2019年06月10日

ウルトラライトテーブルの2つ目を購入。

1906_puradann_.jpg
プラダンでできた65グラムのテーブルの2つ目を購入しました。1つだけだとやっぱり狭い。2つだと丁度良い大きさ。
1906_puradann2_.jpg
スナップボタンで連結できるのできっちりとしたテーブルにできます。プラダンですがカップやお皿を置くくらいならOKですが、軽いので強風が吹く稜線などでは厳しいかな、と思います。


posted by morikatu at 08:30| 東京 ☔| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

山忘年会装備

昨日は山忘年会へ行ってきました。と言っても家から徒歩40分くらいの場所。
メンバーの電車が遅れたので、空き地で装備の撮影をしたので紹介します。
1811_bounen_.jpg
ストームクッカーを中心に宴会セット。ヤカン・チタンプレート・カップなどを追加し、COGHLAN'Sのホットサンドメーカーも追加。
おでん・餃子・こてっちゃんなんかを持っていきました。
1811_bounen3_.jpg
道具は全部シアトルスポーツの若干厚手のバケツに入れて持っていき、帰りもそのまま持って帰る。
1811_bounen2_.jpg
あと、お湯1リットルを保温保冷ボトルに詰めていくと、料理でも片付けでもはかどります。
1811_bounen4_.jpg

NT_w200.gif1111sotoban.jpgsotosotodays.gif
posted by morikatu at 09:01| 東京 ☁| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

無印良品の密封容器(ポリプロピレン

1811_mujiCASE_.jpg
無印良品で見つけたポリプロピレン製の密封容器。上に空気抜きのバルブがあり、液漏れせずに密封できます。他に耐熱ガラス製・ホーロー製がありましたが買ったのは安くて軽いポリプロピレンのモノ。
1811_mujiCASE2_.jpg
小さいのにはコーヒーなどの粉物。白く長いのにはソーセージや肉を入れることが多い。肉を入れる方はニオイ移りのしないホーロー製でも良かったかも。
しっかりとしている容器なので若干重めです。
↓ホーローバージョンのオフィシャルの説明
液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 08:40| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

テンマクデザイン×basecampの男前グリルプレート【1980円】

現在代々木公園で開催中のアウトドアイベントで見てきました。
1804_basecamp_.jpg
水曜日くらいからWILD-1で発売開始のようで、価格も安く1,980円+税。
2枚使いでホットサンドなんかも可能のようです。
裏面はこんな感じ
1804_basecamp2_.jpg
収納袋とハンドルが付属します。
↓オフィシャルサイト
http://www.tent-mark.com/otokomae_grill_plate/

NT_w200.gif  NT_w200.gif
posted by morikatu at 10:06| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

ペレグリンデザインファクトリーのまな板「SpaceShip Free Tray」クルミ材使用

1711_spaceshipdd_.jpg
クルミ材を使用した日本製のカッティングボード。
親指を通す穴付。反り防止の溝もあります。
1711_spaceshipdd2_.jpg
大きさはちょうどよいですが、若干厚め。
おしゃれハイクやキャンプ用かな
あと溝がもうちょっと大きくて食材の落下防止になれば良かったのに…。
1711_spaceshipdd4_.jpg
ただやっぱりおしゃれです。
↓mountain-products.comで買えます。
Peregrine Design Factory:SpaceShip Free Tray
1711_spaceshipdd5_.jpg

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 07:01| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

大黒工業の圧縮オシボリが山でとても便利!

前にも書きましたが、圧縮おしぼりが山で便利。
普段ウェットティッシュを使う習慣が無いので、たまに手に入れた物だと使う前にカピカピにさせます。
この製品は、紙のオシボリを乾燥圧縮させただけの製品。ちょっとの水で戻りますし
水分を吸うので、クッカーなどをキレイに拭きながら乾燥させることができます。
1709_assyuku_.jpg
初めはタブレット状。とても軽いです。
1709_assyuku2_.jpg
水を垂らすとニョキニョキと伸びてきます。
1709_assyuku3_.jpg
全部戻すと水分を吸わなくなるので途中でやめる。
1709_assyuku4_.jpg
コーヒーやラーメンを使った後のクッカーをキレイに拭き取れます。
素材はなかなか破れない紙。スパンレースと言うらしい。ティッシュみたいにホコリも出ない。
ボクが使っているのは大黒工業の物で12個入りから売ってます。

posted by morikatu at 08:48| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

やっぱり使いやすい、ビールおまけのクーラーバッグ

1707_sapporo_.jpg
登山用品店にはいろいろなクーラーバッグが並んでますが
登山でやっぱり使いやすいのがビールのおまけのクーラーバッグ。
大きさ、程よい保冷力、パッキングしやすい素材の柔らかさ、保水しない素材。
このサッポロのおまけはデザインも良い。
1707_sapporo2_.jpg
製品版ってしっかりしすぎてて、パッキングの収まりが悪いのが多い。
関連記事
この紙袋タイプもふにゃふにゃで良く使っています。
BROWN PAPER BAG(Tyvek仕様のクーラーバッグ)
1706_BROWNpaper_.jpg
posted by morikatu at 14:19| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイスアドバンスの竹のまな板

1707_swissad_.jpg
スイスアドバンスの竹のまな板。とってもオシャレで価格もそんなに高くなかったハズ!
まな板好きとしては、ちょっとこれは購入候補。
いつ発売か聞き忘れました。
posted by morikatu at 12:15| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

BROWN PAPER BAG(Tyvek仕様のクーラーバッグ)

1706_BROWNpaper_.jpg
紙バッグのようですが、表は茶色のTyvekで丈夫です。中には銀の保冷素材のシンプルなクーラーバッグ。
性能は100均のクーラーバッグと同じですが、オシャレです。
1706_BROWNpaper2_.jpg
保温力は日帰りハイキングに丁度良いくらい。若干まわりが結露する。
くしゃくしゃになるのでパッキングもしやすいのがとても良く
重さも38gととても軽いクーラーバッグ。

posted by morikatu at 08:26| 東京 🌁| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

KUPILKA(クピルカ):プレート S

1706_kupiluka_.jpg
フィンランドの合成木繊維で作った食器を作るクピルカ。
素材の比率は木繊維50%、合成樹脂50%。
そこのプレートのSがなかなか雰囲気があって良い。
周囲が反り上がっているのでまな板にもぴったりです。
1706_kupiluka2_.jpg
重さは軽くも重くもない80g。サイズも果物を切る時に丁度良いサイズです。
関連記事
山で使うカッティングボード(まな板)いろいろ。皮から樹脂まで
クピルカはこの小さいカップを持っていましたクピルカ 5(50mlのミニカップ)
posted by morikatu at 08:29| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

Sea to Summit:ウルトラシルSIL フォルディングバケット

1705_stosb_.jpg
吉祥寺のマウンガでみつけた超軽量バケツ。
食料入れに決定です。
汁物を入れてこぼしても、バケツなので大丈夫。
帰りの生ゴミも安心して持ち帰れます。
1705_stosb2_.jpg
付属の袋がなかなか作り込んでいたので、細引き入れにしました。
今はビニール紐を入れていますが、無くなったらマイクロコードにしようかと思っています。
そう言えば昨日奥多摩に行くと、マウンガは奥多摩駅の2階にも出来てました。
posted by morikatu at 10:20| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

コレは良いものです。Platchamp(プラットチャンプ)のホウロウ食器

岡山イベントで初お目見えだったこのホウロウ食器が使いやすい。
1704_platchamp_.jpg
メイドインジャパン
中に入っている鉄板が厚く、直接火にかけても大丈夫との事。
質感がかなりよく、ぱっと見た目は陶器です。
1704_platchamp2_.jpg
家の食器はほぼGSIのホウロウなんですが熱くなるのがたまにキズ。
コレは鉄板が厚いのでかなり大丈夫。
家のメイン食器です。
1704_platchamp3_.jpg
今日は山に持っていきましたが、家かキャンプ用だな、山ではもったいない。
岡山では、こいしゆうかさんやボクの山仲間も買ってました。
↓オフィシャルページはコチラ
http://platchamp.com
カップ出さないかなぁ〜
週末のGO OUT ジャンボリーに出店らしいです。要チェック!
posted by morikatu at 18:12| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

aladdin:アコーディオン コンテナが便利です。

1511Aladdinm.jpg
使ってる人も多いアコーディオン コンテナが便利!
写真は日帰りの食材運搬に丁度良いMサイズ(470ml)
果物入れたり、野菜入れて持っていってます。
こないだはイチゴ、今回は切ったほうれん草。
1703_foodcontainer_.jpg
帰りは湿ったゴミを入れて持って帰ってます。

posted by morikatu at 08:36| 東京 ☁| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

竹のまな板(オシボリ置き)が便利!

1702_take_.jpg
ダイソーで見つけた竹のオシボリ置きを、ちょっとしたまな板代わりにしています。
ちょっとパンを載せたり、リンゴを切る時に使ったりする程度なのですが
反りが水平が少ない山では便利!
小割りを作る時のナイフの刃を守る台になったり
箸を忘れた時には割いて箸を作ったり、竹はよく燃えるので着火剤にもなります。
上の小さいのはだいぶ使った状態。
40グラムの使える板。
関連記事
このMSR:ALPINE DX カッティングボードもお気に入り
ちょっと重いですが無印良品のアカシアプレート
posted by morikatu at 09:22| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

懐紙(かいし)

1701_kaisi_.jpg
山で便利かなぁ〜と思い懐紙を買ってみました。
ティッシュ兼ハンカチ兼メモ帳
今回は肉を押さえるために使用。
1701_kaisi2_.jpg
和紙なのでキッチンペーパーに比べると粉が出ます。

posted by morikatu at 20:34| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

山で便利な消耗品家庭用品セット。キッチンペーパー・ビニール袋・サランラップ…

山で調理する時にあると便利な家庭用品セット
意味はありませんが、3枚ずつ持っていくことに落ち着いています。
1701_KOMONOCOOK_.jpg
ビニール袋を3枚とキッチンペーパーを3枚。
ビニール袋は湿ったゴミや使ったフキンを入れて帰る時に使用する。
ティッシュよりキッチンペーパーが色々と使えて便利。
食器などを拭く時は、ペーパーは使わずに3分割した手ぬぐいを1枚。
アルミホイルも何かと重宝します。蓋にしたり、風防にしたり。
1601_rap_.jpg
エマージェンシーキットの中にも家庭用品を入れてます。
サランラップと梱包ヒモ。
サランラップは汚れ物を包むことが多いですが、いざとなれば包帯のような使い方も可能。
梱包ヒモはめちゃくちゃ軽いのに、とても強い。タープ張る時はだいたいこのヒモ。

sotosotodays.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 09:22| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

2016年のベストアイテム:調理関連のギア編

カトラリーはこれ!
1606_Titanhasi2_.jpg
Emberlit(MerkWares):SprongSとチタン製箸
シンプルにスプーンとフォーク、合わせるとトングになるアイテム。
これからの時期、山頂鍋でも欠かせないトングは山では便利アイテムです。
しかも21グラムと軽量。
日本人ならやっぱり箸、チタン製で軽くて丈夫です。
ウッドストーブで燃え落ちた薪を戻すのにも使える。
1612_gipot_.jpg
またまたEmberlitのファイヤーアント ストーブ
本体は81グラムと超軽量のウッドストーブ。
杉薪でも組み方を工夫すればほぼ追加無しでコーヒーくらいなら沸かせる。
クッカーは早く買えば良かったチタン製のG.I.ポット(写真)
軽く、ファイヤーアントとの相性が良く、凹み部分から薪を縦に投入する事ができます。
もちろんG.I.水筒にスタッキング可能!
1611_coffeeset3_.jpg
ミュニークのコーヒードリッパー12gも定番アイテムに昇格。
コップ類は変わらずにフォールドアカップかチタンシングルウォールカップ。
次点でSTANLEY: スチールキャニスターセットの小
家で作ったスープ類を持っていく時に便利なアイテム。
1610_Hopper2_.jpg
後は今までの継続で、テーブルはSOTO:フィールドホッパー
フライパンはUNIFLAMEの山フライパン
ガスストーブはSOTO:ウインドマスター

posted by morikatu at 11:30| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

まわりで流行っているUNIFLAME:ミニロースター

寒くなってきて最近まわりで流行ってるのがこのミニロースター
1612_uniami_.jpg
やっぱり焼き物は楽しいです。
最近フライパンばかりだったのでまた網も使いたくなってきた。
これは少しだけ薄く折り畳む事ができる。重さは110グラム。
まわりの定番クッカーは、写真でも少し写っている
UNIFLAME;山フライパン 17cmEVERNEW:チタンカップ400FD
ミニロースターは山フライパン 17cmの中に収まります。


posted by morikatu at 13:13| 東京 ☀| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

Trek’sの88gの軽量アルミテーブル(チタンは78g)

イベントの参加者がこんなテーブルを使用していました。
1606_treks_.jpg
アルミ製で88g。チタン製は78g。
ちょっと高さがあるだけで安定して調理しやすくなります。
↓オフィシャルページ
http://treks.jp/product/ultrektable/

関連記事
こちらの木のテーブルは150g
1410rolltablemini2.jpg
SOTOのフィールドホッパーは365gと多少重いが大きく、使いやすい。
1404gaskansoto4.jpg

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 07:30| 東京 🌁| 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

TEIJIN:あっちこっちふきん

1105atikotifffl1.jpg
なんでも綺麗にしてくれるフキンはアウトドアで便利アイテム。
鍋や食器は、スクレーパー掃除して、お湯でゆすぐ。
最後にこのフキンで拭くと水分も汚れもなく、ピッカピカです。
ティッシュペーパーだとゴミになってしまいますが、フキンだと家で洗えばOK!
1108sidearml2.jpg
TEIJINの繊維技術なので、ちょっと高いがかなり良い物。日本製。
写真のフキンは、5年以上は使ってます。
数日山に入る時は、途中で殺菌として煮込んでまた使ってます。
↓オフィシャルサイトを見ると抗菌タイプなどもあるみたい。
https://acchikocchi.jp
1604_teijin_.jpg
posted by morikatu at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食に関する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg