2019年09月30日

トレランパック寄りのバックパック『パーゴワークス バディ33』


今回はトレランパック寄りのバックパック『パーゴワークス バディ33』を動画で説明しました。
冒頭にはフィッティングも紹介。
重心が上にあり、やっぱりトレラン系、スピードハイキングなバックパックです。
↓オフィシャルサイト
https://www.paagoworks.com/paagoproduct/buddy/

BOY MEETS GEARの第二弾も上がってます。今度はヤカン編。パート3まであるみたい。そんなに喋ったかなぁ〜

PAAGObaner.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 15:45| 東京 ☀| PAAGO WORKS パーゴワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MSRポットリフター3種類

1909_FEATHER5_.jpg
左はMSRノーマルサイズ・MSRライトリフターMSRのトレイルミニの付属
当然大きいと掴みやすいが邪魔。小さいと持ち上げる専用です。トレイルミニ付属はやはり小さすぎた。持ち上げるだけならGSI ミニマリストのシリコングリッパーはコンパクトで良く出来てるし。
で、来年2月にSOTO サーモライト付属の小さなリフターが単体販売されるようです。使ったこと無いので気になる所。普通のリフターの小型版。

1111sotoban.jpg   sotosotodays.gif
posted by morikatu at 09:17| 東京 ☀| 鍋・クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

どんなナイフでもフェザースティック作り。メタルマッチで着火まで

良く「もしもの時」とか言ってる人が居ますが、無人島に流れ着いて、または遭難して自分専用のナイフだけ持ってることなんて「無い無い」。ぼくの「もしもの時」は、山好きだからと言って、突然火起こしを頼まれることが多々ある。そんな時にありあわせの道具で火をおこす方法です。

こうしないといけないなんてルールは野外には無いので、両手で持ってカンナみたいに削ってます。これが一番確実。使っているナイフは前回紹介した『FIREBIRD F759』
1909_FEATHER_.jpg
自分はこのリバースグリップが多い。
1909_FEATHER2_.jpg
体からナイフが離れないので安全。薄く削るようなコントロール重視の削り方も、ペグを作るようなパワーカットも得意。
普段はティップが丈夫なフォールディングを使っているので、ライターがあればティップで砕くだけです。


posted by morikatu at 11:47| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

隙間に入れられるアルコール燃料容器『リンデンパウチ』

最近アルコールストーブが多いのは4リットルで買ったのとこの容器が使いやすいから

隙間に燃料を入れられるので便利です。
カップの中に風防もストーブも燃料も入れられる。


posted by morikatu at 20:41| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ORの定番ソフトシェル『フェロッシージャケット』2019年モデル

1906_ORfero_.jpg
2019年からスッキリとしたシルエットに戻ったので追加購入しました。フェロッシーはコレで3枚目。ペラペラで通気性とストレッチ性に優れた、ソフトシェルらしいジャケットです。
1906_ORfero2_.jpg
とにかくよく伸びる。真夏以外はちょっと羽織るのにちょうどよい薄さ。ただ欠点が素材的に毛羽立ちやすく、数年使っているとザックと擦れた箇所だけ毛羽立って、街では使えなくなる事。気になる人は気になる感じの毛羽立ち方。安いので仕方ない。
1906_ORfero3_.jpg
袖口にはサムホールが付いています。このせいで袖が長く、袖口がちょっとゆるい。今まで使っているフェロッシーはこれが嫌で自分で手首に合わせて縫っています。
動画でも、世界初のソフトシェル『cloudveil Serendipity Jacket』と合わせて紹介しました。
posted by morikatu at 08:48| 東京 ☀| OR:OUTDOOR RESEARCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

Amazonで2千円。定番スパイダルコデリカのそっくりナイフ『FIREBIRD F759』


定番スパイダルコデリカのそっくりナイフ『FIREBIRD F759』を動画で紹介しました。
1909_f759_.jpg
ブレード鋼材は440C。重さは68グラム。全体的にデリカそっくりですが
1909_f7593_.jpg
微妙に使いやすく変えてきているのがGANZOらしい。
ブレードの厚みも同じで、食材カットや細引きカットなど軽い雑用が得意なナイフ
1909_f7594_.jpg
いろいろな人と話してますが、ナイフに出せるお金は普通3千円まで、出して5千円。登山だと100グラム超えると持って行きたくなくなるのでちょうどよい感じです。100g超えのLEATHERMANとかどうしても置いていきます。
価格の違いは使う素材の違い。デリカは2倍ほど刃持ちするVG-10を使用。F759は440Cを使用しています。

posted by morikatu at 09:08| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AXESQUIN:ウールの巻きスカート「ノヤマ」

お盆をすぎると低山でも秋に近づき、朝晩は寒くなる。ハンモックやチェアリングでもちょっとした厚手の敷物が必要になってくる。
1709_aqnoyama_.jpg
メルトン(ウール90% ナイロン10%)を使った巻きスカート。
フロントにポケットが2つ付き、一つは小型ナイフ用だって!
焚き火やのんびりハイクに最適な巻きスカートです。
1709_aqnoyama2_.jpg
腰に巻くとタイトで和風なシルエット。
メルトンでずっしりと重めです。
サイズはMとLの2サイズ
1709_aqnoyama3_.jpg
ボクの場合は敷物とし使うことが多いと思う。ウールの敷物は子供の頃よく見ていた西部劇の主人公になったような気分。
↓詳細や取扱店舗はこちら
https://www.axesquin.co.jp/product/1487/
関連記事
PENDLETON:ムチャチョブランケット

bnr_top_001.jpg   1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 08:39| 東京 ☔| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

登山地図を使いやすくする。防水処理して強度も上げる。


登山地図は折り目がしっかりと付いているのでそのままだと使いにくい。いつもコンビニで3枚コピーして使ってます。一枚家に置いていると、どこに行ったか分かるし。
天気が悪い時やカラーコピーした時は、梱包用テープで防水処理しています。
1909_yamadougu5_.jpg
テープを張って余白ごとカット。

bnr_top_001.jpg   PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 15:24| 東京 ☀| コンパス・地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

ストームクッカーとホットサンドメーカーの組み合わせ


最新のランドネでも紹介したストームクッカーとホットサンドメーカーの組み合わせを動画で紹介しました。
1909_yamadougu_.jpg
山ごはん特集で、料理やクッカーなどが紹介されています。
自分の道具はこんな感じ。
1909_yamadougu2_.jpg
このセットのポイントは肉を焼いても油が飛び散らない所。
山だとクッカーと自分の距離が近く、肉を焼くとウェアやテーブルが油まみれになってしまう。ホットサンドメーカーだと蓋ができるし、コフランのは鋳物なのでカリッと焼けます。おつまみ作りにちょうどよくて家でも使っています。
現在コフラン ホットサンドクッカーは売り切れ中。

posted by morikatu at 10:29| 東京 ☁| 鍋・クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

レザーマンのスクォートPS4 Vs ガーバーのダイム【小さなマルチツール対決】


プライヤー付き小さなマルチツールの2強の『レザーマンのスクォートPS4 』と『ガーバーのダイム』を対決方式で紹介しました。全体的な仕上げは圧倒的にLEATHERMANですが、意外とガーバーは使いやすいです。
1909_GERBERdime_.jpg
メインのプライヤーはこんな感じ。
ハサミはどっこいどっこい
1909_GERBERdime2_.jpg
ナイフは圧倒的にLEATHERMANです。

posted by morikatu at 18:12| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェアリングにどハマリ中!

1909_thcido_.jpg
チェアリングにドハマリしてます。特にこの場所。家から遠回りして徒歩20分くらい。まず人が来ないし、コンクリートの場所もあるので、ちょっとした運動しながら、湖を見て、映画を見て、仕事も少し。
今日は雨かと思っていたので、朝からUFC見て、晴れていたので行ってきました。ヤブにも入らないのでルナサンダルが履けるのも嬉しい。
1909_thcido2_.jpg
最近はシンプルに椅子と水筒とノートパソコン。
ベンチよりも小さな椅子のほうが落ち着きます。

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 14:51| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

モーラナイフ新作『コンパニオンスパーク』


新発売された『コンパニオンスパーク』を動画で紹介しました。
付属のメタルマッチはライトマイファイヤー製っぽいです。スウェーデンのセリウムを使っているから、とても使いやすいメタルマッチ。
1909_gosen5_.jpg
ティッシュペーパーとプロキャンプテックの着火剤に着火テストも。

posted by morikatu at 13:21| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

日本企画LEAPFROGのメリノウール100%のTシャツ

フリスビーで知り合ったラガーマンが企画しているメリノウール100%のTシャツメーカー。
1906_LEAPFROG_.jpg
ラガーマンが作っているためか、日本製だけどUSサイズっぽくてかなり大きめ。洗ってますが縮みなどなし。街で遊びながらそのまま公園でフリスビーして遊んだり、ハイキングしてそのまま買い物などにサクッと行けるようなウェアです。
1906_LEAPFROG2_.jpg
ラガーマンが作っているためか、襟周りはバインダータイピング補強され、伸びにくくなっています。高いメリノウールシャツがよれよれになるのを防ぐ。よく見ると胸ポケットも補強入り?。
1906_LEAPFROG3_.jpg
後ろ丈が長く腰が出にくいシルエット。もともと街用アパレルなので、ロゴマークの付き方は好みの分かれる所。Tシャツより、今はなきibexみたいにもっとアパレルよりの商品が出てくると面白い。

マクアケでクラウドファウンディングしてました。長袖ポケットありTシャツでも1万円です。
半袖はメリノウール100%で8千円。
posted by morikatu at 09:20| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この夏に良く使った山道具5選


この夏に良く使った山道具5選を動画で紹介しました。
まずはドリテックの温度計。

山で気になる温度を正確に知ることができる。夏は大活躍だし、寒くなったら今度は寒さが気になるのであると便利なハズ。
つづいて空調服。

近くの山のベンチに座って仕事する時はもちろん、家の中で使うとクーラー要らず。さすがに真夏日は厳しいですが、風呂上がりや寝る時など大活躍。
つぎはMILLETのドライナミックメッシュ。
1909_gosen_.jpg
シャツが汗でへばりつかないので便利! お腹も冷えない。
山はもちろん、暑い日の街歩きでも着てました。とても快適。
そして虫除け。
1909_gosen2_.jpg
相模湖の周辺は異常に虫が多い。今年は特にひどかった。蚊の種類が違うのか刺されると痛い。
天然成分系は全く効かずに、このディート30%で防御。全く別物と言うくらいに蚊がよってこないし、継続時間が長い。
ただし、コレを塗っても塗りムラが有ると歩いていても刺してくるほど、今年の蚊は凶暴でした。
最後はYETIの水筒

とても重いが丈夫さと、取っ手の持ちやすさで一番良く使った水筒。あと洗いやすいです。
取っ手が持ちやすいので、片手で持ちながら歩いて、ちょっとずつ水分補給できます。寒くなるとそこまで水分補給は必要ないので他の軽いボトルかな。

posted by morikatu at 08:57| 東京 ☁| 低山小道具研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

patagonia:フーディニ(ウィンドシャツ)

1909_fudihio_.jpg
長年使っていた名前が変わる前のDRAGONFLYをトゲヤブで破いてしまって、BOZEMANで新調しました。ちょっと出かける時の防寒着としてちょうどよいジャケットです。
1909_fudihio4_.jpg
薄いけども、耐風性があり程よく温かい。ということは少し蒸れ、行動中よりも休憩時によく着てます。
DRAGONFLYは手首が一周ゴムでしたが、これは1/3ほどがゴムでした。軽量化かな?
1909_fudihio3_.jpg
チェストポケットに全体を入れるとこんな感じ
1909_fudihio2_.jpg
右はAXESQUINのクナドです。クナドは背中が無いのでほんとに小さい。完全に廃盤では無いらしい。
AXESQUIN ハゴロモとの比較動画を撮影してきたので、明日にでも編集しアップします。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 22:11| 東京 ☁| Patagonia:パタゴニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Benchmade:575 Mini Presidio II

1909_puresidhio_.jpg
ベンチメイドを買っておけば問題ないのはわかっているが最近コレ!というのが無い。アメリカ製で若干割高!最近だとバグアウトを買ったくらい。これはPresidioの進化版のミニ。最初はグリップテリアンと同じメル・パルドゥデザインでしたが、2になってサインが外れてます。
1909_puresidhio2_.jpg
ミニと言っても全長は7.48インチ。ブレードの長さは3.2インチ。ブレード鋼材はS30V。ロック方式はアクシスロック。ハンドルはステンライナーにアルミハンドル。ブラッククラスでネジからすべて真っ黒です。ボクはハーフセレーションのブラックコーティングを選んでいるのでほんとに真っ黒。
スェッジが大きく入ったドロップポイントでブレードはかなり軽め、ハンドルが重めで雑用に使いやすいナイフです。ヤブヤブの裏山に行くときはだいたいコレか、同じハーフセレーションのエマーソンのCQC-7が多い。セレーションが入っていると山での雑用がやりやすい。


日本だとどうしても刃物として捉えられがちですが、海外だと刃がついたバール感覚。先端がボロボロの人が多いです。


posted by morikatu at 08:19| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

マイルストーンの新型『MS-G2』チップオンボードLED採用で400ルーメン


マイルストーンの新型『MS-G2』を動画で紹介しました。
LED証明などで使われているチップオンボードを採用し非常にフラット。蛍光灯のような明かりです。キャンプだったらとても使いやすい灯だと思います。
1909_msgtwo_.jpg
四角いプレートが光源でチップオンボードと呼ぶらしい。
1909_msgtwo2_.jpg
赤LEDもあり、バッテリー残量は電源ボタンの色でわかります。緑→黄→赤。
下にマイクロUSBポートがあり、USB充電式。
重さはベルト込みで45グラムでした。
↓オフィシャルサイト
http://milestone81.com/5964
明るくコンパクトなヘッドランプを続々と発表しています。

posted by morikatu at 08:53| 東京 ☁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒸れないべたつかないウインドシャツ『はごろも』

1909_hagoromo_.jpg
一般的なウインドシャツ素材に比べ、25倍通気性の良いと言われるPERTEX QUANTUM AIRを使用したウインドシャツ。暑いか寒いかよく分からない今の時期に、一枚持っていると安心のシャツ。重さは約90グラム。
1909_hagoromo2_.jpg
ハーフジップでプルオーバー。袖が長く手甲ループがあります。
ペラペラのウインドシャツでもけっこう蒸れますが、ハゴロモはそんな事が少ないです。風が程よく通る感じです。

10年位前まで「雨具で十分、ウインドシャツはただの荷物」って言われて敬遠されてましたが、トレランの影響か最近は完全に浸透。記憶だと最初にペラペラウインドシャツを見たのがpatagoniaのドラゴンフライ。中のTシャツの柄がはっきり分かるくらいスケスケでした。その後登録商標問題で、今のフーディニに名前が変わりました。

posted by morikatu at 06:29| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

YETIボトルのストローキャップ

1909_yeticapt_.jpg
もう夏もおわりですが、このストローキャップが最高でした。問題点は分解して洗えない。
1909_yeticapt2_.jpg
手前を押すと飲み口が上がります。一応連結部分からの水漏れなどはしない構造。とっても飲みやすい。キャップ式だと液垂れやカフェキャップだと飲み口に残る問題がありますが、これだとほぼ無い。
1909_yeticapt4_.jpg
あと持ち手が標準キャップと同じくらいでかい!
この持ち手が使いやすすぎて、重いのに一番良く使っている水筒です。
1909_yeticapt3_.jpg
内部のストローは2本付属し、自分でカットして使う仕組み。
冷たい飲み物には使えますが、温かい飲み物はやっぱりカフェキャップ。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 13:58| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

クラシカルなデイパック『ジャンスポーツ ハチェット』


ジャンスポーツのクラシックなデイパックを動画で紹介しました。
1909_hatchet_.jpg
開口部が大きく開き荷物の出し入れが簡単なデイパック。ジッパーが片手で開くほど動きがスムーズ。使いやすいように周囲にはポケットはたくさん付いています。ノートパソコンスリーブあり。
1909_hatchet2_.jpg
タブレットスリーブには、傷防止の起毛素材が張られています。
↓JANSPORT×Akimamaの記事はこちら
https://www.a-kimama.com/outdoor/2019/09/97476/
↓ハチェットの公式サイト
1909_hatchet5_.jpg

Amazonでは200以上のレビューで星4.5
posted by morikatu at 08:34| 東京 ☔| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg