2021年03月30日

1580円のフルタングネックナイフ。3mmブレード。


同社のフォールディングナイフを紹介を見てくれたようで、ネックナイフを送ってくださったので、簡単ですが紹介します。手のひらサイズでフルタングネックナイフ。シース込みで85グラムと軽量です。
↓コチラが以前紹介したDURATECH フォールディングナイフ



posted by morikatu at 09:37| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

低価格ながら機能が詰まったクランプ式シャープナーの新作紹介。


ワークシャープ社の新型『プレシジョン アジャスト シャープナー』を紹介しました。クランプ式で日本ではランスキーが有名。海外だと様々なクランプ式がありますがどれも高価でした。コレは50ドルを切る価格設定です。
↓オフィシャル
https://www.worksharptools.com/shop/sharpeners/manual/precision-adjust-knife-sharpener/
関連動画
1500円ほどのコンパクトなナイフシャープナー『ランスキーのブレードメディック』

タブレットスタンドを利用したナイフシャープニング


sotosotodays.gif    monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 21:00| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

BUCKナイフから2インチのミニナイフ『417 Budgie』

2102_buck_.jpg
BUCKナイフからブレードレングス2インチのミニナイフ『417 Budgie』が発売される模様です。ブレード鋼材はS35VN。片面G10のフレームロック。ティップアップキャリークリップです。Made in U.S.A.

時代は小さなナイフです。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 09:28| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

LTライトのデイリーキャリーナイフ


とても小さなLT Wright Daily Carryを紹介しました。ESEE イズーラサイズです。DLTのLT Wright販売ページ
https://www.dlttrading.com/lt-wright-knives

Stanley キャンプクックセット 0.71L https://amzn.to/3lzwgJJ
ソロストーブ ライト https://amzn.to/2WGDdhL
『Newサプリカ』超スリムボトル  https://amzn.to/3cLz1Uv

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 07:35| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

時代も変わりランボーナイフもドロップポイント


ランボーの最新作『ラストブラッド』のレプリカナイフが登場していました。形状もクリップポイントではなくドロップポイント。大きさは相変わらずです。80年代のアクション映画はオリジナルナイフがありました。もろにこの世代で、小学生の頃はランボーナイフとコマンドーナイフを持っていました。
最近だと『エクスペンダブルズ』でもオリジナルナイフが復活し、さすがスタローン分かってるなぁ〜と思いました。

1111sotoban.jpg   2011_PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 07:29| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

オルファからまさかのフルタングナイフが登場【SANGA】

↓オルファからアウトドアナイフが登場。
2102_orufa_.jpg
フルタング・蛤刃・スパイン尖ってる、と、今風です。
ただし、クリップ気味なブレード形状がいまいち。料理に振ってる感じはしますが、すると蛤刃が面倒じゃないかな。
ユニフレームのブッシュクラフトナイフのブレード形状は、どこかで見たような形ですがドロップしていて安心感がある。こちらはフルスカンジで丈夫で薪作りに全振り。【SANGA】はキャンプ場で杉薪を割りつつ、調理にも使えるようなイメージがします。
2102_orufa2_.jpg
実物を見ていないのでなんとも言えないけど、ブラストフィニッシュもどうなんだろうって感じがします。
ユニフレームはシースが安っぽいのでオルファのシースが気になる所。個人的にフィックスはシースもとても重要な要素です。安いですがモーラナイフはシースがよくできてます。
2021年4月28日(水)発売予定とのことです。実物を見るのが楽しみではあります。

オルファのクラフトナイフのレビュー動画

sotosotodays.gif    1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 07:40| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

やっと買えた!元Blade HQのベン・ピーターソンがデザインしたナイフ『We Knife Banter』


Blade HQ→CRKT→Blade HQ→We?のBen Petersonがデザインしたナイフ『Banter』が届いたので紹介しました。Benさんは明るい兄ちゃんが小さなナイフをカチャカチャやってナイフを紹介するスタイルで、YouTubeでのナイフ紹介を変えたような人物。ナイフというとやっぱり大型で男らしい感じが多かったんですよね。日本もフィックスで大型が多いですし。
↓Blade HQに戻ってきてからの動画

趣味がモロかぶりです。
話を戻してBanterはやっぱり3インチブレードのコンパクトナイフ。サイズはもろにBenchmade ミニグリップテリアンサイズです。
2102_banter4_.jpg
サイズ・デザインは申し分ないのですが、このサテンフィニッシュが磨き過ぎで指紋が気になる。ピポットの下も握れるのでミニグリップテリアンよりも握りやすい。握るとブレードが上に上がっているように感じます。
2102_banter_.jpg
ハイセイバーの軽いホローグラインドかと思ったらフラットグラインドらしい。ブレード鋼材はS35VN。What iiiiiis upguys?のロゴ入り。
2102_banter2_.jpg
Benさんのイメージイラストではクロスバーロックでしたが、残念ながらライナーロック式。Weなので仕方がない。少しだけロック解除し難いです。ロックの噛み込みも良い感じ。
2102_banter3_.jpg
ポケットクリップももちろん深型。
デザインとかどうでも良くて、使いやすさを重視したBen Petersonらしいコンパクトナイフだと思います。
↓Exclusiveも合わせて今まで発売されたカラー。
2102_banter5_.jpg

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 19:16| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

Rick Hinderer knivesを分解するだけのツール【Armorer Tool】

2101_RickHinderer_.jpg
ずっと欲しかったRick Hindererのナイフを分解するためのツールをようやく購入。今までは金属を自分で削ったオリジナルツールを使っていました。たまに滑って傷が入るのが気になっていました。ただのねじ回しですが、ちょっと高い。溜まっていたポイントでなんとか購入。
2101_RickHinderer2_.jpg
2つに分割でき中に六角が入ってます。ただのねじ回しですがとても格好いいです。さすが道具を大切にする文化はちょっと違う。
ツールつながりで気に入ってる精密ドライバーセットがコチラ
2101_RickHinderer3_.jpg
2750円ほどで57種類。プッシュすると飛び出し、ビット自体は強力マグネットでくっついてます。ビット素材もS2スチールで硬い感じが分かるほど。付属のハンドルは細くて力は入れにくいのでまた別のハンドルを使っています。
ナイフショップだとかっこいいハンドルだけが売ってたりします。
↓こんな感じ。
https://www.gpknives.com/categories/knife-accessories/knife-tool-kits.html
手のひらサイズの道具ならアウトドア道具に限らずなんでも好きです。


posted by morikatu at 23:10| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

ワークシャープの新作シャープナーが届く『Precision Adjust Sharpener』

2101_worksarpe_.jpg
早くも届きました。早速一本研いでみましたがとても簡単。ナイフを固定するのも簡単なら、研ぐ角度変更も簡単、ナイフをひっくり返すのも簡単です。ただし、ひっくり返す時は少し力が必要。
隣に置いているランスキーシャープナーと比べるとかなり進化しています。もうランスキーを使うことは無い。レビューであった“たわみ”も全く気にならず。一つ問題が置き場所。使わない時のロッドの置き場所が困る。

使ってみました。とても簡単です。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 17:24| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

ワークシャープの新しいナイフシャープナーが安いのに良く出来てる

2101_hotsin5_.jpg
海外だと50ドルほどで販売開始しているワークシャープの新作『Precision Adjust Sharpener』がなかなか良さそう。ランスキーと同じクランプ式シャープナーで、ナイフを挟む部分をひっくり返すことができる。ランスキーはココが面倒。また角度も自由自在にできそうです。ランスキーは微調整が難しい。
↓動画はこちら


1708_mountainproduct_.jpg   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 17:59| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

ビクトリノックスの今年のリミテッドカラーは『オレンジ』

2101_orenge_.jpg
海外では販売開始されていますが、今年のリミテッドカラーは『オレンジ』。今までと違いクラシック・ハンタープロ・パイオニアX。カディットが無い。
↓動画


sotosotodays.gif    1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 10:28| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

2020年に良く使ったナイフ5選(CRKT・SPYDERCO・Benchmade・Rick Hinderer)


2020年に結局一番良く使ったナイフを紹介しました。
山に出かける時に何も考えずに選ぶナイフは大体このあたり。ハイキング時の雑な使用に適したナイフです。ほぼ雑草カット・袋開け・地面ならし・たまに紐カット。
↓フォールディングナイフの再生リスト
https://www.youtube.com/watch?v=9apYlZfdyV4&list=PLfCqofsgiK5eWDVLMsHKylosl_hi4iSvG

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 21:15| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

売られたCOLD STEELの新しいオーナーへのインタビュー

突然発表されたCOLD STEELの身売り。
新しいオーナー企業GSM Outdoorsのプロダクトマネージャーのインタビューがナイフニュースに載っていました。
New Cold Steel Owners GSM Outdoors Talk Acquisition, Future
社長だったリン・トンプソンは残るっぽい。アンドリュー・デムコも関わっていくみたいです。ただし槍とか尖りすぎた武器っぽいのは考えていくみたいです。
↓ロゴも新しくなりました。
2012_COLDSTEEL_.jpg
posted by morikatu at 10:35| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

ナイフセンターのBest New Knives of 2020: Most Popular Bestsellers


全体的に小型化しています。
中国ナイフが少し値段が上がり、工作精度やデザインが大幅に向上。
↓テキストはKnifeNewsにあり。ベストフォルダーはミニオズボーン。
2012_rKnifeNews_.jpg

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 08:04| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

Marttiini(マルティーニ)のフルタングナイフ『TUNDRA CB Full Tang 3.5』

2012_tundora.jpg
チルアウトイベントで見つけたのがこのMarttiini(マルティーニ)のフルタングナイフ『TUNDRA CB Full Tang 3.5』。3.5mmのフルタングナイフ。鋼材は不明ですが、先端だけちょろっとスカンジグラインドのかなり丈夫そうなナイフでした。
2012_tundora2.jpg
カーリーバーチハンドルでかなり人気アイテムとのこと。
ドロップポイントでハンドルも四角く、見た目はもろに北欧ナイフですが、アメリカ的な雰囲気もあるナイフでした。
↓北海道のガイドが代理店を務めているようです。
https://www.marttiini.jp
2012_tundora3.jpg

sotosotodays.gif   1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 07:47| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

日本で人気のKabar Knives Dozier D2 Folding Hunter


ケーバーのボブ・ドージアデザインのフォールディングハンター。新しくD2鋼材を使ったモデルが販売されたので購入してみました。全体的にとても素直な昔ながらのナイフです。
2011_dozia_.jpg

posted by morikatu at 19:40| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

『ナイフカタログ2021』が発売されました。

2011_naifkata_.jpg
『ナイフカタログ2021』が発売されました。いつもの雑な使い方で少し出ています。私のユーチューブ動画がナイフ業界で話題になっているとの事。え!っと思ったのですが、肯定的な意見ばかりとのことで一安心。日本のナイフシーンは狩猟とコレクションが中心で、EDC的なプライバーのようにこじったり、ちょこっとナイフ文化が無いんですよね。
2011_naifkata2_.jpg
フォールディングナイフも頑張っていてBenchmadeは8ページありました。SPYDERCO・CRKT・COLD STEELなども載っています。以前から気になっているエムカスタ(のこぎりのシルキーと同じ会社)のPETITが少し気になった。全体的な形はかなり好み。※新商品なのかWebにはまだ載っていませんでした。

posted by morikatu at 11:43| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

ビクトリノックスの新商品!折り畳める包丁が発売です。

20101_vicveg_.jpg
突然VICTORINOXが発売してきたのが折り畳める包丁。みんなが欲しいやつじゃないかな?。今の所は先が丸まったベジタブルナイフのみで直刃と波刃の2種類があります。カラー展開は6種類。サイズはペティナイフサイズです。
20101_vicveg2_.jpg
ライナーロック式ですが、一般的なフォールディングナイフとは逆のVICTORINOX式。根本でロック解除しないとギロチンになるので要注意!ブレードの厚みは1.2mmで今までペティナイフと同じ切れ味です。
20101_vicveg3_.jpg
セレーションも日本人には使いやすい右側にあるので使いやすいと思います。SpydercoのZ-Cutは使いやすいんですが、セレーションの向きが日本人の感覚では逆に付いています。
2001_zcut_.jpg
ブレード鋼材はいつもの柔らかい素材だと思います。Z-Cutはかなり良い鋼材BDN1。台所で活躍中。
↓動画でも紹介しました。


posted by morikatu at 20:48| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

Rick Hindererの小型でブレードの厚いナイフ『ハーフトラック』


Rick Hindererの小さいですがブレードの厚みが4mmもあるチャンキーなフォールディングナイフ『Half Track』を紹介しました。鋼材はCPM 20CV。チタンハンドルでG10のオンレイ。名前の通りとても小さくてもごついナイフです。

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 14:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

真っ黒のVICTORINOX レンジャーグリップ55が出る模様

2010_rangergrip_.jpg
真っ黒のVICTORINOX レンジャーグリップ55が出る模様です。黒はスパルタンPSと同じなのかな?説明文を見る限りではわからず。スパルタンPSの黒は他の黒とは違っていて電気的に色を付けているような感じです。真っ黒と言うよりも光の加減で黒に見えたりシルバーに見えたりする感じです。
2010_rangergrip2_.jpg
レンジャーウッド55を持っていますが、こちらは大型でペティナイフのように使えます。ワインオープナーや缶切り栓抜きも付いていますので、キャンプの時にあると便利なVICTORINOX。山には大きすぎて持っていかない感じです。
2010_rangergrip3_.jpg

2010_rangergrip4_.jpg
posted by morikatu at 09:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg