2018年11月09日

BE-PALはナイフ特集。あと焚き火と肉

1811_bipal_.jpg
本日発売のBE-PALはナイフ特集!
フォールディングナイフを紹介しています。
歴史とか興味ないので不正確かもしれませんが、大体合ってると思います。
↓参考動画 アメリカのナイフコレクターの代表的なナイフ5本紹介。

60年代にBUCKが開くとロックのかかる110を発売。
80年代にアイデア工具メーカーのSpydercoがポケットクリップとワンハンドオープンできるようする。(日本は80年代で止まってる)
90年代に様々なロックやオープンの機構が開発される。動画ではクリスリーブを紹介。
2000年代にタクティカルナイフブーム。(ナイフの工具化だと思ってる)
タクティカルチェアやコットで人を殴らないように、タクティカルは戦地で便利なって意味。
2010年代は、コンピューター制御で工作精度が飛躍している時代です。

posted by morikatu at 13:49| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg