2019年10月04日

GoProマウントを採用したヘッドランプ「Carbi」


新しい標準になりそうなGoProのマウントを採用した新しいヘッドランプ。角度調整も容易なら、数多くあるアタッチメントが使用できます。GoPro三脚を使えばキャンプ時にはランタンとして照らしたい所を照らせるスグレモノ。

そういえばGoPro8が発表されました。


posted by morikatu at 00:04| 東京 ☁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

ヘッドランプ PETZL:ティカ 200ルーメン


PETZL:ティカを動画で紹介しました。PETZLのあれこれも紹介。
200ルーメンのティカ(オフィシャルを見ると300ルーメンが出てました。多分ルーメンアップしただけ)使い勝手を重視した設計です。LED周りの白いパーツは蓄光で、ライトを消すと光ります。
1909_tikka3_.jpg
全体的にきれいに照らします。スポットが強すぎることもなく、弱すぎることもない。ワンボタンで誰でも操作できる。ロックモードが無いのが不満ですが、ロックしたのを忘れて「あれ!?」となる人が多いので、ケースに入れるか、電池を外せって事だと理解。
重さは80グラム程度で、別売りのUSB充電できるバッテリーも取付可能。

この動画の中で少しだけ登場します。

posted by morikatu at 19:46| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

マイルストーンの新型『MS-G2』チップオンボードLED採用で400ルーメン


マイルストーンの新型『MS-G2』を動画で紹介しました。
LED証明などで使われているチップオンボードを採用し非常にフラット。蛍光灯のような明かりです。キャンプだったらとても使いやすい灯だと思います。
1909_msgtwo_.jpg
四角いプレートが光源でチップオンボードと呼ぶらしい。
1909_msgtwo2_.jpg
赤LEDもあり、バッテリー残量は電源ボタンの色でわかります。緑→黄→赤。
下にマイクロUSBポートがあり、USB充電式。
重さはベルト込みで45グラムでした。
↓オフィシャルサイト
http://milestone81.com/5964
明るくコンパクトなヘッドランプを続々と発表しています。

posted by morikatu at 08:53| 東京 ☁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

mont-bell:クラッシャーランタンシェード Lサイズ

1906_Krush_.jpg
フラッシュラントを新調したのでクラッシャーランタンシェード Lサイズを購入してみました。上に反射板が入り、一応それなりに考えられたランタンシェードです。ゴミ袋でも良いのですがやっぱり見た目が良くない。上にヒモがあり吊り下げられたら便利そうなので今度縫い付けてみます。重さは8グラム。
動画はこちら
posted by morikatu at 09:14| 東京 ☁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

マイルストーンの新作:超小型でUSB充電式ヘッドランプ MS-G1

これも宗像GRIPSのイベントで評判が良かったモノ。超小型でUSB充電式のヘッドランプ。クリップでショルダーなどに止めることもできる。
1904_msgoe_.jpg
重さは本体質量24g。
最大が300ルーメンで2時間。最低が15ルーメンで18時間。無段階調整も可能。
本体の下にマイクロUSBポートがあり、ココで充電ができる。
1904_msgoe2_.jpg
便利なのが縦にも横にもできるクリップを取り付けることができる。
1904_msgoe3_.jpg
イベント参加者はバックパックに取り付けていました。
普通のヘッドランプで付けられるモデルは多いですが、大きすぎて邪魔だったりしますが、これは小さいので付けていても違和感がないのが良かった。
↓オフィシャルの商品詳細ページ
http://milestone81.com/5691

sotosotodays.gif   PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 08:56| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

【登山道具】ヘッドランプを選ぶ【ルーメン】

15年以上使っているヘッドランプを中心に、種類が多くて複雑なヘッドランプの選び方を動画で紹介してみました。

大切なのは【操作が簡単・壊れない・明るさが一定】。ルーメンの大きさばかりに目が行ってしまいますが、ルーメンが大きいがバッテリーが小さいとどうしても明るさが下がって行ってしまう。電子回路で上げると、突然つかなくなる物もありますので注意が必要。
僕の場合は、ギリギリの明るさ30ルーメンくらいで使用し、分岐や危険箇所だけブーストやハンドライトを使用しています。グループ登山ですと100ルーメンもあればとても明るい。ケイビングでライトは切る癖(電池の温存)があるので、グループ登山で明るい時は消してます。

sotosotodays.gif    1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 09:29| 東京 ☁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

ペツルの洞窟探検用ヘッドライトDuoがうん十年ぶりにメジャーアップデート。


面白いのが「フェイス・トゥ・フェイス機能j」で顔と顔を見合わせると光量が落ちる仕組み。チーム内で目眩まししなくてすむ。泥だらけのグローブでも確実にモードチェンジできるダイヤル式モード切替や、レンズを守るようなボディの張り出しなどさすがペツルって感じ。
ペツルは洞窟探検家フェルナンド・ペッツルが探検するために道具を作りはじめたのが会社のはじまり。洞窟探検ギアが豊富です。

関連記事
2004年製のPETZL:DUO LED5を使ってました。
メットは今でもPETZL:Ecrin Rock(エクランロック)
好きなバッグは洞窟探検用のPETZL:ポルタージュ(30リットル)

1111sotoban.jpg   PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 08:48| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

milestoneのTRAIL MASTERが販売開始!

こちらも福岡GRIPSのサイト情報ですが、純国産のハイエンドヘッドランプ「TRAIL MASTER」が販売開始!
1808_ema2_.jpg
160ルーメンで7時間、80ルーメンで17時間も持ちます。
もちろんUSB充電式です。

1111sotoban.jpg   sotosotodays.gif
posted by morikatu at 15:22| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

純国産のヘッドランプ milestone トレイルマスターの動画


もうすぐ発売なのかな?純国産のヘッドランプ milestone トレイルマスターの動画が上がってました。フランスで現地のスタッフが作成したらしく、格好良い動画です。
↓詳細はオフィシャルにあり
http://milestone81.com/blog/5180

sotosotodays.gif    1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 06:44| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

本体を回すだけで明るさが変えられるLEDランタン:LUNARK CL1(MONORALのデザイナー作)

1803_LUNARK_.jpg
モーションセンサーで本体を回すだけで明るさを変えられるLEDランタンが登場しました。
アウトドア好きにはMONORALやNEUTRAL OUTDOORのデザイナーが
デザインしていると言ったほうがピンとくるかも?
1803_LUNARK2_.jpg
デザインはカップ型。実際にカップホルダーに収まるようです。
置くだけではなく、吊るすことも可能!
電源のオンオフとモード切替は中央のボタンで操作しますが
調光は本体を回すだけ!っと面白い仕組みです。
↓詳細は動画を

↓クラウドファウンディングで先行販売しています。
https://greenfunding.jp/lab/projects/2172
ちょっとおしゃれです。
monoral_bnnr_EFBD88.png   NT_w200.gif
↑MONORALの角南さんがデザインしています。
posted by morikatu at 20:38| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

良いヘッドランプは濡れても大丈夫


6年前に撮影した動画ですが、洞窟探検やっていると水の中を進むこともある。
安いメーカーなどは内部に水が入ると点かなくなったりするが、PETZLは大丈夫。
動画のように電池ボックスを開けて水を入れても大丈夫です。
不安なら実験するのが一番です。

ボクの時代は、ナショナルとPETZLが信頼が高く、使用者が多かった。
明るさも現代の基準で15ルーメンほど
明るすぎると電池消耗するので抑えてました。
ナイトハイクの時も15ルーメンほどの最低限の明るさで歩き
危険かもと察知した時にハンドライトで明るく全体を照らしています。


sotosotodays.gif    NT_w200.gif
posted by morikatu at 10:38| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

マイルストーンヘッドランプとPENDLETONのコラボ

マイルストーンヘッドランプとPENDLETONのコラボモデルが今日から発売!
1710_hlmg5_.jpg
オフィシャルを見ると税抜6500円。
A&Fの直営店でも扱うみたいです。


posted by morikatu at 09:06| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

milestoneの日本製ヘッドランプ(トレランなどのハイエンドモデル)

こちらも今日の展示会で見つけたマイルストーンから来年発売のモデル。
1709_milestoneran_.jpg
黒く角ばったハイエンドモデル。しかも日本製!
ヘッド部分はアルミ製。バッテリー部分は18650充電池を元に開発されているとの事でした。
ヘッドバンドはダイヤルで微調整して頭にフィットさせることができる。
デザインと日本製ってのが良いね!
↓まだ載っていませんがmilestoneのHP
http://milestone81.com
posted by morikatu at 15:21| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

「Olight:H2R NOVA」国内外でとても評判の良いヘッドランプで最高2000ルーメン

1708_olightnova_.jpg
海外でも国内でもとても評判の良いライト。
ヘッドバンドに磁石があり、ハンドライトとしてもヘッドランプとしても使えます。
性能はこんな感じ。ナチュラルホワイトバージョンを買ったので最高2000ルーメン
1708_olightnova2_.jpg
最高モードで火を起こしている動画もあり
一番使うモードは150ルーメンで10時間! ランタンとして使っても一晩持ちます。
27ルーメンで50時間も持つ。レンズも拡散タイプ、山で使いやすい。
1708_olightnova3_.jpg
ヘッドランプとして使う時はクリップを外してシリコンバンドで固定しますが、ヘッド部分の磁石が強力で、激しく動かないなら磁石の力だけで問題ないくらい張り付きます。
充電池と充電器が付属し、取り出さなくても充電器を本体に付けるだけで充電が可能です。
ボクはキャンプ時やザックの中を漁る時だけヘッドランプとして使うハンドライトとして使っています。
Olightの技術力とアイデアが良く分かるヘッドランプです。
↓動画を撮影。

関連記事
Olight:S2バトン
Olightは5本くらい持ってますが、故障が無いのも良い。

posted by morikatu at 08:43| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

PETZLの来年の新作「BINDI」は軽量35グラム。USB充電式

PETZLの来年の新作「BINDI」
1707_dPETZLd_.jpg
200ルーメンでUSB充電式。重さは35グラム。
首にかけても使えるようです。
本体を180度回してハードロック機構も良い。
動画
posted by morikatu at 09:19| 東京 🌁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

Petzlのノクティライト(ケース)が発売開始


Petzlのノクティライトが発売開始されてます。
ヘッドランプケースがそのままランタンになる仕組みです。しかも吊るせる。
ヘッドランプは明るくなりすぎたのでこれからは遊び要素の進化が欲しい所。
ランタンはフラッシュライトに専用蓄光ディフェーザーを被せてます。

posted by morikatu at 09:19| 東京 ☁| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

マイルストーンの新作:MS-B1+(リチャージャブル ヘッドランプ)

1702_yamakei3_.jpg
マイルストーンのUSB充電可能なヘッドランプ。
最近、山に行くとみんな持ってるモバイルバッテリーから充電できるので
山に行く車内や、キャンプなら昼間や就寝中に、その場で充電が可能!
これで面倒なヘッドランプの電池管理とはおさらばです
しかも価格も抑えめの6,800円(+税)
1610_msbone2_.jpg
電池ボックスを開いても、電池は無くUSBしかありません。
空きスペースには、仕様を忘れないようにルーメンや使用可能時間などを書き込んでいます。
点けると常に100ルーメンのエコノミーモードで6時間。
個人的にはもうちょっと暗くて良いので8時間にしてほしかった。8時間ときくと安心できる。
最高で250ルーメン。赤LEDと白色LEDもあり。
サブボタンを押すと最初に赤LEDが点きます。
ただしサブボタンがメインボタンと同じ大きさなのでどっちか迷う。
実際に使ってみると
1712_aandfnaite2_.jpg
光り方は電球色で暖かく、ムラも少なくて全然問題なし。
気になる点は、ベルトパーツがイマイチ。
もうちょっと暗めカラーだったら個人的には良かった。
レンズが前に出ているので傷つきやすい点。
それ以外は、充電式でこの価格で電球色でまずまず。
↓オフィシャルサイト。パソコン接続でも充電できます。
1610_msbone4_.jpg

posted by morikatu at 00:07| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

UCOの木のヘッドランプ


UCOの木のプレートを埋め込んだヘッドランプ。
ダイヤルでヘッドバンドを調整するタイプもあり。
光量をベゼルで調整するシステムもユニーク。
posted by morikatu at 07:29| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

milestoneのUSB充電式ヘッドランプMS-B+ 10月発売予定

AkimamaにUSB充電式ヘッドランプを紹介したばかりですが
日本のマイルストーンから10月にUSB充電式のヘッドランプが発売されるようです。
1609_msbone_.jpg
人気のMS-B1(オレンジ色)の充電式バージョン。
最大の特徴は、、、6800円と安い!
価格にこだわったとの事でした。
1609_msbone2_.jpg
マイクロUSB端子でモバイルバッテリーからも充電可能!
もちろん赤色LED付きです。
↓オフィシャルの説明ページ
http://milestone81.com/2308

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 10:55| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

充電式の簡易ヘッドランプ NITECORE:T360(45ルーメン)

1608_nitecorenew_.jpg
キーライトNITECORE:TUBEが便利だったのでこのヘッドランプを購入!
最高45ルーメンで45分。15ルーメンだと1時間45分。
これだけだと厳しいですが、ハンドライトなどと組み合わせると、日帰りなら十分そう。
1608_nitecorenew2_.jpg
ヘッドバンドも付属していますが、特徴はこのグリグリ回るコネクターとクリップ。
ベルトやキャップ、シャツなど好きな所に取り付けられる。
バックパックのショルダーに付けるといつでもどこでもライトが使えます。
1608_nitecorenew3_.jpg
今晩から山に行くので使ってきます。
最近のライトは、強烈に明るくて安い…。

posted by morikatu at 08:37| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg