2020年06月25日

バール付きフォールディングナイフ『Kershaw Barge』


カーショウのバールの付いた変わり者の折りたたみナイフ。日本だと、刃物に変な精神性を持たせますが、海外だと刃の付いた鉄板です。最近流行りのフルタングナイフなんてさらに鉄板。映画で刑事が犯人の部屋に入り、鍵の付いた引き出しを発見、おもむろにポケットナイフを突っ込みこじり開けるなんてシーンがよくある。だったら後ろに付けちゃおうってのがこのナイフ。
2006_barge_.jpg
ブレードは3インチと短く、後ろにバールが出っ張ってます。バールなので結構重め。ポケットクリップもティップダウンのみで重いし使わなくなりました。家で何かを解体する時に便利だったりします。完全に雑用ナイフ。
2006_barge2_.jpg
以前紹介したGERBERのプライバリードも全く同じ考えで、こちらはカッターとバールの融合。
やっぱり『バールのようなもの』はなにかと便利です。

個人的には釘抜きは使わないのでフラットヘッドが良くて、このバージは何かと便利。
最近アップされたBlade HQのベストKershawナイフにランクインしていたので紹介しました。


sotosotodays.gif
posted by morikatu at 11:58| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg