2023年05月19日

軽量フレーム入りバックパックにテント白装備をパッキング『EXPED ライトニング45』


アルミフレームが入って軽量な『EXPED ライトニング45』にテント泊装備をパッキング。45リットルですが高重心に安定してパッキングすることができます。高重心にすると軽く感じます。
2304_syoiko_.jpg
実際にアウターフレームバックパック(ケルティ)や背負子(EVERNEW)は腰部分には荷室が無い。それがインナーフレームになったことで2気室になり、軽量化で1気室になりました。荷物は腰から上に積む。『歩荷で画像検索』すると荷物の重心バランスがかなり上なのに気付くと思います。荷物が軽くなったので問題ありませんが、パッキングでバランスを整えるとかなり軽く背負いやすくなります。

EXPED Lightning 45 ブラック https://amzn.to/41M46Pc
エバニュー Trail mat 100 https://amzn.to/3MaaI46
SOTOサーモスタッククッカーコンボ https://amzn.to/3f8wc06
カタダイン BeFree https://amzn.to/2Eg1fZN
↓ハイドラパック
https://www.mountain-products.com/hydrapak

1708_mountainproduct_.jpg   bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 07:34| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg