2018年06月29日

ウラヤマ探索:むかし道を見つけに行く

1806_mukasimiti_.jpg
明治の地図には載っていたむかし道を探しに行って来ました。集落跡からのルートは竹藪に阻まれたので、今度は鉄塔巡視路から行けないかと思って行ってみる。
1806_mukasimiti1_.jpg
これがビンゴで林業関係者も使っているらしく、登山道よりもきれいじゃないかと思われるくらい整備されていました。しかも鉄塔を抜け、沢まで通っていた。ただし、むかし道より若干上流側。
1806_mukasimiti2_.jpg
ちょうど東西に流れる所に出て明るいきれいな沢!
ココからは石の上をひたすら渡ってむかし道を探しに行くと
1806_mukasimiti3_.jpg
穴の開けられた石垣を発見!穴は何かを祀っていたのかな?
反対側には炭焼き窯跡もありました。
1806_mukasimiti4_.jpg
残念ながらこれ以上の成果はなし。次はもうちょっと下流と対岸を探索してみます。
posted by morikatu at 19:11| 東京 ☀| 高尾山と藤野駅周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森海谷シリーズの『森』天然成分の日焼け止め兼虫よけクリーム

1806_moriumi_.jpg
もうすぐ発売予定の森海谷シリーズの『森』は天然成分の日焼け止め兼虫よけクリームとの事。
日焼け止めと虫よけが一緒にできて便利そう!。めんどくさがり屋なのでいつもやらずに後悔しています。
↓濃縮化粧水『谷』の情報は三重のmodrateさんにありました。
https://shop.moderateweb.com/?pid=132757083
posted by morikatu at 08:28| 東京 ☀| 登山小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ORTLIEB(オルトリーブ) のギアパック

1806_GIApack_.jpg
気になっていたORTLIEB(オルトリーブ) のギアパックを展示会で見てきました。PVCの丈夫なバッグですがデザインも良い。開口部はロールトップ式。
1806_GIApack2_.jpg
スリットとトグルを使ってカスタマイズができるようです。メッシュポケットが付属。
背面もなかなかしっかりとしています。
1806_GIApack1_.jpg
購入も考えていますが、気になる所がやっぱり黒のCORDURA部分。関東の細かい泥(ローム)が詰まり易いんですよね。泥の多い低山での使用が多いので、もうちょっと悩んでみます。
ラインナップ紹介はこちら→ORTLIEB(オルトリーブ)
今のメインはPETZL:ポルタージュ(30リットル)
1302portage1.jpg

洞窟探検用で背面も底もすべてPVC仕様のタックルバッグ。どろどろで汗まみれになっても沢に漬ければきれいになる。ただし黄色が派手すぎ、重さは全部肩。
posted by morikatu at 06:46| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

藤野探索:山梨県側に足を伸ばし、三角点と鶴島金剛山をハント。

1806_turusima_.jpg
今日はしっかりと探索グッズを持って、暑さに慣れようとしっかりと歩いてきました。
まずは家から車道を歩いて山梨県へ
1806_turusima1_.jpg
写真手前が神奈川県、向こうが山梨県です。
最初に調査しようとした場所は霊園でしたのであきらめ、地形図を見るとその先に敷地の広いお寺マークが合ったので、覗きに行くとこれがきれいなところでした。
1806_turusima2_.jpg
かなり立派なお寺で、境内も見事に手入れされ、枯山水もあり。
裏手には神社があり、ここには立派なイチョウと朴の木がありました。
その裏手には三角点があるようなのでハントへ
1806_turusima3_.jpg
草に埋もれてましたが、畑と畑の間にありました。白いのが三角点。
次に、前回見つけた草に埋もれたハイキングコースへ行くことに。到着すると今回は草刈りがされてました。
1806_turusima4_.jpg
少し奥に神社があり、地形図に載っていない神社なので使われてないのかと思いきや、手入れされてました。登山ルートは神社の奥から伸びています。ルート自体は殆ど使われていない感じで、最後は直登!残置ロープあり。
1806_turusima5_.jpg
山頂は、標高の割には高度感のある鶴島金剛山です。すぐとなりに神奈川県側の金剛山もあり!
けっこう歩いてクタクタです。

NT_w200.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 16:36| 東京 ☀| 高尾山と藤野駅周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAAGO WORKS:270グラムの焚き火台『NINJA ファイアスタンド』

1806_Fires_.jpg
左が収納状態で“巻き物”。右が展開した状態です。
足が上に出ているのでゴトク兼用になっています。着火時は火口を立てたほうが良いのでその時にも使えそう。
1806_Fires1_.jpg
予備の足が一本付属し、しかも火吹き棒兼用です。
ちなみにこの形状は、以前このブログで紹介しました。
火吹きホースを改良「チタン製ストローとシリコンチューブ」
俺が先!
↓詳細はPAAGO WORKSのオフィシャルでどうぞ
1806_Fires2_.jpg
posted by morikatu at 08:55| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

バイオライトの火がどこからでも見えて煙の出ない焚き火台「FirePit(ファイアピット)」


昨日Montbellの展示会に行き実物を見てきた「FirePit(ファイアピット)」の紹介動画(日本語解説付き)。特徴は、細かいパンチングメッシュで覆い、どこからでも火のゆらゆらが見えること。
横にいつものユニットが付いていますが、発電は無し。ファンとバッテリーだけで、着火と燃焼の補助。ファンはスマホから操作ができるようです。熱発電はできませんが、専用ケース?にソーラーパネルが付いてました。
↓見た目にしては安い \29,000 +税
Montbellオフィシャル:ファイアピット

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 08:58| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

小さく折りたためる防水グランドシートが便利!『Cocoonのタイフーンブランケット』

シートつながりで今年購入した『Cocoonのタイフーンブランケット』が便利です。
1806_icocoon_.jpg
このサイズに折り畳める防水シート。軽さやコンパクトさに引っ張られてない、しっかりとしたシート部分がかなり良い。
僕の苦手な折りたたみも、慣れると意外と適当でも収納できることがわかります。(ただしもうちょっと入れやすいように改良があっても良い)四隅におもりを入れる場所があったりと気が利いてます。
↓広げている写真はA&Fオフィシャルブログにあります。
https://blog.aandf.co.jp/blog/?p=18714
posted by morikatu at 06:10| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

Olightの新商品『 I1R EOS 』を購入!

1806_ione_.jpg
とても評判の良いOlightの新商品『 I1R EOS 』を購入してみました。写真の中央。
ただのキーライトじゃなくて、マイクロUSBポートがあり直接充電することができます。しかも明るさは最高130ルーメンで20分。ローモードは5ルーメンで7時間。程よく小さく、いろいろなキーホルダーに収まりの良いライトでした。
一番手前はワルサーNL10は15ルーメンで20分。使用電池はLR41ボタン電池4個。仕上げもきれいでとても小さいライト。電池は入れにくい。
奥はNITECOREのチューブで45ルーメンで1時間。こちらもマイクロUSBポートがあり直接充電可能。平べったくてボタンでオンオフできるのでやっぱり使いやすいライト。

posted by morikatu at 16:42| 東京 ☀| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SOL:エマージェンシーシェルターキット

Grabber(グラバー)のオールウェザーブランケットがシェルターとして有名ですが、ある程度知識が必要。SOLから必要なものがワンパッケージになったセットが販売されています。
1806_solema_.jpg
先端を下げるのは、焚き火した時に熱を反射させるためだったはず。
これをもっと効率よくしたのがEmberlitのThe Pocket Super Shelter
↓オールウェザーブランケットとヒモがあればシェルターが作れます。
1806_sinogiame2_.jpg

posted by morikatu at 08:51| 東京 ☀| FIrst Aid Kit:サバイバル緊急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

植生界を探索ハイクと雨を凌ぐ

昨日はAXESQUINイベントでとある尾根のもみの木を探しながら歩いてきました。
ちょうど昼に予報通りの雨。
1806_sinogiame_.jpg
茂みの中ですが、タープで快適な秘密基地を作ってお昼ご飯。
1806_sinogiame2_.jpg
僕はトラディショナルにオールウェザーブランケットで雨を凌ぎました。
内側をシルバーをすると熱が反射して温かいです。
帰りは雨でどろどろになった急斜面で転びながらの下山でした。

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 12:13| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

MINDBIKE(マインドバイク)がマクアケで先行販売

1806_MINDBIKE_.jpg
Off_the_gridでMINDBIKEも展示してありました。自転車なのに溶接が無いのかな?ボルトで組み立てることができ、一部のパーツを変えることにより、キックバイク、子供自転車から大人自転車まで自分で組み上げることのできるコンセプト自転車。
1806_MINDBIKE2_.jpg
アルミ押出材フレームで美しいです。チェーンの方向とフレームの方向が同じで力が逃げないのも特徴。
デザイナーはMONORALの角南さん。
↓マクアケで先行販売が開始されました。
1806_MINDBIKE3_.jpg

monoral_bnnr_EFBD88.png   NT_w200.gif
posted by morikatu at 08:49| 東京 ☀| 自転車:KHS F20RC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

映画『ベスト・キッド』の続編がユーチューブオリジナルで公開中! ラルフ・マッチオが続投!

たまたまギター映画『クロスロード』を見ていて、主役のラルフ・マッチオ君が今どうなったかを調べてみると偶然発見!。
なんとダニエル・ラルッソ役で30年後の世界を描いたドラマシリーズに出ていました。

しかも公開したばかりで、これはなにかの縁。
ドラマシリーズのタイトルも『Cobra Kai』ってのもベスト・キッド世代にはたまらん!
これでラルフ・マッチオ君も復活しないかな!
posted by morikatu at 19:45| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Paperwalletのタイベックスコインケース「Coin Pouch」

1806_coinpen_.jpg
最初に考えたのがこのVICTORINOXとスペースペンを入れる組み合わせ。
ただし使用頻度が低いため、考えたのが常備薬入れ
1806_coinpen2_.jpg
軽いですしコンパクトでなかなか良い。コレで決定です。
1806_ametuduki3_.jpg
本来は超小型の財布
1806_paperwallet2_.jpg

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 06:16| 東京 ☁| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

知らなかった。日本のタケヤ化学工業の水筒。


日本のタケヤ化学工業の水筒です。HPを見るとアウトドアデイにも参加していたみたい。全く気づかなかった。動画はステンレスボトルでハンドルが付いていたりと至れり尽くせり。デザインも悪くない。
海外のレビューで見たガラスにシリコンカバーを被せたボトルで存在を知りました。

posted by morikatu at 06:45| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

今日は極厚鉄板Soloモデルの撮影へ

1806_gokute_.jpg
今日は近くのキャンプ場に極厚鉄板Soloモデルの撮影に行って来ました。
やっぱりキャンプ場で撮影すると明るいなぁ〜
実は2回動画撮影していますが没にしています。
1806_gokute2_.jpg
喋りが拙い&料理が不味そうなんですよw
今回も喋りが拙いですが…
1806_gokute3_.jpg
ちなみに『GANZO G727M』の動画で使っているのも極厚鉄板Soloモデルです。

↓ビーパルとM.M.ファクトリーの共同開発っぽいです。縁が上がってるのでソーセージが転がり落ちません。ステンレスなのでゴシゴシ洗えます。
1804_bepalpan_.jpg
動画編集しなきゃ。
posted by morikatu at 20:30| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1,300円の電子メモ帳【TODOや買い物メモ】

砂鉄で文字を書く磁気ボードの進化版?
圧力を掛けると色が変わるボードにスタイラスペンで文字を書き込むことができる。
1806_dpeper_.jpg
文字を消す時はボタンを押すとキレイに全部消えます。
一部だけ消すって事はできないので、ほんとに簡単なメモ帳用途で、iPhoneを使うまでもない買い物メモやパッキングリストなどを書くのにドンピシャ。大きなタイプもありますが4.5インチを買ってよかった。片手なのでスーパーにも持って歩けます。
便利すぎてもう一枚買って、買い物リストとTODOリストに分けようかと思っています。
一応ペンが付いてますがただの樹脂製の細い棒。もうちょっと使いやすいペンも欲しい。





posted by morikatu at 18:45| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AkimamaでEVERNEW ウルトラライトフライパン16を紹介しました。

↓AkimamaでEVERNEW ウルトラライトフライパン16を紹介しました。
軽量で深型、湯沸かしにも使える絶妙な形状がハイカーの料理の幅を広げる? EVERNEW ウルトラライトフライパン16
1806_sakin_.jpg

極薄なのでアルミだけどチタンのような熱伝導。
posted by morikatu at 08:45| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

甲府SUNDAY☓AXESQUINの出張『凌』

1806_sinogisun_.jpg
甲府SUNDAY☓AXESQUINの出張『凌』に行って来ました。
道中、誰一人とも合わない素敵なコースでした。
前半は道が不明瞭な草むらを突破すると立派な祠があり、後半は甲府市内が見渡せる場所ありのコースでした。
入り口がボロボロなのでほとんど人が入らないみたいです。
1806_sinogisun2_.jpg
帰りはお店によってきました。

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 13:49| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

【Maxpedition】ペットボトルからナルゲンまで変形する水筒ケース【XBP Expandable Bottle Pouch】

1806_ebp_.jpg
ネットで見つけて気になっていたマックスペディションの新しいボトルホルダーを取り寄せてみました。思ったとおりの出来栄えです。フロントにジッパーがあり写真のようにペットボトルサイズのスリムなボトルホルダーから1リットルナルゲンボトルやG.I.水筒が収まる大きさまで拡張します。
1806_ebp3_.jpg
拡張した後の姿も格好良い。
背面には新しいタイストラップも付属し、それがまた使いやすい!
コレなら取り付け取り外しが楽に行えそうです。
1806_ebp2_.jpg
ちょっと狭いですが、裏にはジッパー式の小物入れもあり
1806_ebp1_.jpg
ライターやエナジーバーなどのちょっとしたエマージェンシーグッズを収めることができます。あまり入れすぎるとボトルが入れづらくなる。
↓早速動画を撮影してきました。


posted by morikatu at 13:14| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫を寄せ付けないFoxfireのスコーロン

1806_sukoron1_.jpg
今、探索している所が相模川近くの低山で、笹や竹林が多くて虫が異常に多い。いくら低山は虫が多いと言っても、動いている時にめんどくさいのは、目にまとわりつく「メマトイ」くらいだけど、今の場所は、毛虫が数匹体に付いてたり、マダニに刺されたり、止まった途端、蚊から刺される。そういえば「使ってみて!」と渡されたスコーロンがあったことを思い出して使ってます。渡されたのはちょっと前で食わず嫌いして眠らせてました。
1806_sukoron3_.jpg
服から防虫成分が出てバリアを張ってるわけではなく、肌が露出している所は刺されます。そりゃそうだろうと思って使っていませんでしたが、使ってみるとまとわりつく虫も減った気がする。毛虫などが体に付くことも防ぐのかな?毛虫シーズンに使えばよかったと後悔。
一番良かったのが、このアルティメットフーディがとても涼しい事。
1806_sukoron2_.jpg
休憩時に一枚上から羽織る使い方をしています。
虫のいる暑い季節でも、暑くなく涼しく使える薄々のスウェット素材のフーディー。

↓相当力を入れているようで、インプレッションが多数にあり。製品の特性上どのインプレッションもかなりマニアックな使い方です。僕も今探索している所が虫だらけだったから引っ張り出し、なるほどなぁ〜と思った感じです。
1806_sukoron4_.jpg
防虫ウェアは昔からありますが、素材の涼しさが、虫のいる時期は暑苦しい日本の山に合ってると思います。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 09:12| 東京 🌁| 衣類(ウェアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする