2019年04月30日

MYSTERY RANCH:フォーリッジャーポケットSサイズ

1904_MRforiger_.jpg
フォーリッジャーポケットの多分Sサイズ。iPhoneXがちょうど横で入る大きさで、ツリーハウスのサイドに取り付けるとちょうどよいサイズ。中身は移動中のスマホや財布など貴重品を入れています。リムーバブルベルトポケットも持っていますが、小さすぎて何も入らなかった。

ミステリーランチ フォーリッジャーポケットSサイズ
posted by morikatu at 16:52| 東京 ☔| MYSTERY RANCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

ウラヤマの踏み跡調査ハイキング。ウラヤマは新緑がキレイです。

1904_sagamiura_.jpg
今日は最近よく行くエリアの踏み跡調査ハイキングへ。山の中腹にもうあまり使われていない畑があるため、ルートが無数にあるエリア。4つ新しい踏み跡を降りては登り返しを繰り返してました。写真の奥は奥多摩の生籐山。手前が相模湖側の山。生籐山(標高990m)はまだ枯れてるのに相模湖側は新緑がとてもキレイでした。
1904_sagamiura2_.jpg
色々とギアテスト。これはVASQUEのBREEZE LT LOW GTX。なんかすっごいロープロファイルな靴でした。トレランシューズっぽいローカット登山靴。ゼロドロップ?でグリップは良く効く。
1904_sagamiura3_.jpg
以前購入したオガワンドのポーチを暑くなってきたので使ってみました。あまり荷物を入れないほうが使いやすいのかな?スマホと地図のコピーとペンだけ入れて歩きました。

1708_mountainproduct_.jpg  NT_w200.gif 
posted by morikatu at 15:46| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

GREAT COSSY MOUNTAINのワッペンとノート

デイパックのPOP HIKER One Day Distance プラスが欲しいが、最近ザックを買ったばかりなので見送り中。Off_the_gridで購入したのがこの鹿ワッペン。
1904_wappen_.jpg
なかなか良くできたワッペンです。
どこにでも取り付けられるようにナイトアイズのHIPCLIPを装着。
1904_wappen2_.jpg
このHIPCLIPは便利なのにどこにも売ってないアイテム。
↓もともとはスマホに直接取り付けるアイテム。
https://www.niteize.com/product/HipClip.asp
ボクはVICTORINOXに取り付けたりしています。
1904_wappen3_.jpg
あとコクヨのノートも購入。なにげに初測量野帳。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 09:35| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

SOTOの新作ライター『COMPACT(コンパクト)』は36グラムのターボライター


SOTOの2019新作ターボライター『COMPACT(コンパクト)』を動画で紹介しました。
スライドガストーチやポケトーチ、Bicライターなどとサイズや火の大きさを比べたりしています。
重さは36グラムで火の大きさ調節も簡単にできます。
↓オフィシャルの商品サイト
http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-485/

1111sotoban.jpg  sotosotodays.gif
posted by morikatu at 12:20| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柔らかい腐葉土質の地面に良く刺さる『MSRのプラペグ』

1904_prape4_.jpg
ハンモック泊や立ち木を利用してタープを張る時の地面は、落ち葉の積もった腐葉土質の場合が多い。山岳テント用の小さなペグを使うと効かないし、ガイラインが外れたら落ち葉に埋もれて見つけにくくなる。そんな時は大きくて軽いプラペグが一番良い。写真上が今まで使っていた安いプラペグ、下がボーズマンで見つけたMSRのプラペグ。
1904_prapeg2_.jpg
上の部分にMSRのロゴが入り、先端にアルミの補強が入って200円でした。
ガイラインをしっかりと取り付けるフックのような物は無く、多少のロープワークなどの工夫が必要。
1904_prapeg3_.jpg
ペグは斜めに打つことが多いですが、プラペグは垂直に差し込んだほうが保持力が上がります。
いつも頭だけ出した状態まで地面に刺し、ガイラインを結びつける。そして全体が地面に埋まるまで踏み込んでいます。
凌や裏山徘徊の時はプラペグを2本だけ持っていっています。
posted by morikatu at 07:47| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

手持ちのZero Toleranceのフォールディングナイフを紹介。


貝印USAが展開するZero Tolerance(ゼロトレランス)のナイフを動画で紹介しました。手持ちは12本。
ハードユーズ仕様から、最近はカーボンやチタンをメインにしたゴージャスなナイフまで幅広く手がけています。
↓オフィシャルサイト
https://zt.kaiusaltd.com

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 17:35| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水筒を落とさないようにするワイヤーコイル。

暑くなったきたので、魔法瓶から水筒に変更。
水筒は落とさないように現場仕事で工具の落下を防ぐワイヤーコイルを付けています。
1904_WIRECOIL_.jpg
ステンレスワイヤータイプはちょっと重いですが、水が入って重い水筒を付けるのには安心感があります。
あまりやらないですが、水筒側を二重カンに変えて取り付ける位置で長さを調整できるようにしています。長いと地面に着いてしまう。短いと飲みにくい。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 08:12| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

やっと買えたSOTO:マイクロトーチ COMPACT

1904_sotoakutibi_.jpg
週末にsotosotodaysに行って店内を物色していると、なかなか見つからなかったSOTO:マイクロトーチ COMPACTを発見したので購入しました。ACTIVEも黒以外は在庫ありました。せっかく小さく軽くなったので、より軽いCOMPACTを選びました。
1904_sotoakutibi2_.jpg
小さくての火の勢いはスライドガストーチ並というか大きいかも?(調整も可能)。火が長いのでストレートでも普通に着火させる分にはなんの問題もない。火の出るところには火傷防止の蓋が付いています。片手で操作可能。
ちょっと残念なところはオレンジの発色がもうちょっと鮮やかだったら良かったのに…。

1111sotoban.jpg  sotosotodays.gif
posted by morikatu at 09:03| 東京 ☀| SOTO:新富士バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

OLIGHT:S1R BATON II (1000ルーメンとマグネット充電式)

1904_Batontwo_.jpg
一番左は前世代のMINI BATON、中央は二世代前くらいのBATON、右が今回のBATON。昨年の10月くらいから発売されていたフラッシュライト。
若干大きくなっていますがマグネット充電式になったため。あまり小さいとポケットへの収まりが悪く、今回のはポケットクリップも大きくなったのでしっかりとポケットの中に収まります。これまたOlightの新作I3T EOSがわざと大きいようにちょうどよいサイズ感。
1904_Batontwo2_.jpg
付属のマグネット充電器はOlight:H2R NOVAと同じで共有できます。
1904_Batontwo3_.jpg
レンズ部分はいつもの青い縁取りで、よく見るとルーメン数などデータが書かれています。このデータが書かれているのが良くて、ライトを複数持っているとどれがどのくらいの明るさなのか覚えられない。※ノートアプリにメモ書きしてます。
1904_Batontwo4_.jpg
意外とポイントが高かったのがこのチェッカリング。ちょうどよい深さと尖り具合。こういうセンスの良さOlight。
データ的には
LOW12ルーメンで20時間
MID60ルーメンで3時間40分
HIGH600から300ルーメンで45分から1.5時間。
長押しでムーンライトで8日
ダブルクリックで1000ルーメンで1.5秒から
内蔵電池はIMR16340 550mAh
長押しでロック機能あり。


posted by morikatu at 13:15| 東京 ☀| ハンドライト・フラッシュライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

今日は家から高尾山口まで歩く。

1904_iekara_.jpg
今日は高尾で買い物があり、せっかくなので家からイタドリ沢ノ頭・明王峠・景信山経由で高尾山口まで歩いてみました。登山じゃなくて買い物なのに18キロも歩いてしまった。イタドリ沢ノ頭のベンチがパワーアップ中だった。周りの道もかなりわかりやすくなっています。
1904_iekara2_.jpg
山と高原地図ではこの先が破線表示で低山好きには良い森なんだけどほとんど人が歩いていないエリアです。ちょうど丸太を担いで両刃鋸を手に持って上がってこられた方が居たので話しかけてみると、作っている最中とのこと。どうなるかが楽しみ。
1904_iekara3_.jpg
矢ノ音山から、今日は以前から気になっていた近道案内板を行ってみました。
与瀬神社側は結構草に覆われていますが、高尾陣馬縦走路側は草は少なめ。出たところで、やっぱり気になっていたおじさんが居て、ちょっと話した後に挑戦しに行っていました。
高尾陣馬縦走路は天気の良い週末でかなり人が多かった。あとランナーがかなり増えている。
昔と違うのが奥まで人が入っていること。昔は午後になると、誰も居なくなっていた記憶あり。
1904_iekara4_.jpg
天気も花もきれいなハイキングでした。
帰りに100均で明日のイベント用の材料を購入して帰ってきました。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 18:35| 東京 ☀| 高尾山と藤野駅周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完全にデリカキラー。Para3 Lightweight Breakdown(社長自ら説明)


社長自ら、サイズを測ったり、分解したり組み立てたりと社長のナイフガイぶりを発揮。
ナイフガイから圧倒的な人気を集めるパラミリタリー2の3インチバージョンがPara3。
Para3に昔から圧倒的人気のデリカの軽量さとコンパクトを合わせたのがこのPara3 Lightweight。
軽量・3インチブレード・コンプレッションロック・ディープワイヤークリップ。フルフラットグラインド。ちょこっとナイフとしては文句の付けようがない。日本でいくら位で発売されるのかが楽しみ。
posted by morikatu at 17:47| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

日曜日はsotosotodaysへ行きます。

↓日曜日はsotosotodaysへ行きます。
1904_otama5_.jpg
メタルマッチやロープワークなど行う予定。燻製はsotosotodaysのスタッフがやりますので安心してください。

sotosotodays.gif   1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 18:36| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は暑かった。完全に春です。

1904_otama_.jpg
いつもの散歩コースへ行くが、登山口に着くまでに汗だく。長袖Tシャツが失敗だった。歩いていると登山道を横断中のシマヘビに遭遇、近づくとかなり怒っていた。春です。
1904_otama2_.jpg
歩いているとメマトイが目の周りに集まり、ベンチの下には蟻地獄が罠を仕掛けていました。
出口の水場にはオタマジャクシが一杯。春です。
1904_otama3_.jpg
明日も晴天で今日と同じ気温。来週には25度の予報も出てます。
暑さ対策は忘れずに!
1904_otama4_.jpg
今日のEDC。
posted by morikatu at 14:25| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AXESQUIN:クビマキ

1904_kubimaki_.jpg
暑い地域でシュマーグ(アフガンストール)を巻くように、首に天然繊維の物があると何かと重宝する。これは山ストールメーカーのPRIRET製のとても良い首巻き。コットン51%、シルク29%、麻20%と軽くしなやかな素材。冬は温かく鼻水を吸い取り、夏は涼しく汗も吸い取ってくれます。
↓オフィシャルサイト
bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 08:48| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

COLD STEELの超ハードユーズナイフAD15(デムコ デザイン)


スコーピオンロックを搭載したDemko KnivesのAD15のCOLD STEEL版を動画で説明しました。ガッツリとしたロックですが、片手で安全に操作できることが特徴のロックシステム。Demko Knivesらしいかなりハードユーズフォールディングナイフです。

1708_mountainproduct_.jpg  1602_neutraloutdoor3_.jpg
posted by morikatu at 10:39| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケース付きのフライングディスク(フリスビー):Foldee (フォールディー)

岡山のアウトドアイベントでこんなフライングディスク(フリスビー)を見つけました。
1904_bee_.jpg
小さなケースが付属しています。タコやバトミントンなど公園遊び道具の欠点がどれも持ち運びに不便なこと。これは小さなケースにコンパクトにしまえます。
1904_bee2_.jpg
飛びはいかにもソフトフライングディスクでした。

posted by morikatu at 08:33| 東京 ☀| フリスビー:frisbee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

and wander✗サロモンのシューズ

1904_andwander_.jpg
動画でちらっと紹介したand wander✗サロモンのコラボシューズ。秋くらいの発売だったような記憶です。ベロの部分にand wanderのロゴ。メッシュのアッパー部分が光を反射する素材で、夜にライトを当てるとかなり光るシューズらしい。
↓Off_the_grid会場の所で紹介しています。


1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 07:02| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

EXOTAC:nanoSPARK(着火剤がセットできるストライカー)

1904_nanosss_.jpg
三重のmoderateで購入したのがこのギアギアしたものを得意とするEXOTACのnanoSPARK。上部はライターのフリントストライカーで、下の防水カプセルに1つだけ着火剤を忍ばせることができます。
1904_nanosss2_.jpg
ガスやアルコールだったらフリントだけで着火でき、もし焚き火になった時は、1つだけ忍ばせた着火剤で火が起こせるシステム。あ!着火剤忘れた!って時にも安心です。
アルミの削りだしのEXOTACらしいデザインで、着火剤が4つ付属します。アメリカだと普通に売っている着火剤ですが、日本ではちょっと割高。まぁ使いませんが、もし無くなってもコットンを使えば似たような物は作れます。

ココまで作るのなら予備の石が収納する部分もあれば良かったのに、無いのが残念。ボクは予備の石を1つ着火剤の中にねじ込みました。
1904_sinogimode5_.jpg
moderateでは取っ手に巻きつけるシリコンチューブも購入。

posted by morikatu at 12:24| 東京 ☀| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の夏にはやっぱり扇子。AXESQUIN:凌ぎ扇子が販売開始!

1904_sensu_.jpg
夏の低山で活躍するのが扇子やうちわ。新しく発売されたAXESQUIN:凌扇子は和紙を使ったガチの扇子。日本製でちょっとお高いですが和風な低山デザインで粋なアイテムです。高尾ハナレでも販売するとの事。
↓商品ページ
https://www.axesquin.co.jp/product-category/term_sweat/
posted by morikatu at 07:29| 東京 ☀| 登山小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

三重moderateの凌イベントへ

1904_sinogimode_.jpg
昨年も完璧なイベントでしたが、今回もナイスなコース設定。これは四日市凌部ができそうな予感。地形図とコンパスと植生を見ながら、自分たちの進む道を考える山旅。あぁだこぅだ言いながら考え判断するのが楽しいことを再確認。
1904_sinogimode2_.jpg
参加者で助け合いながら進みます。
頼りになるのがやっぱり送電線。
1904_sinogimode3_.jpg
帰りに店舗にも寄らせてもらいました。
1904_sinogimode4_.jpg
1Fが駐車場でその上が店舗。行くとびっくりするくらい広いです。
また小道具を購入してきました。

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 14:58| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg