2021年09月25日

アマゾンで2,600円。栓抜き付きミニナイフ『Kershaw シャッフル』


嫌いじゃないKershawの安物で小さなミニナイフを紹介しました。全長で5.75インチ。ブレードの長さは2.4インチの手のひらサイズのナイフ。
1908_shuffle3_.jpg
最大の特徴は後ろの栓抜きとフラットヘッドですが、残念ながらなかなか栓が抜けない!
1908_shuffle_.jpg
動画でも紹介していますが、同じKershawの千円以下のシンダーの方が抜きやすいくらい。
1908_shuffle5_.jpg
このshuffleにビットドライバー機能がついた「shuffle DIY」もなかなか便利です。家ではDIYばかり使っています。
関連記事
Kershaw シンダー
【2019年度版】五千円以下のおすすめフォールディングナイフ5選

↓アマゾンに安くて良いナイフもチラホラ。
posted by morikatu at 08:29| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

Kershawの2020新作のミニミニナイフ【アフターエフェクト】57グラム

2109_AfterEffects_.jpg
カーショウの2020の新作【アフターエフェクト】を紹介しました。デザイナーはデンマークのJens Anso。全長で4.75インチのミニミニナイフ。どれくらい小さいかオピネルNo8と比較。
2004_AFTEREFFECT2_.jpg
オピネルNo8のハンドルくらいの大きさです。手のひらに乗せると
2109_AfterEffects2_.jpg
ブレード鋼材は8Cr13MoVステンレス。GFNハンドルでライナーロック式。
2109_AfterEffects3_.jpg
とても小さく邪魔にならないので、散歩程度のウラヤマハイクの時に念の為用で意外と持っていってます。デザインが好き。
↓シェフィールドで税込み3.600円程度です。
http://sheffield.rgr.jp/kershaw/1180_after_effect.html
↓動画では他のミニナイフと比較してみました。


1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 00:08| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

Spyderco:Pingoはジャスパー・ボックスネスとジャン・アンゾのコラボナイフ

2109_pingo_.jpg
Pingoはデンマークのジャスパー・ボックスネスとジャン・アンゾのコラボナイフ。スパイダルコはアメリカで、工場はイタリアのワールドワイドなナイフです。実際に世界中で法律に触れない様にデザインされたナイフで小さくスリップジョイントで先端も丸まってます。
2109_pingo2_.jpg
スパイディーホールはありますが、両手で開けるナイフ。この穴にタイラップを付けて片手で開くようにカスタマイズもあり。ブレード鋼材はN690Co。Overall Length5.80" (147mm)でBlade Length2.35" (60mm)。
2109_pingo3_.jpg
デザインは素敵なんですが、ハンドルの発色がいまいち。とても安っぽいオレンジ色です。最初の刃付けもいまいちでした。現在は多分ディスコン。
2109_pingo4_.jpg
Spydercoの同じくらいのサイズ。左からドラゴンフライ・テクノ・ピンゴ・リルネイティブ。
↓ジャスパー・ボックスネスとジャン・アンゾの開発秘話。

ジャスパー・ボックスネスはCRKT:ピラーのデザイナー。
ジャン・アンゾはKershaw:アフターエフェクト

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 08:56| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

Spyderco:Delica4(DLT EXCLUSIVE)

2109_delca_.jpg
スパイダルコの世界的定番で日本製のデリカ4。日本的なちょこっとナイフでコンパクトで薄く軽量です。この状態で重さを測ると64.5グラムでした。DLTのデータでは
Blade Length: 2.9" (74mm)
Blade Thickness: .098" (2mm)
Overall Length: 7.15" (182mm)
Handle Material: FRN
2109_delca2_.jpg
ハンドルはzomeで黒と赤。どちらかというと小豆色。ポケットクリップはディープ型に変更しました。
2109_delca3_.jpg
ハンドルカラーもですが、ブレード鋼材が20CV。DLT EXCLUSIVEです。ブレード先端が少しドロップしているのが日本的でとても使いやすいポイントだったりします。センターロックで開閉に手間がかかってしまいますが、そんなに急ぐことは無いですし、薄くて軽くてやっぱり定番って感じです。雑用に強いタフなナイフではありませんが、とりあえずって時にやっぱり便利なフォルダーです。
↓DLTのデリカ
https://www.dlttrading.com/spyderco-delica

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 12:11| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

Kershaw☓EmersonのCQC-5K(1年目)

2109_ema5k_.jpg
ちょうど1年前にアマゾンで2780円で販売しているのを見つけて購入したKershaw☓EmersonのCQC-5K。Kershaw☓Emersonにしては珍しいライナーロック式です。
2109_ema5k3_.jpg
ライナーロックもまだ生きてます。残念ポイントがハンドルが分厚い。両面ステンライナーとG10ハンドルのサンドイッチで小さなナイフなのにハンドルがかなり厚くアンバランス。
2109_ema5k2_.jpg
気に入っているポイントはブレード形状です。薄く程よいサイズで形状も良い。ダンボール解体用に使っています。
2109_ema5k4_.jpg
ポケットクリップもEmersonスカルが入っています。
↓現在は売り切れ。※こないだ再入荷していました。本物は2万円。

posted by morikatu at 08:29| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月22日

Demkoナイフのシャークロックを搭載した【AD20.5】

2108_AD2005AD_.jpg
Demkoの新作【AD20.5】を手に入れることができました。シャークロックを搭載したモデルです。簡単に説明するとBenchmadeのトライアドロックの引く所が上にあり、プレート状のロックパーツがハマる仕組み。ブレード鋼材はAUS10A、他のナイフを持ってますが若干錆びやすい印象です。どうなることやら。
2108_AD2005AD3_.jpg
持ってわかることがかなり薄い。薄すぎるナイフCOLD STEEL エアライトと変わらないような薄さです。ステンライナーが入っているので少しだけ【AD20.5】の厚いくらい。
2108_AD2005AD2_.jpg
ブレード形状からサイズやポケットクリップまですべてが好み。
SPECS:
Overall Length: 7.65" (194mm)
Closed Length: 4.48" (114mm)
Blade Length: 3.17" (81mm)
Cutting Edge Length: 3" (76mm)
Blade Thickness: .125" (3mm)
Handle Material: Grivory
2108_AD2005AD4_.jpg
シャークロック自体はかなり動作が軽快で使いやすい。ただ、慣れの問題ですが上の突起がフリッパーに思えて弾きそうになることが多々あり。今年、注目していただけのことはあるナイフでした。大満足。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 07:27| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月10日

スパイダルコを一本だけに絞るなら迷わず『SHAMAN』

2108_SHAMAN_.jpg
Spydercoにしては珍しいハードユーズナイフでブレードが厚く乱暴に使えます。乱暴に使う目的でフルセレーションを選びました。今の時期は、裏山のベンチが雑草で覆われているので、座る場所をこれで草刈りしてます。
2108_SHAMAN2_.jpg
上がパラ3。Overall Length: 8.25インチ。Cutting Edge Length: 3.12インチと切る部分は短いです。
2108_SHAMAN3_.jpg
ハンドルはかなり丸みを帯びていて握りやすい。G10ハンドルです。カスタムハンドルで良いのを探している最中。
2108_SHAMAN4_.jpg
ポケットクリップはやっとディープ型に変更できました。
↓シェフィールドでも販売中
http://sheffield.rgr.jp/spyderco/index.html
↓動画でも説明しています。


2011_PAAGObaner.gif   bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 13:26| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月08日

Spyderco:Para3のハンドルとクリップを変更

2108_para3_.jpg
ハンドルをマイカルタ、クリップをMXG Gearに変更したので撮影してきました。もはや定番のPara3です。クリップサイドはこんな感じ。
2108_para32_.jpg
3インチブレードにフィンガーチョイル付きでブレードは短いですが、ハンドルが大きくて握りやすいのが特徴。幅広のフルフラットグラインドでかなり先端が鋭利です。ブレード形状もクリップポイント。あまり無理すると折れるので机の上でちょくちょく使っています。
2108_para33_.jpg
MXG Gearのポケットクリップが欲しかったのでまとめて購入。シャーマンもクリップ変更しました。
↓ノーマルのPara3はこんな感じ


bnr_top_001.jpg   2011_PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 16:38| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月04日

Spydercoにしては低価格『テネイシャス L.W.』

2107_tenei_.jpg
Spydercoにしては低価格で人気モデル『テネイシャス』のFRNハンドルモデル。オリジナルのG10素材モデルより軽量ということでライトウェイトの名前が入っています。
2107_tenei3_.jpg
中抜きされていますが、ステンレスのしっかりとしたライナーが入っているので結構重めです。
2107_tenei2_.jpg
中国製で50ドルを切る低価格。日本のシェフィールドでも6千円ほどでした。
http://sheffield.rgr.jp/spyderco/index.html

今日は散歩に行って近くのベンチ周辺の雑草払いに使ってきました。

posted by morikatu at 16:46| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

あなたに合うのはどのタイプ? ナイフ選びのマイルール【低山小道具&技術研究所 vol.4】

↓ブラボーマウンテンにマイルールを紹介しました。
2106_Bravom4_.jpg
なぜフォールディングナイフなのか?
なぜ小さいものばかりなのか?
の理由を説明しているつもり。
実際の山なら小さなナイフとのこぎりがあればどうにかなる。
↓こんなキーツール系でも植生や火(酸化現象)を理解すれば火は起こせます。

キャンプ場の方がシビアです。地面も硬いし。

1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 09:54| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月04日

COLD STEELの一番人気フォールディングナイフ『RECON1』


記憶ではCOLD STEEL社の一番人気はこのリーコン1。ブレード形状は数種類ありますがこれは定番のタントー。4インチブレードの大型フォールディングナイフです。購入は閉店してしまいましたが渋谷駅から数分のエッヂだったのは遠い思い出。

コールドスチール リーコン1 タント https://amzn.to/3fLVLGu
↓高知県のナイフ屋 シェフィールドのCOLD STEEL
http://sheffield.rgr.jp/coldsteel/index.html

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 20:25| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月03日

あなたに合うのはどのタイプ? 定番アウトドアナイフ7選

↓ブラボーマウンテンで定番ナイフ7つを紹介しました。
2106_burabm_.jpg
定番なので新定番のモーラナイフや海外だと定番のグリップテリアンも含めて、オピネル・ビクトリノックス・レザーマン・デリカ・フルタングナイフなど、一般的な内容です。少しこだわったのが、一般的な道具に置き換えて紹介しています。どうしても日本だとナイフは神聖な物って考えますが、ただの道具です。
コレは前半で、後半は自分なりの選び方を紹介する予定。いつもの小さいナイフです。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 09:52| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

替刃式のフォールディングナイフ『アウトドアエッジのRAZORLITE EDC』

2105_razoredc_.jpg
海外では人気の替刃式のナイフ。こちらはロックバックのフォールディングナイフ。メーカーは以前カトラリーを紹介したアウトドアエッジ社で、こちらはマクアケでクラウドファウンディング中の商品です。
2105_razoredc2_.jpg
ピボット近くのボタンを押すとブレードが取り外せます。ブレードは420J2鋼材。オルファワークスと同じ。厚みは0.8mmでカミソリのような切れ味です。
2105_razoredc4_.jpg
海外だとハンティングラインで替刃式ナイフが発売されています。たとえばコールドスチールのCLICK N CUT。こちらはGERBERのRANDY NEWBERG EBS。どちらもハンティング向けでフィックスでガッドフックやセレーションなどにナイフ形状を変えられます。このRAZORLITE EDCはハンティングはもちろん、薄く鋭いのでカッターのように扱うことができます。例えば袋を開けたり、荷物のテープを切ったり、ダンボールを解体したりするのに便利なナイフ。
2105_razoredc3_.jpg
面白いのがポケットクリップが手と干渉しないように一段下げられて取り付けられています。
↓マクアケではもう500%以上集まっています。
posted by morikatu at 19:36| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

日本のキリダシ刃物形状の『COLD STEEL KIRIDASHI』


日本の切り出しナイフ形状のコールドスティール社の『KIRIDASHI』。刃は両刃でコントロールしやすいナイフです。やっぱり工作に最適です。
2105_kiridashi2_.jpg
比較対象はオルファワークス。ブレード形状はそっくりです。長さもほぼ同じですが、ブレードの厚みがこちらは2.7mm。ロックはトライアドロックです。
2105_kiridashi_.jpg
慣れないとロック解除が難しいですが、とても堅牢なロックです。ただライナーは無く樹脂でブレードを挟んでいるだけなので、こじるような使い方には不向き。その代わり67グラムととても軽量です。ちなみオピネル8番が47グラムでした。
2105_kiridashi3_.jpg
工作用のカッターとしてや、アウトドアでも使いやすいフォールディングナイフです。
価格もシェフィールドで4千円ほど。
http://sheffield.rgr.jp/coldsteel/20KPL_kiridashi.html

2011_PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 19:19| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

ビーパルで発見したフェデカの新作『ヤマ飯ナイフ』

↓ビーパルで発見したフェデカの新作です。
2105_bepalknives_.jpg
なかなかきれいなデザインで、ブレードの2.7インチくらいらしい。ちょうど人差し指サイズ。すごく好みのサイズ感。この上がったブレード形状は料理に向いてます。※詳細は画像クリック。
手持ちだとSpydercoのスパイディーシェフやKershawのリバーブXLが近い。
↓こちらはナイフニュースで見つけたベステックの新作
2105_bepalknives2_.jpg
こちらは2.4インチ。ベステックはかなり好みにミニナイフを数多く発売しています。

NT_w200.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 09:03| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

『SRM 7228』価格破壊ナイフ。ブレード鋼材はD2、ハンドルはG10、そしてクロスバーロック。【sanrenmu】


3インチブレードに全長6.5インチと一番好きな大きさで、ブレード鋼材はD2、ハンドルはG10、そしてクロスバーロックとフル装備なんですが、さすが中国のサンレンム、高知県のシェフィールドでも5千円台。恐ろしい時代になりました。
サンレンムは2014年頃Poor Man's Sebenzaとして有名になったナイフブランドです。素材も仕上げも良く、しかも特許が切れたらしいクロスバーロック搭載でカラー展開もあります。ポケットクリップは工具無しで左右どちらにも付け替えが可能。

↓あっという間に売り切れ?ましたが、シェフィールドで購入しました。
http://sheffield.rgr.jp/srm/index.html
取り扱いナイフが好みで、僕が紹介しているナイフの取り扱いは結構あります。昔はエッジ派だったのですが閉店してしまい最近ちょくちょく使っています。

KershawやCRKTの元気がなく、このSRMやCJRB、クビー、ベステック、シビビなど新興メーカーが勢いづいてます。ただ個人的にはキレイ目のEDCナイフが多め。もう少しラフなモデルが出ないかと日々チェック中。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 10:39| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

1580円のフルタングネックナイフ。3mmブレード。


同社のフォールディングナイフを紹介を見てくれたようで、ネックナイフを送ってくださったので、簡単ですが紹介します。手のひらサイズでフルタングネックナイフ。シース込みで85グラムと軽量です。
↓コチラが以前紹介したDURATECH フォールディングナイフ



posted by morikatu at 09:37| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

低価格ながら機能が詰まったクランプ式シャープナーの新作紹介。


ワークシャープ社の新型『プレシジョン アジャスト シャープナー』を紹介しました。クランプ式で日本ではランスキーが有名。海外だと様々なクランプ式がありますがどれも高価でした。コレは50ドルを切る価格設定です。
↓オフィシャル
https://www.worksharptools.com/shop/sharpeners/manual/precision-adjust-knife-sharpener/
関連動画
1500円ほどのコンパクトなナイフシャープナー『ランスキーのブレードメディック』

タブレットスタンドを利用したナイフシャープニング


sotosotodays.gif    monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 21:00| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

BUCKナイフから2インチのミニナイフ『417 Budgie』

2102_buck_.jpg
BUCKナイフからブレードレングス2インチのミニナイフ『417 Budgie』が発売される模様です。ブレード鋼材はS35VN。片面G10のフレームロック。ティップアップキャリークリップです。Made in U.S.A.

時代は小さなナイフです。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 09:28| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

LTライトのデイリーキャリーナイフ


とても小さなLT Wright Daily Carryを紹介しました。ESEE イズーラサイズです。DLTのLT Wright販売ページ
https://www.dlttrading.com/lt-wright-knives

Stanley キャンプクックセット 0.71L https://amzn.to/3lzwgJJ
ソロストーブ ライト https://amzn.to/2WGDdhL
『Newサプリカ』超スリムボトル  https://amzn.to/3cLz1Uv

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 07:35| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg