2021年01月14日

2020年に良く使ったナイフ5選(CRKT・SPYDERCO・Benchmade・Rick Hinderer)


2020年に結局一番良く使ったナイフを紹介しました。
山に出かける時に何も考えずに選ぶナイフは大体このあたり。ハイキング時の雑な使用に適したナイフです。ほぼ雑草カット・袋開け・地面ならし・たまに紐カット。
↓フォールディングナイフの再生リスト
https://www.youtube.com/watch?v=9apYlZfdyV4&list=PLfCqofsgiK5eWDVLMsHKylosl_hi4iSvG

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 21:15| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

1,980円のスイステックのマルチツールナイフ【LEATHERMAN T2と比較】


1,980円のスイステックのマルチツールナイフを紹介しました。LEATHERMAN FreeT2(6,490円)と同じような構成です。ツールも取り出しやすくシンプル。ただしバックスペーサーがステンレスで若干重めです。その代わり価格が三分の一以下。


posted by morikatu at 15:56| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

売られたCOLD STEELの新しいオーナーへのインタビュー

突然発表されたCOLD STEELの身売り。
新しいオーナー企業GSM Outdoorsのプロダクトマネージャーのインタビューがナイフニュースに載っていました。
New Cold Steel Owners GSM Outdoors Talk Acquisition, Future
社長だったリン・トンプソンは残るっぽい。アンドリュー・デムコも関わっていくみたいです。ただし槍とか尖りすぎた武器っぽいのは考えていくみたいです。
↓ロゴも新しくなりました。
2012_COLDSTEEL_.jpg
posted by morikatu at 10:35| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

ナイフセンターのBest New Knives of 2020: Most Popular Bestsellers


全体的に小型化しています。
中国ナイフが少し値段が上がり、工作精度やデザインが大幅に向上。
↓テキストはKnifeNewsにあり。ベストフォルダーはミニオズボーン。
2012_rKnifeNews_.jpg

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 08:04| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

Marttiini(マルティーニ)のフルタングナイフ『TUNDRA CB Full Tang 3.5』

2012_tundora.jpg
チルアウトイベントで見つけたのがこのMarttiini(マルティーニ)のフルタングナイフ『TUNDRA CB Full Tang 3.5』。3.5mmのフルタングナイフ。鋼材は不明ですが、先端だけちょろっとスカンジグラインドのかなり丈夫そうなナイフでした。
2012_tundora2.jpg
カーリーバーチハンドルでかなり人気アイテムとのこと。
ドロップポイントでハンドルも四角く、見た目はもろに北欧ナイフですが、アメリカ的な雰囲気もあるナイフでした。
↓北海道のガイドが代理店を務めているようです。
https://www.marttiini.jp
2012_tundora3.jpg

sotosotodays.gif   1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 07:47| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

日本で人気のKabar Knives Dozier D2 Folding Hunter


ケーバーのボブ・ドージアデザインのフォールディングハンター。新しくD2鋼材を使ったモデルが販売されたので購入してみました。全体的にとても素直な昔ながらのナイフです。
2011_dozia_.jpg

posted by morikatu at 19:40| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

『ナイフカタログ2021』が発売されました。

2011_naifkata_.jpg
『ナイフカタログ2021』が発売されました。いつもの雑な使い方で少し出ています。私のユーチューブ動画がナイフ業界で話題になっているとの事。え!っと思ったのですが、肯定的な意見ばかりとのことで一安心。日本のナイフシーンは狩猟とコレクションが中心で、EDC的なプライバーのようにこじったり、ちょこっとナイフ文化が無いんですよね。
2011_naifkata2_.jpg
フォールディングナイフも頑張っていてBenchmadeは8ページありました。SPYDERCO・CRKT・COLD STEELなども載っています。以前から気になっているエムカスタ(のこぎりのシルキーと同じ会社)のPETITが少し気になった。全体的な形はかなり好み。※新商品なのかWebにはまだ載っていませんでした。

posted by morikatu at 11:43| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

ビクトリノックスの新商品!折り畳める包丁が発売です。

20101_vicveg_.jpg
突然VICTORINOXが発売してきたのが折り畳める包丁。みんなが欲しいやつじゃないかな?。今の所は先が丸まったベジタブルナイフのみで直刃と波刃の2種類があります。カラー展開は6種類。サイズはペティナイフサイズです。
20101_vicveg2_.jpg
ライナーロック式ですが、一般的なフォールディングナイフとは逆のVICTORINOX式。根本でロック解除しないとギロチンになるので要注意!ブレードの厚みは1.2mmで今までペティナイフと同じ切れ味です。
20101_vicveg3_.jpg
セレーションも日本人には使いやすい右側にあるので使いやすいと思います。SpydercoのZ-Cutは使いやすいんですが、セレーションの向きが日本人の感覚では逆に付いています。
2001_zcut_.jpg
ブレード鋼材はいつもの柔らかい素材だと思います。Z-Cutはかなり良い鋼材BDN1。台所で活躍中。
↓動画でも紹介しました。


posted by morikatu at 20:48| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

Rick Hindererの小型でブレードの厚いナイフ『ハーフトラック』


Rick Hindererの小さいですがブレードの厚みが4mmもあるチャンキーなフォールディングナイフ『Half Track』を紹介しました。鋼材はCPM 20CV。チタンハンドルでG10のオンレイ。名前の通りとても小さくてもごついナイフです。

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 14:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

真っ黒のVICTORINOX レンジャーグリップ55が出る模様

2010_rangergrip_.jpg
真っ黒のVICTORINOX レンジャーグリップ55が出る模様です。黒はスパルタンPSと同じなのかな?説明文を見る限りではわからず。スパルタンPSの黒は他の黒とは違っていて電気的に色を付けているような感じです。真っ黒と言うよりも光の加減で黒に見えたりシルバーに見えたりする感じです。
2010_rangergrip2_.jpg
レンジャーウッド55を持っていますが、こちらは大型でペティナイフのように使えます。ワインオープナーや缶切り栓抜きも付いていますので、キャンプの時にあると便利なVICTORINOX。山には大きすぎて持っていかない感じです。
2010_rangergrip3_.jpg

2010_rangergrip4_.jpg
posted by morikatu at 09:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

VICTORINOXのフォールディングペティーナイフが新発売

DLTの新着を見ると並んでました。
2009_VICTORINOXfolder_.jpg
ライナーロック式のようです。波刃もありますが、今の所先端が丸いもののみ、山だとビニール開け作業が多いので、ノーマルタイプが出るまでちょっと待ちかな。

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 16:40| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

VICTORINOXのマイカルタハンドル(スケール)

2009_VICTORINOXmic_.jpg
DLTトレーディングのインスタグラムで発見。一番標準的な91mmのVICTORINOXの樹脂部分の交換パーツです。キャンパス素材を積層させて樹脂で固めたナチュラルな風合いが人気のキャンバスマイカルタ素材。ピンセットなども付けれるようになっています。ほしいけど40ドル。本体が買える価格。
posted by morikatu at 07:28| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

Pena Knives:X-Series Lanny's Clip Flipper 見た目はクラシカル。機能は最先端


テキサスのナイフデザイナーエンリケ・ペーニャのレイニーフリッパーを紹介。見た目はクリップポイントでいかにもナイフですが、フリッパーでチタン製。Xシリーズは中国のリアテ社が製造し、仕上げがとても丁寧です。
2009_lanny_.jpg
サテンとストーンウォッシュの2トーンフィニッシュ。先端がフラットであとはホローグラインド。いかにもクリップポイントでリカーブされています。繊細すぎてあまり出番が無いのがもったいない。
2009_lanny2_.jpg
とにかく仕上げがキレイです。バックスペーサーもチタン製でとてもキレイ。ハンドル材はマイカルタ。チタンのボルスターデザインで、たしかボールベアリングで動きがとてもなめらか〜。内部もしっかりと研磨されているのかな?。分解しようとも思わないくらい良い動き。
2009_lanny3_.jpg
ポケットクリップもチタン製でネジ類はブルーカラー。
Pena Knives:X-Seriesでフロントフリッパーモデルもあって、そちらもきれいなナイフです。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 18:56| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

Hinderer Knives:Half Track Slicer

2008_halftrack_.jpg
突然発売されたHalf Trackのスライサーグラインド。しかも好みのカラーだったので思わず注文してしまいました。Hindererは毎回カラーやフィニッシュがランダムで発売されるので欲しいのが出た時が買い。G10のジェイドカラーとチタンのブロンズとストーンウォッシュの組み合わせ。
2008_halftrack2_.jpg
ブレード鋼材はCPM 20CV。新しいジェネレーションで3WAYピボットにロックバーインサート付き。
2008_halftrack3_.jpg
この角度でこの部分がとても美しい。Half Trackは前輪がタイヤで後輪がキャタピラの装甲車?の事らしいです。小さいのにとてもごついフォールディングナイフです。
2008_halftrack5_.jpg
実はタントーバージョンも持っています。こちらは古いジェネレーション。ブレードがサテンとDLCの2トーンフィニッシュ。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 11:12| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

【定番ナイフ紹介】Rick Hinderer XM-18


ヤルって言ったので頑張って作りました。ハードユーズナイフと言えばXM-18。やっぱり美しい。美しすぎてガシガシと使えないのも事実です。カスタムパーツも高いですが各種販売されていますので好きなようにカスタムすることができます。
↓DLTのRick Hinderer
https://www.dlttrading.com/rick-hinderer-knives
↓GPKnivesのRick Hinderer
https://www.gpknives.com/brands/hinderer-knives-usa.html
ショップに入ってくるカラーリングが違うのでチェックが必要です。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 21:35| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

『CIVIVI Mini Bullmastiff』ミニクリーバーフォールディングナイフ


WEもカイザーもベステックも買ったことがなく、中国メーカーとして買ったのはガンゾくらい。初CIVIVIはMini Bullmastiffにしました。クリーバー(肉切り包丁)デザインのミニナイフで、想像と違ってかなり薄く、食材カットが得意そうなナイフ。雑用メインになるだろうと思い、一番目立つ青G10モデルを選びました。
2007_warkman2_.jpg
名前がミニ、ブレードレングスは3インチの人差し指くらい。センタリングも動きもバッチリ!。最近の中国メーカーの進化はすごすぎです。
価格は50ドルでした。
https://www.gpknives.com/brands/civivi-knives.html
次はWEのBenモデルかな。
posted by morikatu at 20:22| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

チタンハンドルの肥後守

ナイフショップバイタルを覗きに行くと、チタンハンドルでブレード鋼材が14Cの肥後守を発見しました。
2007_higonokami8_.jpg
買わないけど、気になるアイテムではある。画像を見る限りではブレードはフルフラットのサテン仕上げ。ピポットまで真似しなくて良かったのにって感じです。トルクスやヘックスで調整できたほうがやっぱり使いやすい。
前回はロゴスと肥後守がコラボしていたし、肥後守ブーム?

クラフトナイフもナイフショップバイタルにもチタン製のかっこいいのがありますが、CIVIVもMandateというかっこよいモデルを新発売。
2007_higonokami9_.jpg
クラフトナイフも地味に熱いです。
そういえばエッジのオンラインも閉店。もともと渋谷エッジで、渋谷エッジが閉店してからエッジオンラインとシェフィールドしか使っていなかったので、フォルダー好きには厳しい世の中になりました。

NT_w200.gif   sotosotodays.gif
posted by morikatu at 10:16| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

Kershawの栓抜きナイフ『PUB』


カーショウの栓抜きメインのナイフ『パブ』を紹介。デザイナーはDmitry Sinkevich。キーホルダータイプで外さないとナイフが使えない安全設計です。日本のシェフィールドでも1940円。あくまでもメインは栓抜きとキーホルダー機能。

動画の中で言ってるナイフはコレ!。素敵ナイフですが定価180ドルでショップでも150ドルもする。これ買うならSPYDERCOのマクビー買うなって感じです。
↓サマーセール中。
1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 20:21| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

最初の一本はド定番 Spyderco:Delica4(デリカ 日本製)

2007_delica_.jpg
最初の一本にどれが良いかと聞かれたら、まずはこのデリカを紹介しています。理由は、登山だとメイン用途に考えられる食材カットがやりやすい薄いブレードで、66グラムの軽さ。デリカを使って「もっと丈夫な物(ネイティブ)」「もっと使いやすい物(パラ3)」「もっと美しい物(シャパラル)」と考えを広げられるから。
2007_delica3_.jpg
ブレード鋼材は数種類がありますが、これは定番のVG-10を使ったフルフラットモデル。ブレード長は2.5インチくらい(男性人差し指標準が3インチ)。刃厚は2.5mm。先端が少しだけシープフットと使いやすさ重視の形状。ハンドルは薄いながら、ステンレスのライナーが入っています。手の小さいボクでも「ちょっと薄すぎかなぁ〜」と思うくらいコンパクトです。
2007_delica2_.jpg
ロックはセンターロック(ロックバック)、昔からあるロックシステムで、最近人気のPara3ではとても使いやすい新しいロックが採用されています。もちろんポケットクリップ付き。
このモデルは刃物の町関市で作っている日本製でアフターサービスもしっかりしていて、日本では最初の一本に最適なド定番モデルです。
2007_delica4_.jpg
定番過ぎて似たような大きさとデザインのナイフをこのくらい持っています。
ちなみに米ナイフニュースの2016年ポケットナイフの人気投票で4位
↓動画を撮影しました。



posted by morikatu at 11:21| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロゴスと肥後守のコラボナイフが発売!【ビーパル】

なんだかロゴスが肥後守をちゃんと作ったってよ。肥後守を作る日本唯一の工房となった「永尾かね駒製作所」製で、鋼材が「特別手作り鋳造」「青紙大」「青紙小」となんと「VG10」
2007_higonokami_.jpg
https://www.bepal.net/gear/knife/101861

「VG10」なので錆びないし、刃持ちも良い。SPYDERCOのデリカと同じ鋼材です。
肥後守は海外でもナイフ好きなら有名で【Higonokami】で通じます。

↓サマーセール中!!!
1810_aandftent_.jpg

posted by morikatu at 10:36| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg