2013年03月12日

東京ウラヤマラボ11:レインウェアを選ぶ

1302tenmakuhota8.jpg
最近の傾向として軽量な雨具を選ぶか、しっかりとした雨具を選ぶかがあります。
1303labrain1.jpg
当然濡れないほうが良いのですが
慣れてくると気温と時間と運動量で自分の冷え方がわかってきます。
ウラヤマでそれを体感するのも経験だと思い、多少濡れる感じで歩いています。
04:ウェア選びで述べたようにのんびりと歩けるのであれば
高価素材のウェアにこだわる必要はないとおもいます。
散歩感覚のゆるいスピードで、雨の日は中止にすることが多いので
パッキングしやすく、調整が少なく、格好良い雨具を好んで着ています。
Marmot:Essence JK(1万円)やOR :ヘリウムII(2万円)が多い
1206orhelium1.jpg
Essence JKはボロボロで高尾山など低山専用
ヘリウムは買ったばかりでちょっと良い山用です。
フロントはジッパーで締めるだけ、袖口もゴム、フード調整もほぼしない。
雨かな?と思ったら取り出して羽織るだけ!
他によく使うのがこのadidasのレインジャケット(3千円)
1210adidasrain1.jpg
超ジャストサイズ、袖口の調整も要らない。
裏が最近軽量化であまり無いメッシュでやっぱり使いやすい。
激安だったので手荒に着れるのが良い!
1303labrain2.jpg
傘もポンチョもウラヤマ歩きでは有効な雨具
特に傘は慣れている人が使う傾向です。
ポンチョは雨具兼ザックカバー兼シート兼ツェルトになるのでよく持っていきます。

僕がウラヤマへ行くときは、多少隙間から濡れてもサッと着れるのが好み
縦走中に嵐に巻き込まれ、雨具がまったく役に立たず走って逃げた事があり
それ以来、雨具よりも素早く逃げることを考えています。
僕みたいにソロばかりだとこれで良いのですが
グループで行くと自分のペースで歩けないので難しいんですよね・・・
ペースの早いグループだったら高価な雨具を買いましょう。
↓まとめのHPを作りました。
http://tokyourayama.jimdo.com/
posted by morikatu at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ウラヤマラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



1811_aandfrogo2_.jpg