2018年05月17日

極厚鉄板のソロモデルを使ってきた。板厚6mmのステンレスで縁が付いてます。

1804_gokuatu_.jpg
M.M.Factoryの極厚鉄板のソロモデル。BE-PALの企画開発らしい。
流行りの鉄板ですが、これは極厚のステンレス製。焦げ付いてもタワシでガシガシ洗えます。
焦げ付きが心配でしたが、ネットでステンレスフライパンの使い方を検索すると、温度が下がった状態で動かすとこびり付くらしい。冷凍食品や冷蔵庫から出したばかりの食品は良くないとのこと。極厚鉄板は板厚6mmもあるので蓄熱性が高く、温度が下がりにくいので焦げ付きにくい。
1804_gokuatu1_.jpg
肉や野菜などは焦げ付かずに普通に焼けます。スクレイパーの差込口から余分な油が流れ出るようになっています。
一番良い所が、縁が立ち上がっているので、ソーセージが転がり落ちなくて良いです。
あとステンレスなのでメンテナンスが簡単で良い。
1804_gokuatu2_.jpg
鉄板とスクレイパーとミニトートバッグが付いています。
外で動画を撮ってきました。キレイに焼けましたが動画がイマイチ!
また室内で撮影してみます。
↓詳細はBE-PALに載ってます。ランキング1位
1804_gokuatu3_.jpg
posted by morikatu at 20:04| 東京 ☀| キャンプ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする