2018年05月22日

GanzoのキメラモデルG727M-W1(ウッドハンドル)ギアベストで2千円

GANZOナイフって知ってます?
2つの定番ナイフの良いところを組み合わせたキメラを作っていた会社。
過去形なのは使いやすさで人気になり、明らかなパクリ路線から、オリジナルデザインに方針転換している感じがある。
このG727は、オンタリオ社のRAT1の形状と、ベンチメイド社のロック機構を合わせたモデル。
1804_ganzorat_.jpg
RAT1の丸パクリじゃなくて、ブレードの形状や長さなども若干変えて、ブレード鋼材もAUS8から440C、ネット上でテスト動画がたくさん上がってますが、同格。サイズもちょっと小さくなってボクにはRATよりも使いやすかったりします。
1804_ganzorat2_.jpg
ちょっと短くなってフルフラットなので簡単な野外料理なんかにも丁度良い。
ロックが強くなってしかも安いので、焚付作りも気にせずにガンガン行けます。
RAT1は薄いライナーロックで強い力をかけるとロックが外れやすいが、アクシスロックは、かなり強固なロック機構で、野外では安心して使え、しかもクローズが楽。で、ブレード形状がRAT1
1804_ganzorat1_.jpg
左右に飛び出たボルトを引くとロックが外れます。
今までのロックだと、刃が収納される溝を指が覆ってしまい、慣れないとギロチンになりそうで怖いですが、アクシスロックはまったく溝を指が覆わないので安心してクローズする事ができる。特に野外で道の整備などに使っていると、溝に指の掛からないアクシスロックはダントツで使いやすい。しかもこの価格。
せっかくなのでウッドハンドルモデルにしましたが、木の加工は適当です。光を当てると凹みがあったり、ヒビが入っていたりします。気になる方はG10(樹脂)モデルの方が良いかも。
重さはスズタケなどをカットするには丁度良い109グラム。コレ以上軽いと下草カットは大変。
↓中国の通販サイトギアベストでこの価格
1804_ganzorat3_.jpg
あとで動画を撮影します。
posted by morikatu at 16:08| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする