2019年10月17日

2千円ナイフと高級ナイフの違い


違いは素材と仕上げの手間のかけ方。
切る作業は440CとELMAXでそんなに違いが出るほどではない。刃持ちは違うが2泊程度のキャンプくらいならなんの問題もない。ちなみに定番Buck 110はさらに下の420HCステンレスを使ってます。420HCと8cr13movはだいたい同じ。
雑に使えるのは5千円クラス。刃持ちやデザインなどバランスが良いのは1万円台。3万円を超えるともったいなくて雑に使えなくなる。

安物はスマホスタンドに立て掛けたダイヤモンド砥石で適当に研いで、3万円を超えるとランスキーのクランプ式などで研いでます。動画は安いランスキーのブレードメディックシャープナー。

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 11:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg