2020年02月28日

『凌ピッケル』MIZO☓AXESQUIN【低山探索用】


探索行ったついでに紹介動画を作ってみました。平たいピックが低山に最適です。
登山や沢登り用ピッケルやハンマーで有名なミゾーとアクシーズクインのコラボモデル。低山探索用の変わったピッケルです。
2002_pikkell7_.jpg
ミゾー http://www.mizo.co.jp/
アクシーズクイン https://www.axesquin.co.jp/products/
posted by morikatu at 17:02| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チタン製のカラビナクリップ【二千円】


Amazonで見つけたクリップとカラビナが一つになったEDCアイテムを紹介。キーバックのセキュアキーと同じ使い方ができます。ゲート部分はチタンの粘りで開く仕組み。クリップ部分はたぶんステンレス製です。

posted by morikatu at 07:32| 東京 ☀| チタン製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

オピネルにポケットクリップを付けるThe "Clipinel" clip

キックスターター物で、オピネルにぱちんと取り付けることのできるクリップ
2002_pikkell5_.jpg
デザイン的にもオピネルに合っていてなかなか良い感じです。
少し前にはVICTORINOXにポケットクリップを付ける商品も発売されました。名前は『SwissQlip』で、ランヤードホールを使って取り付ける。

ちなみに僕は中型のVICTORINOXにはナイトアイズ:ヒップクリップを貼り付けています。
1705_BeltClip_.jpg

NT_w200.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 20:23| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

patagoniaがウッドストーブを発売。春か夏

ギアジャンキーの記事
2002_patagoniawoodstove_.jpg
あのpatagoniaがウッドストーブを開発した模様です。底面には熱効率を高めるフィンが付いているっぽいです。できるだけゴミを出さないようにすると最終形態はウッドストーブ。
↓慣れると簡単な道具で簡単に火が起こせます。


1111sotoban.jpg   1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 10:11| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

OLFAのアウトドアキリダシは明日から販売。COLD STEELの新作キリダシも気になる。

2001_olfa2_.jpg
OLFAのアウトドアラインは明日から全国のアウトドアショップで販売開始。若干カラーを変えただけ感があるので、これから進化していってほしい。カッターとバールを融合したGERBER新作カッター『Prybrid Utility』が出来がよかったのでほんとに。

それとCOLD STEELの新作『キリダシ』が気になるところ。大好きな6.5インチでトライアドロック。樹脂のヘンテコポケットクリップ付き。価格も安く四国のエッジで3500円

もう一つキリダシ情報をお届けすると、USA Made Blade特注のRick Hinderer Half Trackもとても気になる存在。Half Track タントーを持っているので買いませんが気になる。


sotosotodays.gif    NT_w200.gif
posted by morikatu at 20:13| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏山探検用ピッケル

2002_pikkell_.jpg
洞窟探検をやっていた時には山狩りでよく使っていたピッケル。最近出す機会がありませんでしたが、最近調査している所が難所続きで使っています。Tシャツで使うこともあるので先は丸めて、スワミベルトと連結させてます。
最近『凌ピッケル』を手に入れたのでこれでこのピッケルはまたしばらく封印。
凌ピッケル』は日本のMIZOが手掛けた裏山探索用のピッケルです。MIZOは『ロカハンマー』も一時期使っていました。ロカの場合はピックが短すぎて泥壁だと指が地面にあたって痛かった。取り回しは面倒ですが、やっぱりピッケルサイズは必要。

bnr_top_001.jpg   1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 08:44| 東京 ☔| 探検道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

What Will be Will beのモーラナイフのシースカバー

2002_ywhatwill_.jpg
Amazon探検をしているとこんなシースのレザーカバーを見つけました。メタルマッチが取り付けられるタイプとそのままのタイプの2種類あり。あとモーラナイフのブッシュクラフトシリーズのシースだけも見つけました。

posted by morikatu at 12:30| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

GERBER新作カッター『Prybrid Utility』と新作スカンジナイフ『プリンシパル』を少し紹介。


ガーバーの新作ユーティリティカッターを紹介しました。カッターというよりもプライバーがメインのダンボール解体に便利な道具でした。最後に一緒に購入した新作スカンジナイフの『プリンシパル』も少し紹介。

sotosotodays.gif   1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 20:27| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

【悪くない】1200円のキャンプ火起こし6点セットを試す!【火吹き棒・ファイヤースターター・ナイフ・ホイッスル・ケース・絆創膏】


Amazonで見つけた【火吹き棒・ファイヤースターター・ナイフ・ホイッスル・ケース・絆創膏】が入ってたったの1200円セットを試してみました。今日届いてそのままテストですが、極端に性能が悪い物は入っていませんでした。恐るべし。

posted by morikatu at 17:22| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

【キャッシュレス時代でも便利】お札を一枚だけ持てるキーホルダー【Everyday Carry】


たまに現金が必要になる時や財布を忘れた時に役に立つキーホルダー『A&F スタッシュケースS』を紹介しました。最近アクセスが増えているコインホームやコインカなどの小銭入れも紹介しています。

posted by morikatu at 19:23| 東京 ☁| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカで大人気の超軽量フォールディングナイフを紹介と比較


アメリカで大人気のウルトラライトフォールディングナイフを紹介しました。軽いナイフは安物が多かったですが、最近は軽く良い素材を使ったものが次々と発売されています。ただしそれなりの価格。


posted by morikatu at 09:32| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

trangia:ケトル/0.6リットル

2002_yakan_.jpg
trangiaの可愛いヤカン。人気は0.6Lみたいで現在どこも品切れ中。最近のトランギア人気は恐るべし。重量は140gと軽いのも特徴です。最初に買った時はつるの部分は耐熱チューブでしたが、新しく買ったものは焚き火にかけれるように持ち手が外れるようになっていました。
2002_yakan2_.jpg
やっぱりストームクッカーと合わせた時の佇まいがとても良いヤカンです。口の部分はペンチで潰して、蓋もペンチで広げてはずれないようにしています。


posted by morikatu at 09:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋・クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

この組み合わせもなかなかです。ESEEのメスティンとEmberlitのファイアーアント


たまたま入れるとちょうどよかったESEEのメスティンとEmberlitのファイアーアントの組み合わせを紹介しました。ESEEのメスティンにアルトイズ缶の収まりがとても良い。
posted by morikatu at 20:31| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯呑サイズのKeith チタンコップ220ml

2002_yunomi_.jpg
ほとんど外で飲み食いしないのでこれくらいの小さな湯呑サイズのカップが丁度よい。
白いのは魔法瓶ですが、口が広いのでダブルウォールカップとしても使えます。容量は200ml。左は中国Keith チタンコップ220mlで直接温め直せるので便利です。厚めで頑丈そうな作りです。
2002_yunomi2_.jpg
直径もこれくらい。最近はGSI コーヒーロケットにかぶせて持っていくのがいつものスタイルになってきてます。
2002_yunomi4_.jpg

posted by morikatu at 09:50| 東京 ☀| コーヒーグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

最近見つけたものを戦前戦中の地図に重ねてみると…

2002_static6_.jpg
ココ数日で見つけたものを古地図にマッピングしてみると色々なことが見えてくる。水槽のところに鉄塔があるはず、見てないのでまた見に行かないと。今日見つけた鉄塔はこの地図にも載っていない送電ルート?。スクーターのある道と地蔵がある場所の標高が同じ。今度は古地図メインに行ってみないと。

NT_w200.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 22:47| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日の山】山で見つけた冷蔵庫とハンモックとイノシシ道【マイクロアドベンチャー】


今日は山で見つけた冷蔵庫を開けに行ってきました。残念ながら近づくと扉は開いていて空っぽでした。帰りに広い場所でハンモックでコーヒータイム。Helinoxのテーブルとの組み合わせを試してきました。ハンモックに丁度よい高さです。
2002_static5_.jpg
ヌタ場を見つけて、イノシシ道のトレースも。彼らは山の隅々まで詳しいので付いていくと、結構良い場所に案内してくれたりします。今回は使われていない長い階段を見つけられた。
クッカーバーナーはTrangiaのストームクッカー。バックパックはPAAGO WORKS:バディ33

1111sotoban.jpg  sotosotodays.gif
posted by morikatu at 22:05| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマレコの新機能「らくルート」


ヤマレコがメジャールートなら白丸をクリックするだけで自動計算できるようになりました。メジャールートから手動でバリエーション(手動)に切り替えて、またメジャールートをクリックするだけで時間計算することもできます。ヤマレコをたまに見ると「あそこも歩いている人いるんだ!」って発見があります。
2002_static2_.jpg
よく行くエリアで途中まで行った場所、イマイチだったので引き返したけど下った人が居る。同じエリアを調査する登山スタイルなので踏み跡は知っているので、たまにヤマレコを見ると意外と歩いている人が居てびっくりする。色が濃いと人と遭う恐れがあるので除外していますw。昨日見つけた東屋も誰も歩いていなかった。
ヤマレコを見るとわかりますがガイドブックには乗ってないルートは無数にあって、意外と歩いている人は居たりします。ほとんどベテラン勢。
posted by morikatu at 09:39| 東京 ☀| コンパス・地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

クリーバーデザインのKershaw新作スタティック【フォールディングナイフ】


クリーバーデザインのカーショウの新作。ナイフと言うよりもバールとして使う方法だと、シープフットやこのクリーバーデザインは使いやすい。ヘラみたいに使うことができます。ブレード鋼材は8Cr13MoVでフラットグラインドのサテンフィニッシュ。
2002_static_.jpg
ハンドルはフルステンレスで115グラムと重めですが薄い。ボールベアリングのフリッパーで動作は軽いです。

海外だとバールみたいに使う人は多く、結構先端だけボロボロナイフをよく見ます。ナイフは切れれば問題ないって感じ。

若干高いですが、楽天でも見つけました。

posted by morikatu at 21:59| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は看板はあるが、道がヤブに埋もれていた東屋を見つける。

2002_yabu_.jpg
今日は散歩で、看板はあるが藪しかない所を抜けてみたところ、半分埋もれた東屋を発見。ただし、台風の影響か周りが土砂崩れ。もう行くことはないと思われる。残念。
2002_yabu2_.jpg
藪を抜ける時にホコリを浴びて、花粉症が少し悪化中。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 20:18| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

知り合いを連れて新しいエリアへ

2002_siri_.jpg
山仲間が行きたそうだったので、こないだ調査したエリアへ行ってきました。最初の急下りで、トレイルランナーでも尻を付けての移動。この身のこなしを見て、やばいトラバースコースは厳しそうだったので、下でのんびりとお昼休憩をして、上がりやすそうな尾根を上がって帰ってきました。植生で楽かどうかは判断できる。
2002_siri2_.jpg
一昨日も行った谷筋に再度到着です。近い割にはちょっとした冒険気分も楽しめ、全く人は入ってこないが、昔は何かを行っていたと思われる不思議なエリア。今日はブッシュボックスと炭を持って炭火焼きでのんびりして帰ってきました。
2002_siri3_.jpg
↓土曜日に調査に行ってきた時の動画。今回は登山教室の手伝いしているメンバーが居ましたが、最初のくだりでロープ出すって言ってました。

ガイドブックには載らないコースでも、山の知識をフルに生かして進む楽しさがあります。びっくりすることにこんな場所でも年に2回位ハイカーとあったりします。
posted by morikatu at 17:31| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg