2018年10月12日

53.9gのフォールディングナイフ『Kershaw Atmos』カーボン使ってます。

これも気になっていたモデルKershawのAtmos
1810_atmos_.jpg
手のひらサイズの全長6.9インチのフリッパーオープンナイフ。持つとめちゃくちゃ軽くて53.9g。ライナーロック側だけステンのライナー入り、表面はG10ハンドルに直でKVTボールベアリング。KVTが効いていて動きはスムーズ。
1810_atmos2_.jpg
デザイナーはデミトリー・シンカヴィッチ。ハンドル中央にはG10にカーボンファイバーが貼り付けられています。安物とは思えない仕上がり。
重さが53.9gなのでハードな使い方には向きませんが、袋開けや食材カットには、美しく軽量なフォールディングナイフだと思います。
1810_atmos3_.jpg
ブレードセンタリングもど真ん中で、工作精度も高い。ディープ型のポケットクリップ。
カタログには載ってませんが日本代理店のKershawページ
KershawオフィシャルサイトKershaw:ATMOS
関連記事
同じシンカヴィッチデザインのZeroTolerance 0450(チタン製85g)
こちらはシンカヴィッチとレックスフォードのコラボナイフZero Tolerance:0850
同じKershawの16グラム超軽量ナイフKershawの軽量カラビナナイフ『Reverb』

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 09:20| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする