2020年11月17日

【ウルトラライトなパップテント?】PAAGOWORKS ニンジャシェルターの設営動画【設営は開発者】


『lets chill out!』の会場で、発売直前のPAAGOWORKS ニンジャシェルターを開発者で社長の斎藤 徹氏に設営していただきました。画像ではどのように位置決めをするか不明でしたがガイドテープで正方形にペグダウンすればほぼ完了します。
今ソロキャンパーに流行っているパップテントの超軽量版。これは売れそうですが、工場の関係で生産はわずかとのこと。お早めに!
詳細は動画でご覧ください。

https://www.paagoworks.com

sotosotodaysも要チェック。
sotosotodays.gif   2011_PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 10:14| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

【ツェルトの張り方】アライテント スーパーライト・ツェルト1【ギアテスト】


今まで頭から被ることしかしなかったツェルトを初設営。初めてにしてはキレイに設営できました。使用したものはペグ6本に細引き2本。長さを115cmに設定したトレッキングポール2本です。
2010_tzelt2_.jpg
テントもタープもツェルトも基本は同じ。
2010_tzelt_.jpg
普段は頭から被るだけです。次のバスまであと1時間以上ある時などに、冬はとてもじゃないが待てないので、バス停近くの山の中で被って中で傘を広げて寒さを凌いだりするのに使ったりします。雨が酷くて動きたくないときなどにもたまぁ〜〜に使います。

アライテント スーパーライト・ツェルト1  https://amzn.to/37OJ6yP
N-project チタン遮熱テーブル https://amzn.to/3dXvCSD
vargo ウインドスクリーン https://amzn.to/2Hbc0hk
リンデン アルコールパウチ容器  https://amzn.to/2M60bbv
EVERNEW チタンゴトク TriveTi https://amzn.to/2AbSoX8
EVERNEW チタンカップ400FD https://amzn.to/3410HQJ
Platypus デュオロック https://amzn.to/3bSH5lk
GSI コーヒーロケット https://amzn.to/2zd4EGN
あっちこっち ふきん ベビー https://amzn.to/2wUZwpp
SEATTLESPORTS ポケットボウル https://amzn.to/3hsZyWN

↓ニンジャシェルターが出るらしい。Instagramに情報あり。
PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 19:52| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

5.7グラムとウルトラライトなスイス製プラペグ『SwissPiranha』


ペグもシンプルだけど結構奥の深い道具だったりします。このスイス製のプラペグは完成度が高いというか、ボクの使い方にあっていました。重さは5.7グラム。軽いだけではなく、カエシが付いているので抜けにくく、さらに頭が平で踏み込みやすい。なかなか良く出来たペグ。

スイスピラニア(ムーンライトギア)
http://moonlight-gear.com/?pid=150886421
アライテント パイプペグ https://a.r10.to/hVS2l9
Boundless Voyage チタンペグ https://amzn.to/33Lo3Lb
ノーブランドプラペグ https://amzn.to/3iP6huT

bnr_top_001.jpg   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 21:25| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

SwissPiranhaの全長12cmで5グラムのプラペグ

2010_swisspura_.jpg
ペグ好きとしてムーンライトギアで気になっていたスイスSwissPiranha社の全長12cmで5グラムのプラペグを購入してきました。重さは実測です。見た感じが自分の使い方にぴったり!。地面が腐葉土質の場合はプラペグがよく効きます。しかもこのペグは細いですが返しも付いてる。
2010_swisspura2_.jpg
頭の部分は真っ平らで踏み込みやすい。切れ込みは細引きを引っ掛けるだけで固定することができるようですが、経験上結んだ方が早いです。実際に使ってみると
2010_swisspura3_.jpg
少しだけ頭を出して垂直に埋め込みガイラインを結びつける。プラペグは垂直に打ち込んだほうが保持力が上がります。そして上から地面に埋め込む。
2010_swisspura5_.jpg
ガイラインを引っ張ってみましたがかなり保持力が強いです。返しも効いている。軽いし悪くないプラペグです。一軍入り決定!
抜けなくするポイントは
プラペグは垂直に埋め込む。
頭まできっちり埋める事。頭を出すとテコの原理で軽い力で抜けやすくなる。
↓これです。
http://moonlight-gear.com/?pid=150886421

PAAGObaner.gif  bnr_top_001.jpg

posted by morikatu at 07:55| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

ハイキングの座布団紹介。ほぼEVERNEWの折りたたみヒップマット


意外と必需品のハイキング座布団を紹介しました。夏は雨の後。冬は冷たい地面やベンチ対策。着替えやアイゼン取り付け時などあると何かと使えます。ビッグアグネスの座布団を購入したので集めて紹介しました。


EVERNEW 折りたたみヒップマット https://amzn.to/3gFMM70
サードディグリーハイキングシート https://a.r10.to/hzC2N2
サーマレスト Zシート https://amzn.to/3b38xw7
ミステリーランチ クーリー 25  https://amzn.to/3hsxsLQ

sotosotodays.gif   1111sotoban.jpg   
posted by morikatu at 18:29| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

『Cocoon Ultralight モスキートハンモック』肌触りの良く蚊帳ありのハンモック


トラベルシーツで有名なコクーンのウルトラライトモスキートハンモックを動画で詳しく紹介しました。リッジラインで形が安定したハンモックです。
2005_ulcocoon_.jpg
軽さと寝心地の良さの中間。どこを取るかは難しい所。
特にハンモックの場合は全体重がかかるので耐久性の担保が難しい。もうちょっと厚手でも良かったかも
2005_ulcocoon2_.jpg

posted by morikatu at 19:29| 東京 🌁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

テンマクデザイン×ホーボーワークス ホーボーズネスト2

2004_hoboworksk_.jpg
ホーボージュンさんのホーボーズネストの2がテンマクデザインから販売。アマゾンでも販売していました。前室が広めに取られたテントです。最初のモデルはアライテント製で限定100張り! 別にトレッキングポールが必要でしたが2は上に短いポールがあるようです。
↓持ってました。
HOBO GreatWorks:ホーボーズネスト

posted by morikatu at 15:35| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

1万円台のソロテント『ネイチャーハイクのCloudUp2アップグレード版20D』

20034_CloudUp_.jpg
1万円台の定番になりつつあるソロテント『ネイチャーハイクのCloudUp2アップグレード版20D』を、遠くに行けないのでちゃんとレポートしてみました。大きさはこのサイズ。カタログ値では重さ1.73kg。
20034_CloudUp2_.jpg
アルミフレームはDACポールを見ていると若干安い感じが否めないですが、生地も縫製もパーツもしっかりとしています。この製品に力を入れているのがよく分かる。ただし、大切なアルミフレームの耐久性が不明ですし、修理できるのか怪しい商品です。たぶん自分で工夫して修理することになりそう。
20034_CloudUp3_.jpg
こちらはメッシュのインナー。アップグレード版から後ろのポールも二股になっているのでテント内が広くなっています。
20034_CloudUp4_.jpg
今回は、フロントの張りが甘くなってしまいましたが、側面から後ろに掛けてきれいに設営することができました。
↓詳細は動画でご覧ください。


posted by morikatu at 19:55| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

【ロープワーク】テント・タープにガイラインを簡単に結びつける『スクエアノット』パラコード同士を結び合わせる時にも最適


テント・タープにガイラインを結ぶ時に良く使っているスクエアノット(本結び)を紹介しました。パラコード同士を結び合わせる時にも最適です。特徴はバラして考えると、誰でも知っている輪ゴム同士をつなげる時に使っている結び方。結ぶのも単純で簡単。解く時も固く縛り切る事がない結び方。
良く使っているオレンジの秀山荘タープはガイラインなどは付けて無く、その都度、ヒモを組み合わせて設営しています。その時に使っています。あとヒモを延長する時。

sotosotodays.gif   PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 20:15| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

チタン製のペグを試す。20センチ18グラム。6本2千円。


こちらもちょっと気になっていたチタン製のペグを試してみました。1本18グラムと山岳テント用としては若干重め。ただし、チタンの塊で剛性はかなり高い。2本だけペグ袋に入れました。
1912_TITANpeg_.jpg

posted by morikatu at 19:32| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

HILLEBERGタープ5ウルトラライト【三角形を意識してタープを美しく張る】


HILLEBERGタープ5ウルトラライトを使って、山岳タープをうまく張るコツを紹介しました。テントもですが、三角形を意識するときれいに張れます。これは今も使っているインテグラルデザイン:シルシェルターの設営がとても難しく、試行錯誤していた時に考えた方法です。
1911_Tarp_.jpg
タープ5自体は重さは320グラムと軽い。長い辺が318cmで普通のソロタープといった感じ。ちなみにEXPEDのソロタープは300cm。素材が高級素材Kerlon1000というシルナイロン。普通のテントはシームテープのできるPUコーティングナイロン。コーティングとシームテープは劣化するが、シルナイロンは劣化しにくいのがポイント。以前使っていたテントがそんなに使っていないのにボロボロになってしまったので、ちょっと高いですが、テントもHILLEBERGに変えました。
1911_Tarp2_.jpg
ちなみにこれがシルシェルター。三角形を組み合わせたような形状。素材はシルナイロンですので、2006年に購入したのに未だに現役で普通に使える。

posted by morikatu at 21:01| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

秀山荘オリジナルClimbZone:スーパーライトタープ

1911_syuuzan_.jpg
何かとよく使うのがこの秀山荘オリジナルClimbZoneタープ。素材はアライテントのフライのような素材(同じかな?)。よく使うポイントが、本来はスクエア型ですが、対角で写真のように張るとガイラインが2本だけで済むこと!。スクエアで張ると最低4本、普通は6本張るのが多い。それが2本で済むのはとても楽。写真はビビィとタープでこの日は夜に雨でした。
1911_syuuzan2_.jpg
霧雨の中、ハンモックとタープ泊。設営に使っている白い紐は、伸びずに保水もしない超軽量の梱包用の紐。ペグは使わずに立ち木と倒木。
設営は覚えていますが、念の為、タープ本体に油性ペンで歩測した数値を書き込んでます。安いから適当に使えて便利なタープです。
1911_syuuzan3_.jpg
関連記事
入荷すると売り切れるExped:Solo Tarp。こちらはガイラインが6本あり、様々な跳ね上げが可能です。さらにそのガイラインに工夫がいっぱい。
さらに様々な形で張れるのがPAAGO WORKS:忍者タープ。こちらはタープの辺の部分にコードが入っているので絞ることができる。サイズも大きく、登山とキャンプの中間のような遊び方に最適です。


posted by morikatu at 07:58| 東京 ☔| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

Amazonで安くて軽いテントを試す【ネイチャーハイクのCloudUp2】(20Dアップグレード版)


ずっと気になっていたAmazonで激安テントNaturehikeのCloudUp2を購入してみました。以前と比べると激安感はなくなってしまいましたが、それでも1万7千円程度。価格がバラバラで分かりにくいので、調べて自分なりにわかったことが
安いモデルは210Tポリエステル生地を使用している。
高いモデルは20デニール生地を使用している。たぶんナイロン。
アップグレード版は後ろにベンチレーションを搭載。フレームワークも違うかも?
ということで20Dアップグレード版を購入しました。
1911_CLOUDup_.jpg
購入したポイントがグランドシートが付属し、グランドシート・ポール・フライだけで設営できるところ。これだと1.2キロぐらいです。フライの質感も作りもよく、流石に人気で改良されているテントだけのことはある感じ。北アルプスのテント場に行けば、最近普通に立ってるらしい。
1911_CLOUDup4_.jpg
ポールはやはりDACとかを普段見てると安っぽいし、ちょっと重い。
重いので丈夫そうですが、折れた時のアフターサービスが気になるところ。
その点、メーカー品は店に持っていけば修理対応できるのは良い。
1911_CLOUDup3_.jpg
アウトドアイベントやキャンプ場で焚き火なんて時はSIERRA DESIGNS:Half Moon 2 を未だに使ってますが、収納サイズが大きい。HILLEBERG:アンヤン2 を出すまでも無い時に使います。安くて軽いので適当に使えるのが良い。
1911_CLOUDup5_.jpg
↓ここが公式らしい。
posted by morikatu at 10:03| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

MSR:スノー/サンド テントアンカー

1911_MSRsnowa_.jpg
MSRの雪や砂、石などを重しにしてテントを止めるアンカー。軽くてとても丈夫です。1枚あたり10グラム。河川敷キャンプやBBQの時にもあるとなにかと便利です。
1911_MSRsnowa2_.jpg
倒木を詰め込みました。
巾着袋やハンカチなどでも代用可能ですが、やっぱり赤くてかっこよい。

posted by morikatu at 19:32| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

腐葉土にも効くペグ『コフランのツイストアンカー』

ハンモックや野宿主体だと、地面はほぼ腐葉土でペグが効かない。プラペグを使っていますが、新しくスクリューペグを購入してみました。
1911_SCREW_.jpg
ネジネジするとガッツリと入っていきます。大きくて見つけやすく悪くないです。重さは62グラムと若干重めです。
1904_prape4_.jpg
こちらも腐葉土用のプラペグ。豆知識でプラペグは垂直に打ち込んだほうが保持力が高いです。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 07:29| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

ライペンのビバークツェルトソロとライフシステムズのサバイバルシェルター2


動画でライペンのビバークツェルトソロとライフシステムズのサバイバルシェルター2を紹介しました。
1911_SHELTER2_.jpg
ビバークツェルトソロは105グラムでマグカップサイズのお守りツェルト。ギリギリの大きさで体全体を覆うのは大変。ポンチョのように使えます。逆に言うとポンチョのサイドを塞げばツェルトです。実際に世界中の軍隊はポンチョ。素材はアライテントのフライと多分同じ。逆に言うとテントのフライをツェルトとしても使えます。昔はフライだけ持っていったりもしていました。アウトドアは応用です。
1911_SHELTER_.jpg
ライフシステムズのサバイバルシェルター2はもう長いこと使っていて加水分解気味。2人用で大きく体全体を覆いやすく、窓が付いているので使いやすい。雨が強くなったときや、バスの待ち時間が長いときなど、何かと使っています。オフィシャルのカタログを見ると5900円

posted by morikatu at 20:47| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

HILLEBERGアンヤン2をフライのみので設営【重さ1040グラム】


HILLEBERGアンヤン2をインナー無しのフライのみで設営してみました。フライとポールだけだと軽く1040グラム。とても簡単に、しかもきれいに張れるテントです。ほとんどのテントはPUコーティングでシームテープを使用していてそこから劣化しますが、HILLEBERGなどの高いテントはシルナイロン系を使っていて素材が高い。コーティングが劣化することが無いテントです。アンヤン2は在庫切れ、前室ありのアンヤン2GTや3人用のアンヤン3なら販売中。

posted by morikatu at 06:06| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

amazon三千円の『Lenzai蚊帳付きハンモック』設営とロープワーク


amazonで三千円で販売中の『Lenzai蚊帳付きハンモック』を初設営してきました。写真を見てわかると思いますが、なかなか良い形で内部も広く快適でした。耐久性は不明ですが、余計なロゴなどの入っていない清いデザインとアースカラーが良い。
最近の張り綱は便利なのに、基本がわかっていないのか、逆に混乱している人が多いような気がする。このハンモックの張り綱はただのテープ。ハンモックを固定するくらいなら固結びを二回するだけで十分だったりします。途中でヘネシーハンモックの時代から使っているロープワークを紹介しています。

posted by morikatu at 22:38| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

軽量ハンモック&サスペンションロープ紹介【EXPED・ENO・ハミングバード】


ハンモックは、EXPEDのトラベルハンモック・トラベルハンモックDUO。ENOのスーパーサブ。軽くAmazonの3千円Lenzaiハンモックとヘネシーハンモック。
サスペンションロープは、ハミングバード・ENO・EXPEDの3種類を紹介。最新のはダイニーマを使い小さく軽いが、寝心地が硬いので、古いEXPEDとヘネシーのハガーを組み合わせて使っています。

posted by morikatu at 09:09| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

BigAgnesのコッパースプール HV 2 エクスペディション

先日、テントを張るだけの簡単なお仕事に行ってきました。張ったテントはBigAgnesのコッパースプール HV 2 エクスペディション
1906_bigggu_.jpg
とても素直なテントで、ポールとスリーブの色分けなどちゃんとされていて初見でも簡単に貼れました。DAC社の創業者 JAKE LAHがデザインしたらしい。吊り下げ式で設営も簡単。長辺の前後に出口があり、タブレットも入りそうなメッシュポケットも上部にあり、寝ながら映画鑑賞ができそう。あまり軽くはありませんが、ちょっとしたキャンプに過ごしやすそうなテントという印象。
↓詳細はこちら
年間キャンパーに推すテントはエクスペディションモデル。BigAgnesのコッパースプール HV 2 エクスペディション
posted by morikatu at 08:46| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg