2018年11月15日

ストームクッカーとEVERNEWのチタンストーブ

1811_arumi_.jpg
ストームクッカーとEVERNEWのチタンストーブは、落ちることはなさそうですが結構ギリギリで不安なので、アルミテープを貼ってぐらつかないようにしました。もちろんトランギアのアルコールストーブも収まるサイズ。
1811_arumi2_.jpg
のんびりと調理する時はトランギアの蓋をやっぱり火力調整に使っています。
チタンストーブを使うことでちょっとだけ軽くなって火力が上がった。

EVERNEWのチタンストーブは立ち上がりが早く火力が強い。
posted by morikatu at 08:05| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

MAGLITE:ミニマグライト 2AA

1811_minimag_.jpg
MAGLITEはずっとパーツが同じなので、仲間でパーツ交換したり、壊れたライトから移植したりで現在のメインはこんな配色。LED化はせずに電球のママ使っています。もうすぐ夕暮れハイクシーズンなので故障していないかチェックのために引っ張り出しました。予備でLEDライトを巻き付けています。
 たまに電球を使うと気分が落ち着きます。
posted by morikatu at 07:46| 東京 ☁| ハンドライト・フラッシュライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

SOG社のフォールディングナイフ「Terminus XR」は久しぶりの大当たり?


SOG社の新作「Terminus XR」は同社久しぶりの大当たりナイフじゃないかな、この動画を見る限り、サイズ感、素材、価格と、センタリングがちょっと怪しいくらいしか悪いところが見当たらない。
ブレードは3インチ、ハンドルが長くてブレードが短い使いやすそうな形状で、アクシスロック系の新しいロック。ブレード鋼材も評判が良いCTS-BDZ1、154CM位の刃持ちっぽい。ハンドルはG10にカーボンファイバー。これで70ドルほど。ちょっとこれは候補。

最近見つけた動画を紹介すると、これはリオンマーデザインのJourneyer。スリップジョイントしか無いと思っていたら、ライナーロック方式が新発売???スリップジョイントの時から気になっている形状です。18ドル。

ナイフセンターで人気のZero Tolerance。こないだ日本に来たときに押された0609が人気みたいです。これも全長7.4インチと小型。
一昨年、人気ナイフデザイナーのインタビューがありましたが、やっぱり小さなナイフが人気のようです。
posted by morikatu at 20:51| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末は愛媛県松山市のアウトドアーズ・コンパスの凌イベントへ

1811_konpas_.jpg
週末は松山市内の老舗アウトドアーズ・コンパスにお邪魔してきました。地方の元気な店はデカイです。ワンフロワにキャンプから登攀ギア・ハイキング用品からアウトドアアパレルまで揃っていました。
店舗側から提示されたエリアが地図見るだけでもワクワクするようなエリアで、このエリアを熟知している常連さんも参加してのシノギング。面白くならないわけがない。
1811_konpas2_.jpg
せっかくなので常連も行ったことのない尾根を目指します。上には三角点があるので行けるだろうと保険はかけての出発。早速怪しいマネキンがあったり、もう使わなくなってかなりたったと思われる林道と作業小屋を通過し尾根に取り付く。尾根にも境界線の杭と踏み跡があり、余裕だろう思っていたら、三角点手前から人間よりも成長したシダ類の繁殖が凄く、手こずりました。30分で行ける所を1時間以上かかる。
1811_konpas3_.jpg
三角点がある場所も草で覆われ、みんなで捜索しやっと三角点を発見した時の写真。苦労して探しに行ったので歓声があがりました。
少し尾根を詰めると、鉄塔巡視路があるのを常連さんが知っていたので、帰りは巡視路で下山しました。
やってることは小学生の裏山探検ですが、大人になっても楽しいものです。
地図をみたり、経験値があるので、より複雑な裏山探検(凌)ができます。

↓アウトドアーズ・コンパスのHP。登山イベントが盛りだくさんです。
1811_konpas4_.jpg

↓AXESQUINオフィシャルのレポートはこちら
11月11日 OUTDOOR'S KOMPASの出張シノギングの様子
posted by morikatu at 09:30| 東京 ☔| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

COGHLAN'S✗A&Fのホットサンドクッカー

1811_aandfhoto_.jpg
COGHLAN'S✗A&Fのホットサンドクッカーは邪魔な取っ手が取れます。ただし本体が鋳鉄でかなり重く1.4kgある。重いけど鉄なのでコーティングなど気にせず使うことができる。使い込んでるのは家でお酒のおつまみはほぼこれで作っているから。餃子、ハンバーグ、蒸す感じの料理は得意。蓋を閉めれば油も飛び散らず料理ができる。
1811_aandfhoto2_.jpg
今回はストームクッカーSサイズに乗るかチェックしに行ってきました。結構いい感じで乗りました。
1811_aandfhoto3_.jpg
のんびり料理には良いセット。
1811_aandfhoto4_.jpg
今回はエバニューのチタンアルコールストーブをセット。一応四箇所にテープを貼ってぐらつかないようにしました。火力調整はトランギアの蓋を使用しています。
↓オンラインストアでは売り切れですが、A&Fの店頭では販売していました。
https://www.aandfstore.com/store/commodity/0/11210284

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 09:55| 東京 ☀| 鍋・クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

BE-PALはナイフ特集。あと焚き火と肉

1811_bipal_.jpg
本日発売のBE-PALはナイフ特集!
フォールディングナイフを紹介しています。
歴史とか興味ないので不正確かもしれませんが、大体合ってると思います。
↓参考動画 アメリカのナイフコレクターの代表的なナイフ5本紹介。

60年代にBUCKが開くとロックのかかる110を発売。
80年代にアイデア工具メーカーのSpydercoがポケットクリップとワンハンドオープンできるようする。(日本は80年代で止まってる)
90年代に様々なロックやオープンの機構が開発される。動画ではクリスリーブを紹介。
2000年代にタクティカルナイフブーム。(ナイフの工具化だと思ってる)
タクティカルチェアやコットで人を殴らないように、タクティカルは戦地で便利なって意味。
2010年代は、コンピューター制御で工作精度が飛躍している時代です。

posted by morikatu at 13:49| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【トランギア】アルコールストーブ3種類の炎【EVERNEW】【VARGO】


トランギア・エバニュー・ヴァーゴの3つのアルコールストーブの炎の感じを撮影してみました。
エバニューは最初から最後まで強い。
トランギアはプレヒートに少しだけ時間がかかり、長く燃え続ける。
ヴァーゴは…。消える時もダラダラだったのでこれが特性かも

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 05:48| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

チタン製のピルケース(アマゾンで気になっていた製品)

1811_TITANpill_.jpg
アマゾンでずっと気になっていたチタン製のピルケースを購入してみました。
やっぱりちょっとデカかった。今まで使っていたExotac:MATCHCAP(マッチケース)と比べると
1811_TITANpill2_.jpg
やっぱり大きいですが、非常薬がそのまま入るのでこれで良いかなぁ〜
MATCHCAPは薬を再梱包しないと入らなかった。内径はちょうど500円玉が収まるサイズです。
1811_TITANpill3_.jpg
現在は常備薬・マッチ6本・お札1枚を入れています。
1811_TITANpill4_.jpg
ライター外して、ホイッスルも中に入る。考えようによってはコンパクトなるかも
チタンビーズ類も安いので2つほど注文中。

posted by morikatu at 08:43| 東京 ☁| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

アルコール燃料入れ。ナルゲンの専用品

ハンモックブームの関係でのんびりと行くことも増え、出番が多いのがストームクッカー。ほぼ弱火でのんびりと料理ができます。
アルコール燃料入れを再度考えてみます。手持ちはこの2つ。
1811_AlcoholBottle_.jpg
左の青いのはハイカーズデポで買った記憶のあるアルコール入れ。右はナルゲンが昔出していたアルコール燃料入れ。
1811_AlcoholBottle2_.jpg
ナルゲンは入れる時に漏れるのでほとんど使わず、日帰りならブルーの方を使っています。
メインはボトルで良いのですが、こないだストームクッカーを持って行ったらアルコールを忘れていたことがあったので、忘れた時のためにストームクッカーの中に予備を入れたい。
やっぱりパウチ系かな
1811_AlcoholBottle3_.jpg
ジュースのパウチでも十分なようですが、こんなリンデンの専用品もあり。ちょっと気になる。
現在は、使わないくなった密閉式マッチケースにコーヒー一杯分のアルコールを入れて忍び込ませています。
ネットを探すと安くなったチタン製のスキットルを使ってる人もいました。こちらも気になる。

posted by morikatu at 14:25| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

EVERNEWのチタンアルコールストーブとtrangiaのストームクッカー

1811_Alcoholstaub_.jpg
やたらと評判の良いEVERNEWのチタンアルコールストーブを火力テストしても面白いかもと思い今頃買ってみました。trangiaに比べると噂通り火が大きくなるのがだいぶ早い。ストームクッカーにはまるとの事だったのでさっそく取り付けてみました。
1811_Alcoholstaub2_.jpg
落ちはしませんが結構ギリギリだったので、この後アルミテープを貼ってしっかりと固定できるようにしました。
アルコールストーブを使う時はのんびりと弱火料理が多いのでtrangiaの火力調整蓋を移植。もうちょっと試してみます。
本体だけの重さを比べるとEVERNEWは43グラム。トランギアは66グラム。

posted by morikatu at 17:47| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

熱いコーヒーを入れるなら「GSI:コミュータージャバプレス」

1310gsikomyuni1.jpg
寒くなってくるとドリップ式だと飲む前に冷めてしまうので、これからはフレンチプレス。
某コーヒーショップが別注しようとしたらしいくらいの完成度の高いアウトドア用フレンチプレス。
1310gsikomyuni2.jpg
フタ付きのマグになっているのでそのまま飲めます。
家で挽いた豆を入れていき、山ではお湯を注ぐだけ、使ったあとはそのままサイドポケットに入れて持って帰っています。

↓買えます。
https://www.aandfstore.com/store/commodity/0/11872016
posted by morikatu at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

OGAWANDのエクストラボトルホルダー

1811_BottleHolder_.jpg
OGAWANDのエクストラボトルホルダー、ギアループで販売していました。
メッシュタイプとX-PACタイプがあるとのこと。
1811_BottleHolder2_.jpg
後ろのプラバックルでストラップのあるところならどこにでも取り付けることができます。
↓オフィシャでは見つけられず。
http://ogawand.com/products/OGAWAND_products.html

1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 07:28| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

ギアループで買ったblue ice ドラゴンフライ 18L(旧モデル)

1810_BlueIce_.jpg
近所の散歩用に購入しました。ナップサック感覚で気軽に荷物を詰めて持っていけるのが良い。今まではGREGORY:Miwok22MYSTERY RANCHのストリートファイターを使ってました。
1810_BlueIce2_.jpg
意外と便利なのがフロントのグラブハンドルでベンチに下ろしても、持ち上げる時にここを持つだけで良い!っと書こうと思ったら、現行モデルでは無くなってました。背中には座布団に使える、薄いクローズドセルのパットが入っています。新品で買っても税込みで7千円。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーアイス ドラゴンフライ18L【☆】
価格:7344円(税込、送料別) (2018/11/2時点)

楽天で購入

posted by morikatu at 08:25| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg