2018年05月31日

Spydercoの2018年ミッドイヤーの新商品カタログ

↓2018年中盤からリリースされるアイテムだけのカタログがアップされています。
↓写真はちょっと気になるページ
1805_MIDSpyderco_.jpg
真ん中の「Drunken」「Mcbee」が気になる。
「Drunken」はデミトリーシンケビッチデザイン。全長8インチでカーボンファイバーとチタンのフレームロック。コンプレッションロックじゃないのと、ポケットクリップがいまいち。多分価格も3万円台。これ買うんだったら現行品のスパイディーシェフだな。
「Mcbee」はとにかく小さい。価格次第だけど、いつの間にか買ってそうで怖い。
他にもマントラ3なんてのもアリ!
たしか明日からブレードショウが始まります。どんな新作が出るのか楽しみ。
関連記事
シイケビッチは、細身で耐久性よりもスタイリッシュなデザインが得意。
ZeroTolerance 0450(チタン製85g)のサイズはオピネル8とほとんど同じ。
Zero Tolerance:0850は、ゴージャスだけど使いにくい…。これがどこをとっても中途半端。ゴージャスなのでよく使ってますが、使えば使うほど中途半端。

ついでにLionSteel SR-11のミニバージョンLionSteel SR-22が新登場。

モレッタデザインのLionSteelはやっぱり好きです。
関連記事
SpydercoとLionSteelのコラボモデルSpyderco:Lil LionSpy
posted by morikatu at 10:20| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg