2019年06月30日

シリコン製でコンパクトに畳めるアウトドアお鍋『SEA TO SUMMIT X-ポット2.8L』


キャンプで鍋をする時に便利な小さくたためるお鍋。2.8リットルと山用としては大鍋ですが、とてもコンパクトに持ち運ぶことができます。カレーなどはニオイ移りが厳しそうですが、寄せ鍋やちゃんこなど10回以上鍋を作りましたが、なんの問題もなく使えています。シリコン臭さなども無し。

posted by morikatu at 09:15| 東京 ☔| 鍋・クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

CRKT Drifter(G10バージョン)

1906_dorifu_.jpg
CRKTの古いが人気があり、未だに売られているDrifterのG10バージョン。ステンレスバージョンを手放してG10にしてみました。こちらがステンレスバージョン。
1906_dorifu2_.jpg
違うのはハンドル素材が握りやすいG10になり、ライナーロックになっています。ブレードにもチタンカラーのコーティング。
1906_dorifu3_.jpg
握りやすくて良くなっていますが、やはり厚みが増したのと、ライナーが薄いので無理な使い方は厳禁。ポケットクリップはティップダウンだけなのも残念、古いから仕方がない。最近はティップアップが主流です。
1906_dorifu4_.jpg
Benchmadeのミニグリップテリアンのサイズで、安いのに工作精度も動作も軽い良いナイフです。たぶんGearBestで1700円ほどで売られているSanrenmu 707と全く同じ物。手放したのに買い直したほどなんとなく好きなナイフ。
1906_dorifu5_.jpg
左からBenchmadeのミニプレシディオ・CRKTのDrifter・Spydercoのレディバグ。


posted by morikatu at 14:33| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

Black Diamondのアプローチシューズとクライミングシューズ


Outdoor Retailer Summerの動画投稿で発見。
↓Gear Patrolの14の小道具紹介もなかなか。
posted by morikatu at 10:18| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

ロールアップガジェットポーチでバックインバック【Amazonで999円】


Amazonで見つけたロールアップガジェットポーチを、バッグインバッグに使ってみました。形状がいろいろな形に変化するので、なかなか使いやすい。海外でサバイバルセットを作っている人がいて、アマゾンで検索するとほぼ同じものがヒット。様々なメーカーからほぼ同じものが発売されているようです。

posted by morikatu at 21:45| 東京 ☀| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガンストール(シュマグ)を濡らして首に巻いて進む。

昨日は山梨県のマイナールートへ。詳細地図に載っているコースでド平日なのにハイカー二人とすれ違う。話すと先月は登りで使い、今回は降りで使ってみたとのことでした。赤テープが多く分かりやすいのですが、マイナールートにありがちのまっすぐ登る急登が3箇所もあった。残置トラロープあり。
1906_stolesawa_.jpg
登りで汗だくになったので帰りは沢筋ルートへ。沢でアフガンストールを濡らし、首に巻いて進むととても快適でした。大判なのでひんやりが長続きし、場所を変えるとまだひんやり。
1905_stole3_.jpg
中東地方の便利なストール。便利すぎて帰還した米兵が普段から使い始め、アメリカ映画などでもよく見るアイテム。マフラーや帽子になるのはもちろん、綿100だけど早く乾くのでタオルとしても使用できる。110cm×110cmと大きく三角巾のようにも使えます。中東地方で頭部に巻くくらいなので、夏は涼しく冬は暖かいと、良いこと尽くめの布。しかも安いです。


posted by morikatu at 10:32| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A&Fのサマーセールがスタートしていました。

↓A&Fのサマーセールがスタートしていました。
https://www.aandfstore.com/store/category/outlet/
あいかわらずゴージャスなセール。MYSTERY RANCHも多いし、アウトドアリサーチもいつもの通り多い。クレッターワークスも無くなる前に一つくらい欲しい。

関連記事
ORの定番ソフトシェル『フェロッシージャケット』2019年モデル
MYSTERYRANCHの25リットルの軽量バックパック『クーリー25』(2019年バージョン)
Mystery Ranch:ベアスプレーホルスターとサムライ騎士とネックナイフ
posted by morikatu at 07:48| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

工事で水平を出す水糸を購入。100mで65円

1906_mizukito_.jpg
ホームセンターで、工具を探している時に目に止まったのが工事で水平を出す水糸。カラフルで目立つ色が多く、ちょっと細いがテントやタープを設営する時の補助ロープとしては使えそうだし、100mで65円の安さに惹かれてしまった。形状も様々で携帯しやすいように小さなドラムに巻かれたモデルなどもあった。今回は実験で安くて太いタイプを購入。
1906_mizukito2_.jpg
素材はポリエチレン。トラロープの細いバージョン。固くゴワつき伸びなそうな素材。ナイフで適当に切ってもあまりほつれず、使いやすそうな感じ。簡単な引き解け結びくらいはできました。
1906_mizukito3_.jpg
今はダンボールなどを束ねる白い梱包ヒモを使っていますが、ちょっとかさばるのと3回も使うとボロボロになるのが難点でした。ぼろぼろになってもダンボールは捨てれるので、山で使った後も使えるのが良かったりします。
posted by morikatu at 08:54| 東京 ☀| 登山小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

Blade HQ調べ、アメリカ州ごとの人気ナイフ。

アメリカは州ごとに法律が違うのと土地柄で人気ナイフが違ってくるのが面白い。
ナイフ販売大手のBlade HQの売上データから、人気ナイフや人気ハンドル、人気鋼材までを出しています。
1906_BLADEHQs_.jpg
オートの販売が許可されている州ではオートが人気。わざわざBlade HQでナイフを注文する人だからか?。なにげにボーカーが3本も入ってるが、Spydercoは0。フィックスは1本だけであとはフォールディングナイフ。
鋼材部門ではAUS8が一番。僕もAUS8でなんの問題もない。なんなら8CR13Movでも問題ない。
1906_BLADEHQs2_.jpg
時代はD2だからあと数年でAUS8もどうなることやら。
ハンドル材はアルミとG10が人気のようです。
やっぱりBenchmadeのバグアウトが人気。
posted by morikatu at 21:53| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンベルのマイクロタオル フェイスはスマホやタブレットなどを拭くのに大きくて使いやすい。

1906_montowel_.jpg
モンベルのマイクロタオルの性能はどんなもんかと購入してみましたが、やっぱりこの手の薄いタオルは拭いた気がしない。汗ふきタオルとしてはイマイチで、試しにスマホを拭いてみるとかなりキレイになったので、カメラなどを含めた電子機器を拭くためのタオルにしています。タブレットなどもピカピカになる。
1906_montowel2_.jpg
今まで使っていた灰色のメガネ拭きクロスは、小さすぎて使いたい時に行方不明になることが多かった。このマイクロタオルは大きく、色も分かりやすいので失くならず重宝しています。移動時はカメラやレンズを包んだりもできるし、撮影したい物を拭いたりもできる大きさです。ホコリが付いての傷が怖いですが、メガネやカメラのレンズもたまに拭きます。
↓オフィシャルページ
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124612
posted by morikatu at 08:35| 東京 ☁| Montbell:モンベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

ジャラジャラしないチタン製キーホルダー『KEYBAR(キーバー)』

1906_keybar2_.jpg
キーオーガナイザーと呼ばれるチタンやカーボンなどを使った『KEYBAR(キーバー)』。キースマートやオービットキーなど洗練された製品が多い中キーバーは泥臭い工具っぽいデザインで気に入っています。ただ難点はカスタムパーツがなかなか手に入らないこと。画像で見て一か八かの輸入になってしまいます。
↓動画で紹介しました。


posted by morikatu at 08:07| 東京 ☁| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

DANGOの財布:M1 MAVERICK BIFOLD WALLET


DANGOの新作財布M1 MAVERICK BIFOLD WALLETを動画で紹介しました。
カードサイズのDAPPER WALLETはお札を四つ折りにする必要がありましたが、MAVERICKは幅が広く、ギリ二つ折りで挟めます。Amazonで見つけたマネークリップを取り付け使いやすくしています。と言ってもあくまでもカード決済中心のミニマリストウォレット。

posted by morikatu at 20:33| 東京 ☁| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨を凌イベントへ。北高尾は土砂降りでした。

1906_sinogikita_.jpg
AXESQUINの雨を凌ぐイベントへ行ってきました。予想を遥かに超える土砂降り。
まずは珍しい竹藪へ。今日はスタートとゴールが竹と畑。順調に地図読みしながら進み、昼休憩ができそうな場所を見つけてタープを張ったところでまさかの土砂降り!。雨雲レーダーを見るとピンポイントで真っ赤なエリアにハマる。
1906_sinogikita2_.jpg
あっという間にタープに雨が貯まるので、棒で中央を上げてます。
土砂降りでもタープがあれば、快適に休憩できると思いきや、ブヨの襲来で5箇所ほど噛まれる。
1906_sinogikita3_.jpg
久しぶりに使ったルートに来ると、ヒノキが伐採されていて眺めが良くなっていました。
地味に良いルートなのでまた来よう。このルートは三角点や城山跡などあり、途中に出入り口がいくつかありますが、尾根の末端があやふやな不思議な尾根です。普通入り口とは思わないような場所から入って出ます。
posted by morikatu at 18:04| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

【ゼブラ】デルガードをSMART-JACKETでアルミボディにカスタム。

1906_delgard_.jpg
文具も好きで、使わないのであまり気にしていなかった0.5mmシャーペンをデルガードに新調し、文具のカスタムパーツを販売しているUNUS PRODUCT SERVICEのSMART-JACKETでアルミボディ化してみました。僕の大好きな太軸ペンで、しかもクリップ部分以外はかなり好み。
↓詳細は動画で説明しました。


posted by morikatu at 18:47| 東京 ☁| 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEATHERMANのビットキットは超コンパクトで便利!


工具としてドライバーセットを持っているので買ってこなかったLEATHERMANのビットキットがとても便利!場所を取らずに日常の大体のねじ回しに対応します。今までは工具ボックスを開けて、ドライバーセットを取り出して、さらに取り出す。これが机の上で場所を取らずに行える。これとスケルツールがあれば、かなりの作業が行なえます。


posted by morikatu at 10:39| 東京 ☔| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無人野菜販売所でコインカ

1906_coinc34a_.jpg
いつもスマホで買い物を済ませるので小銭の持ち合わせがない無人野菜販売所。今回はやっと梅干しが買えました。
↓ちょっとした散歩やランニングの時にカードサイズは便利です。Akimamaで紹介中。
ランニングや散歩に! キャッシュレス時代のカードサイズのコインケース『コインカ』
posted by morikatu at 06:00| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

mont-bell:クラッシャーランタンシェード Lサイズ

1906_Krush_.jpg
フラッシュラントを新調したのでクラッシャーランタンシェード Lサイズを購入してみました。上に反射板が入り、一応それなりに考えられたランタンシェードです。ゴミ袋でも良いのですがやっぱり見た目が良くない。上にヒモがあり吊り下げられたら便利そうなので今度縫い付けてみます。重さは8グラム。
動画はこちら
posted by morikatu at 09:14| 東京 ☁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

名前が気になるナイフ『サミットナイフのハーフドーム』

突然現れたSummit KnifeのHalf Domeが気になる。
1906_SUMMIT_.jpg
まだ作っている商品はこのナイフだけ。スペックが面白くて、ブレードは今一番熱いM390鋼材。マルカイタハンドルにワイヤーポケットクリップ。全長6インチで僕の好きなスモールサイズ。リバースタントーでハンドルの後ろが絞られた変わった形状。製造はイタリアのフォックスなので品質も良い。

似たようなSpydercoのテクノを持っているので買いませんが、気になる。
posted by morikatu at 23:08| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外限定のゼブラ 油性ボールペン F-701

1906_f701zebb_.jpg
海外では超有名なゼブラのボールペンですが、日本では未発売。日本の文房具は丸みを帯びファンシー感がありますが、アメリカは完全に工具。こんなステンレスの塊のようなボールペンが人気です。滑り止めのローレットがヤスリのよう。ノック音が結構好みで、ねちっこいが金属の硬さを感じる音。0.7とありますがかなり細く、なくなったら他のインクを載せ替えようと思います。アマゾンレビューを見ると PowerTank SJP-10 が使えるとの事。文具のアマゾンレビューはリフィル情報がわかるので便利。

中国のWEからバンブーデザインのチタンボールペンが登場。アクセサリーペンで小さく短い。デザインも良くちょっと気になる。リフィル情報が無いのが困る。
文房具も好きで色々とチェックしています。最近またシャーペンを使う機会が増えてきたので物色中。クルトガやオレンズなどのハイテクシャープペンが気になりはじめた。先端のデザインで同じゼブラのデルガードかな。

posted by morikatu at 09:58| 東京 ☀| 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

デザインはラブレス・製作はMOKI・プロデュースがA&F:アクションフィールドナイフ【廃版】

1906_ActionField_.jpg
とうの昔に廃盤ですが、撮影してきたので紹介します。ブレード鋼材がATS-34。フルフラットの3インチ。ユーティリティ形状でちょっとした作業に丁度良い。その他は日本人がナイフに求めるイメージまんまで、ネイルマークオープンのロックバッグでポケットクリップ無し。いつも今風のナイフなのでたまに使うと昔に戻ったような気持ちになる。
1906_ActionField2_.jpg
ちなみに米ナイフニュース調べだとネイルマークオープンナイフは全く人気なし→Preferred Opening Mechanism。ロックバック方式のナイフを好ましく思っている人はフレームロックの半分くらい→Top 10 Folding Knife Locks
1906_ActionField3_.jpg
ロックバックだと、内側がふさがって掃除が難しいのが難点。あとやっぱりピボットがガタつきやすい。これも横の遊びがちょっと気になる。
↓A&Fカントリーのナイフコーナー
1906_ActionField4_.jpg
posted by morikatu at 20:57| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランニングや散歩に! キャッシュレス時代のカードサイズのコインケース『コインカ』

登山をやっていると、トイレや売店、自動販売機や無人野菜販売所、温泉施設の代金など小銭が必要になることが多々ある。普段は交通系ICカードで済ませていると「あ!小銭が無い」って事もしばしば起こる。そんな時にこんなカードサイズで厚みはほぼコイン1枚分の『コインカ』はどうでしょう?
ランニングや散歩に! キャッシュレス時代のカードサイズのコインケース『コインカ』
1906_coinca_.jpg

↑Akimamaで紹介しました。
カードの収納にたけているミニマリストウォレットと相性も良い。

posted by morikatu at 16:26| 東京 ☀| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg