くらいの所にあるカタクリの群生地を見に行ってきました。今日の山はTシャツで歩けるくらい暖かった。
花粉ももうピークは過ぎたのかな?。あまりひどくならなかった。
1903_hanates2_.jpg
今日のハイキングEDC。
コールドスチールのAD15が良い感じ。
1903_hanates3_.jpg
posted by morikatu at 21:20| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックパックハンガー:Stream Trailのクリフハンガー

1903_StreamTRAIL_.jpg
バックパックをテーブルに引っ掛ける専用のハンガーを買ってみました。
重さは32グラムと軽く、耐荷重は10kg。
引っ掛けるとこんな感じ
1903_StreamTRAIL3_.jpg
普段使いのバックパックに取り付けています。接合部分に磁石が入っているので普通に付けていると外れることはない。外食の時にあると便利なハンガーです。

posted by morikatu at 15:58| 東京 ☁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

ロック機能の付いたテントペグ:NEMO:Airpin Ultralight Tent Stake


あ!なんで考えつかなかったんだろうってテントペグ。
この場合、テントペグ側でしか長さ調整が出来ないので、その分不便だったりする。
自在を使うとガイラインの途中で調整ができる。
posted by morikatu at 12:46| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロコードでメガネストラップ

以前はマニアックな店しか取り扱いが無かったパラコードやマイクロコードをモチヅキが輸入を始め、手に入りやすくなった。今回はマイクロコードでメガネストラップを作ってみました。
1903_nano_.jpg
作り方は簡単でダブルフィッシャーマンズノットのくるくるを増やしただけ。引っ張ればより締まります。
↓ダブルフィッシャーマンズノットも分解すればただの固結びです。


posted by morikatu at 11:13| 東京 ☁| 登山小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

Cold Steel:スコーピオンロックを搭載した『AD-15』

1903_demko_.jpg
Demko Knivesの同名AD-15(700ドル)をほぼそのまま再現したCold SteelのAD-15。スコーピオンロックという後ろから前に伸びるロックバーを搭載したハードユーズナイフです。手持ちのフォールディングで一番タフなナイフになりました。重さは186グラム。ちょっとしたマルチツールの重さです。
1903_demko2_.jpg
上部のこのバーがスコーピオンロック。オリジナルはチタンですが、これはアルミニウムの削りだし。かなりガツッとロックされますが、慣れると片手でオープン・クローズができるロックシステムです。
1903_demko3_.jpg
ブレード鋼材は安心と信頼のCPM-S35VN。ハンドルはステンのライナーにG10。
ブレードが分厚いので完全作業用です。
↓Demko Knives好きがAD-15同士を比較してハードユーズテスト。
posted by morikatu at 08:31| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

今日はAXESQUINの凌イベントへ

1903_kotohira_.jpg
今日は高尾から奥多摩へ抜ける尾根へ。
ここは数年前に途中にある採石場の拡大で尾根が分断されたルート。
採石場手前から車道に降りるルートが新しく出来ていますが、赤テープだけで案内板などは無く、地図読みが出来ないと露頭に迷うコースです。
もうほとんど使われていないコースですが、赤テープが増えていたり、歩いている痕跡があるだけで楽しくなるコースです。
1903_kotohira2_.jpg
昼は最近買った道具とりんご。ナイフはPara3
posted by morikatu at 18:14| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

クーリー買ったばかりですが、これも気になるGregory Zulu (30, 35 and 40)


GREGORYの新型Zuluの動画がアップされました。
いろいろとOSPREYっぽいですが、とっても良さげ。
個人的に二気室時代のZ40が好きだったので気になる所。
posted by morikatu at 13:43| 東京 ☀| GREGORY:グレゴリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

Akimamaでミステリーランチの新作『クーリー25』を紹介しました。

↓Akimamaでミステリーランチの新作『クーリー25』を紹介しました。
1903_tamotu8_.jpg
かなり柔らかく、25リットルでサクッと行くハイキング向けって感じです。
あまり柔らかかったので、思わず買ってしまったのが真逆の『ツリーハウス』だったりします。
記事の中でも貼り付けていますが、パッキング例を紹介しました。
posted by morikatu at 11:48| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AXESQUIN:タモツ、ウルオス

1903_tamotu_.jpg
AXESQUINの新しくなったボトルポーチ。背面フックがメタルになり、内側には二重のアルミシートでジッパー部分もカバーしていました。表地は厚手で丈夫そうな素材。
1903_tamotu2_.jpg
独特の形状で小さめの瓶ビールやKlean Kanteenや携帯しにくいプラティパスなどをセットできるサイズ。
そして後ろのフックが金属になっています。
1903_tamotu3_.jpg
ただし、柔らかい金属でボクのはすぐに外れてしまうくらい隙間が大きかった。そこで、穴を開けて紐を通したりいろいろと工夫の開始。
結局、柔らかいのでプライヤーで曲げ、引っかかるようにモビロンバンドを5個ほど巻き付けて抵抗を足しました。これでそう簡単には外れないが、取り出ししやすいボトルになりました。
1903_tamotu4_.jpg
もし落としても失くならないようにゴム紐も追加。エンドをスリップノットにしてチェストストラップに簡単に取り付けることができます。

posted by morikatu at 08:00| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

サムライ騎士 180mmとMystery Ranchのベアスプレーホルスター

1903_Bearh_.jpg
買ったは良いが何に使って良いのかよく分からなかったベアスプレーホルスターの良い使い方がやっと見つかる。サムライ騎士 180mmが強引ですが収まりました。強引ですが、フォールディングナイフも一緒に収まります。入り口がかなり細く、取り出しに苦労するタイトさです。
1903_Bearh2_.jpg
後ろはもちろんモーリー対応ストラップ。ストラップがあればどこにでも取り付けられます。行きは中で、山に入ったら外付けなんて使い方ができます。
↓オフィシャル
1903_Bearh3_.jpg

posted by morikatu at 08:54| 東京 ☔| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

【BE-PAL(ビーパル)付録】ステンレスMINI焚き火台を動画で紹介しました。


慣れると簡単ですが、最初は組み立て方に迷いました。
三角形でマグカップなどが載せやすい形状です。
posted by morikatu at 12:43| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

さっそくBE-PAL付録の焚ウッドストーブを使ってきた。

道具を用意して本屋へ、そのまま使ってきました。
1903_syouz2_.jpg
サイズはこのくらい。三角形です。ステンレスの板も程よく薄く、おまけと考えるとよく出来た構造ですが、ぶっつけ本番でやると、どこまで押し込むかなど組み立て方がよく分からなかった。※オフィシャル動画で勉強が必要かも。クッカーはいつものG.I.カップを持っていくとこれが三角形と相性が悪くずっと手で持ってお湯を沸かした。マグカップ形状の方が相性が良さそうです。
1903_syouz_.jpg
おまけだから仕方がありませんが、やっぱり小さい。コーヒー一杯分でもほったらかしはちょっと厳し目です。
↓オフィシャル
https://www.bepal.net/information/60083
posted by morikatu at 14:14| 東京 ☀| キャンプ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

MYSTERYRANCHの25リットルの軽量バックパック『クーリー25』(2019年バージョン)

1903_coulee_.jpg
昨年から買おうと思っていた新型の『クーリー25』。店頭に見に行くとあまりのクニャクニャに「旧モデルは無いですか?」と聞いたほど。残念ながら旧モデルは売り切れで新型を購入しました。最近の道具はみんな軽いので25リットルくらいならフレームも要らないとの判断だと思われる。
1903_coulee2_.jpg
新型ヨークはとにかく柔らかい。古いユーザーだと面食らう感じ。というか喰らいました。
ヨークに入っているいつもの黒い板しかフレームは無い。その分軽く柔らかく、軽量に持つなら快適に歩けました。MYSTERYRANCHというか、最近の軽快に歩くバックパックと考えを変える必要がある。
1903_coulee3_.jpg
素材はロビックナイロン。質感はマットでかなり良い。軽くて強いらしいが、個人的に新素材には抵抗がある。家にある20年ほど前のDANA Designのバックパックは、CORDURAとハイパロン以外は加水分解がひどすぎる。新素材ほどボロボロ。CORDURAは古くても平気だったりする。ロビックナイロンはどうなることやら。
1903_coulee4_.jpg
もちろん3ZIPで素材が薄くなったからなのか、かなり開きやすい。ポケットも一部ロビックになりさらに開けやすい。
外側にはメッシュポケットが4つとウエスト左右にポケット、トップにもポケットが有り、収納力はまずまず。
はじめはクニャクニャで面食らいましたが、軽量な荷物なら快適に歩けるバックパックです。近所のウラヤマ徘徊用なので軽く行けるので結果良かった感じ。フレームが無いので荷物を入れすぎると肩にくるんじゃないかな?
↓動画でも説明しました。


↓オンラインストア。カラー展開がなぜか派手。
1903_coulee5_.jpg
posted by morikatu at 08:54| 東京 🌁| MYSTERY RANCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg