2019年11月20日

腐葉土にも効くペグ『コフランのツイストアンカー』

ハンモックや野宿主体だと、地面はほぼ腐葉土でペグが効かない。プラペグを使っていますが、新しくスクリューペグを購入してみました。
1911_SCREW_.jpg
ネジネジするとガッツリと入っていきます。大きくて見つけやすく悪くないです。重さは62グラムと若干重めです。
1904_prape4_.jpg
こちらも腐葉土用のプラペグ。豆知識でプラペグは垂直に打ち込んだほうが保持力が高いです。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 07:29| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

ライペンのビバークツェルトソロとライフシステムズのサバイバルシェルター2


動画でライペンのビバークツェルトソロとライフシステムズのサバイバルシェルター2を紹介しました。
1911_SHELTER2_.jpg
ビバークツェルトソロは105グラムでマグカップサイズのお守りツェルト。ギリギリの大きさで体全体を覆うのは大変。ポンチョのように使えます。逆に言うとポンチョのサイドを塞げばツェルトです。実際に世界中の軍隊はポンチョ。素材はアライテントのフライと多分同じ。逆に言うとテントのフライをツェルトとしても使えます。昔はフライだけ持っていったりもしていました。アウトドアは応用です。
1911_SHELTER_.jpg
ライフシステムズのサバイバルシェルター2はもう長いこと使っていて加水分解気味。2人用で大きく体全体を覆いやすく、窓が付いているので使いやすい。雨が強くなったときや、バスの待ち時間が長いときなど、何かと使っています。オフィシャルのカタログを見ると5900円

posted by morikatu at 20:47| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

HILLEBERGアンヤン2をフライのみので設営【重さ1040グラム】


HILLEBERGアンヤン2をインナー無しのフライのみで設営してみました。フライとポールだけだと軽く1040グラム。とても簡単に、しかもきれいに張れるテントです。ほとんどのテントはPUコーティングでシームテープを使用していてそこから劣化しますが、HILLEBERGなどの高いテントはシルナイロン系を使っていて素材が高い。コーティングが劣化することが無いテントです。アンヤン2は在庫切れ、前室ありのアンヤン2GTや3人用のアンヤン3なら販売中。

posted by morikatu at 06:06| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

amazon三千円の『Lenzai蚊帳付きハンモック』設営とロープワーク


amazonで三千円で販売中の『Lenzai蚊帳付きハンモック』を初設営してきました。写真を見てわかると思いますが、なかなか良い形で内部も広く快適でした。耐久性は不明ですが、余計なロゴなどの入っていない清いデザインとアースカラーが良い。
最近の張り綱は便利なのに、基本がわかっていないのか、逆に混乱している人が多いような気がする。このハンモックの張り綱はただのテープ。ハンモックを固定するくらいなら固結びを二回するだけで十分だったりします。途中でヘネシーハンモックの時代から使っているロープワークを紹介しています。

posted by morikatu at 22:38| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

軽量ハンモック&サスペンションロープ紹介【EXPED・ENO・ハミングバード】


ハンモックは、EXPEDのトラベルハンモック・トラベルハンモックDUO。ENOのスーパーサブ。軽くAmazonの3千円Lenzaiハンモックとヘネシーハンモック。
サスペンションロープは、ハミングバード・ENO・EXPEDの3種類を紹介。最新のはダイニーマを使い小さく軽いが、寝心地が硬いので、古いEXPEDとヘネシーのハガーを組み合わせて使っています。

posted by morikatu at 09:09| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

BigAgnesのコッパースプール HV 2 エクスペディション

先日、テントを張るだけの簡単なお仕事に行ってきました。張ったテントはBigAgnesのコッパースプール HV 2 エクスペディション
1906_bigggu_.jpg
とても素直なテントで、ポールとスリーブの色分けなどちゃんとされていて初見でも簡単に貼れました。DAC社の創業者 JAKE LAHがデザインしたらしい。吊り下げ式で設営も簡単。長辺の前後に出口があり、タブレットも入りそうなメッシュポケットも上部にあり、寝ながら映画鑑賞ができそう。あまり軽くはありませんが、ちょっとしたキャンプに過ごしやすそうなテントという印象。
↓詳細はこちら
年間キャンパーに推すテントはエクスペディションモデル。BigAgnesのコッパースプール HV 2 エクスペディション
posted by morikatu at 08:46| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

テントに使っているペグとハンモック泊に使っているペグとペグ袋の紹介。


今、よく使っているテントのペグを紹介しました。やっぱりアライテントの黄色い頭のペグが使いやすい。メインが中空ペグ4本がであとは予備みたいな感じ。ハンモック泊の時は倒木利用が多いのでプラペグを2本だけ持っていっています。


posted by morikatu at 15:43| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

柔らかい腐葉土質の地面に良く刺さる『MSRのプラペグ』

1904_prape4_.jpg
ハンモック泊や立ち木を利用してタープを張る時の地面は、落ち葉の積もった腐葉土質の場合が多い。山岳テント用の小さなペグを使うと効かないし、ガイラインが外れたら落ち葉に埋もれて見つけにくくなる。そんな時は大きくて軽いプラペグが一番良い。写真上が今まで使っていた安いプラペグ、下がボーズマンで見つけたMSRのプラペグ。
1904_prapeg2_.jpg
上の部分にMSRのロゴが入り、先端にアルミの補強が入って200円でした。
ガイラインをしっかりと取り付けるフックのような物は無く、多少のロープワークなどの工夫が必要。
1904_prapeg3_.jpg
ペグは斜めに打つことが多いですが、プラペグは垂直に差し込んだほうが保持力が上がります。
いつも頭だけ出した状態まで地面に刺し、ガイラインを結びつける。そして全体が地面に埋まるまで踏み込んでいます。
凌や裏山徘徊の時はプラペグを2本だけ持っていっています。
posted by morikatu at 07:47| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

ロック機能の付いたテントペグ:NEMO:Airpin Ultralight Tent Stake


あ!なんで考えつかなかったんだろうってテントペグ。
この場合、テントペグ側でしか長さ調整が出来ないので、その分不便だったりする。
自在を使うとガイラインの途中で調整ができる。
posted by morikatu at 12:46| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

LIFESYSTEMS:ツェルト ブーシー2(サバイバルシェルター2)

1210lifesystemsb1.jpg
頭から被るだけの簡単シェルター。決めたポイントは2つ!窓と座る場所があること。そんなに軽くはありませんが、面倒が無く使いやすい。実際に使う場面では立てる時間も気力もない。
1308lootakaiwa2.jpg
山で突然の雷雨にあった時の写真。狭いながら何かと作業のできる空間があります。
窓もあるので外の様子を確認もできます。窓は意外と役に立つし楽しい。
1210lifesystemsb2.jpg
両端に黒い部分があり、座ったり荷物を置いたりできる。一人の時は片方にザックを置き、もう片方に自分が座るだけ。
1211takaomax6.jpg
雨や強風時の休憩は大変ですが、被るだけで中で暖かく休め、食事などもOK。
山奥のバス停で、次のバスが1時間後なのに、寒かった時に出してかぶって凌ぎました。
2泊3日間これだけで過ごしたり、なんとかなります。
ボクのは古いモデルで、サバイバルシェルター2という名前が最新のモデルのようです。


posted by morikatu at 06:58| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

ZEROGRAM:El Chalten 1.5P

なんか最近吊り下げ式テントが再び流行ってますよね。吊り下げ式といえばメスナーテントくらいしか思い浮かばなかったのに。
展示会で見たZEROGRAM:El Chalten 1.5Pはフットプリント・インナーテント・フライシートが全て一体で吊り下げれるみたい。
1807_zerogram_.jpg
もちろんインナーテントを省く事も可能。
フットプリントとペグと収納袋を省いた状態で1.2kgとの事でした。
1807_zerogram2_.jpg
特徴はインナーテントに使われているモノフィラメントという素材。(HILLEBERGのメッシュと同じ?)メッシュのようですが、実は違っていて水を通しにくい素材。撥水加工していないのに、素材の構造で水を弾き、内側に通さない素材らしい。
フライの内側に結露が付き、風でフライが煽られても、インナーテントの外側に落ち、内には水が落ちてこないとの事でした。
組み立てが一体型で簡単で、開放感があって、しかも軽く良さそうなテントでした。
↓詳細はオフィシャルサイトを御覧ください。
https://www.zerogram.co.jp/product/elchalten15red/
posted by morikatu at 19:33| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

BIG AGNES:タイガーウォール UL2 EX(2人用で1190g)

1807_BIGAGNES_.jpg
撮影で立ててきました。感想はとっても不思議なテント。
フレームワークは完全に短辺に出入り口が付くY字フレーム。でも、長辺の両側に出入り口を付けた2人用。しかもY字フレームのおかげで重さが2人用で2つの出入り口なのに1190gと軽い。
2つの出入り口があると、もうひとりを起こさずに出れるだけではなく、開放感が違います。
1807_BIGAGNES2_.jpg
日本の夏には良い!
正確に組み立ててるのにかかわらず、どこか間違ってんじゃないのって不安になる、へんてこなテントでした。
↓組み立てた時の模様はmountain-products.comにあり。
https://www.mountain-products.com/features/bigagnestigerwall20180623/
一緒にフライクリークを初張りしてみましたが、こっちのほうが断然良かった。

関連記事
今のメインテントはHILLEBERG『アンヤン2』
今でも現役SIERRA DESIGNS:Half Moon 2はイベントの時使ってます。二人用は楽!
1人用はMSR:スキニーワンを使ってました。加水分解済み
posted by morikatu at 08:25| 東京 ☔| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

タープテントの『Notch Li 』

ピンタレストで可愛いテントを見つけました。
1805_nothi_.jpg
ダイニーマファブリックを使って、重さは570グラム
使うテントポールの長さは113cmとのこと。
HILLEBERG アンヤンを買ったばかりだから買いませんが、デザインがなかなか素敵です。
↓設営方法動画。タープテント社はいろいろと動画を上げてます。


sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 06:44| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

ENO(Eaglesnest Outfitters):SUPER SUB 少し大きめの軽量ハンモック

1803_supersub_.jpg
イーグルネストの超軽量だけど大きめのSUPER SUBを使ってきました。
重さは約270グラムで左右の赤い部分が、通常のソロハンモックよりも大きくなっているイメージです。
1803_supersub2_.jpg
EXPED:TRAVEL HAMMOCK DUOに近いサイズ感でかなりコンパクトで軽いですが、そのぶんナイロン素材が滑り、快適ポジションを取りにくい感じでした。軽くすると必ず出てくる問題で、快適さを取るか、軽さを取るかの問題です。この辺りは寝てみないと分からなかったりします。
EXPED:TRAVEL HAMMOCKは、多少重いですが、肌触りが良い素材を使用。
1803_supersub3_.jpg
今回良かったのが、サスペンションキット。
ダイニーマを使って、ヒモの中をヒモが通って固定するハミングバード方式、ハンモックとの連結はトグルを使ったEXPED方式と、良いとこ取りのシステム。ハミングバードは限界まで軽量化しすぎているが、このサスペンションキットは程よい太さと長さがあり使い勝手が良かった。
1803_supersub4_.jpg
↓ここで買えます。
1803_supersub5_.jpg
posted by morikatu at 09:37| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

テンマクデザインの新作はパップテント型の『炎幕』

1803_pup_.jpg
現在大人気のパップテント型の新作『炎幕』 ※写真はスカート付きのDXタイプ
価格も\26,800+ 税ととても安いです。
素材は撥水加工と防カビ加工されたコットン100%。
バスタブ型グランドシートも付属との事でした。
↓テンマクデザインのテント
http://www.tent-mark.com/tent/


posted by morikatu at 07:44| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

やっとHILLEBERG『アンヤン2』で初宿泊

1803_grips4_.jpg
買ったは良いが、なかなか使う出番が来なかったHILLEBERG『アンヤン2』で初宿泊してきました。無風のキャンプ場だったので、手を抜いてペグは前2本後2本の合計4本のみ。
ちょっとしたコツを覚えるだけで、4本だけでもキレイに張れます。
1803_grips5_.jpg
前室部分が広く、背が高いので、調理や靴が履きやすいのがとても良かった。
当然ですが、見た目が美しいのがやっぱり良いです。
ちょっとしたコツはAkimamaに書いています→HILLEBERGの設営Tips
↓動画はコチラ

↓購入はコチラ
HILLEBERG ヒルバーグ アンヤン3 2.0 サンド
1803_grips6_.jpg

posted by morikatu at 13:15| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

Naturehikeの1万円で軽量のテント


Amazonで1万円から2万円にかけて、どこかで見たようなデザインのテントが沢山でてます。
その中でもNaturehikeは海外でも日本でも使っている人が多いブランド。
上の動画は日本のレビュー。下の動画はロシアのレビュー。

重さも軽く、動画を見る限り、素材も作りも悪く無さそうです。
このモデルは後ろの処理がまずく張りがいまいちらしい。
ヨーレイカの1万円テントでも驚きましたが、もう何でも安いのがあり。
↓ボクは2017年にHILLEBERGの高級テントを新調しました。



posted by morikatu at 13:45| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ビッグアグネスのmtnGLO テントライト

1708_bigagneslight_.jpg
ビッグアグネスの光るテントのライト部分の単体売り
パーティーカラーだからか安いです。
ちょっと気になるアイテムです。
ホワイトカラーはちょっと高い。
関連記事
ハイキング時のランタンはOlightのS2+拡散ディフューザー
キャンプ時はmilestone:MS-D2(ランタン)

posted by morikatu at 08:51| 東京 ☁| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

アライテント:アルミパイプペグ

1707_araipeg_.jpg
一番気に入ってるペグがこのパイプペグ。
20cmもありますが中空パイプで13gと見た目よりだいぶ軽い。
上がフック状の樹脂で、ほぼ地面に埋め込んでもしっかりとガイラインを噛み込むのが良い!
1707_araipeg2_.jpg
200円です。
posted by morikatu at 19:42| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

MSR:ダート ステイク6

1707_msrpurapeg_.jpg
BOZEMANで購入したのがこのダートステイク
断面はY字で、購入したのは小さい6インチ(15cm)モデル。
プラペグですが先端にアルミのポイント付き!
1707_msrpurapeg2_.jpg
最近プラペグに目覚めてます。
posted by morikatu at 05:40| 東京 ☀| Tent-Shelter:テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg