2019年10月08日

カーボンか?ステンレスか?。オピネルやモーラナイフでどちらを選ぶ?


カーボンとステンレスのどちらが良いか聞かれたので動画にしました。オピネルやモーラナイフは3千円ほどのナイフで、この価格帯で使用できるステンレスは12Cくらいまで、カーボンなら1095ほどの鋼材が使えます。この2つの鋼材を比べると1095の方がランクが上。
1910_Carbon_.jpg
ただし高級ナイフ、たとえばバークリバーなどは、1095は使わずにさらに上のステンレスやセミステンレスを使用しています。
カーボンは研ぎやすい利点もありますが、それ以上に錆びやすい欠点がある。特に料理で考えているならば、12Cでも全く使える鋼材なので、僕だったらステンレスを迷わず薦めます。今はセラミック砥石やダイヤモンド砥石など硬いステンレスでもジョリジョリ研げる。

この動画で使っているナイフは12Cと同じランクの440Cです。このナイフも2千円ほど。
この安物ナイフでも使い方を工夫すれば、木を薄く削る事はできます。

いざという時に「自分のナイフじゃないとできない」なんて言い訳はできませんし。

1708_mountainproduct_.jpg   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 06:54| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg