2020年02月04日

VARGO『ソバタ 398』を触ってきた。

2002_VIRGOKnives_.jpg
VARGOが突然発売したチタンナイフ『ソバタ 398』を展示会で触ってきました。65gですが数字以上に軽く感じる。ちなみにオピネル8番が約47g、Benchmade バグアウトが約53g。そして謎のチタンとセラミックを混ぜた鋼材は日本製らしい。商品名『ソバタ』は生産場所に由来しているとのこと。
2002_VIRGOKnives2_.jpg
フリッパーアクションは軽いですが(ベアリングが入っていたかも)デテントがゆるいのが気になった。
ブレード形状はシープフットで雑用向き。わかりやすく言うとカッターにちょっとだけカーブが付いたような形状です。袋開けやちょっとした食材カットが得意。ハイキングにちょうどよい形状です。
↓詳細
2002_VIRGOKnives3_.jpg
posted by morikatu at 08:45| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg