2021年03月28日

サーモスが作る超スリムボトル。容量180mlで重さ101グラム。


サーモスの新作は容量180mlの超スリムボトルを動画で紹介しました。直径4.5cmで重さも実測101グラムと超軽量です。
2102_samos_.jpg
保温効力(6時間):59度で、朝入れて昼にはぬるま湯です。とてもスリムで隙間に収納できるので便利です。

サーモス ポケットマグ 180ml https://amzn.to/3lWSe9L
『Newサプリカ』超スリムボトル  https://amzn.to/3cLz1Uv

1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 10:33| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

チタン製のスキットル・フラスコ200ml

寒くなってくるとウイスキーの季節です。家では飲まないのに山では飲む。
2010_suki_.jpg
Boundless Voyageのチタン製ヒップフラスコです。容量は200mlで重さは70グラムほど(中身を入れているのでカタログ値)。正面は膨らんでいますが、背面はポケットに入れやすいように凹み気味です。
2010_suki2_.jpg
デザインも容量もなかなか可愛いやつです。容量は色々とありますが、デザインで200mlにして正解でした。

Boundless Voyage チタン製ヒップフラスコ 200ml

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 07:51| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

Befree浄水器と保冷ソフトボトルHydraPakウルトラフラスク ITの組み合わせ

2009_befreeUltrflask_.jpg
カタダインBeFreeはボトルが柔らかすぎると思っていた時にさかいやスポーツ店内を見ていて見つけたのがこのHydraPakウルトラフラスク IT。ほぼ同じなんですが、コチラは二重になっていて間にちょっとした断熱材が入っています。手の温度が伝わりにくくする程度。この断熱材が入っていることで多少硬くなっています。
2009_befreeUltrflask2_.jpg
ちょっと不安でしたがカタダインBeFreeとちょっとねじ切りは違いますが、水がもれないくらいしっかりとハマりました。どちらかと言うとハマりすぎるねじ切り。
2009_befreeUltrflask3_.jpg
こんな感じで細長いボトルホルダーにもスポット入れることができます。なかなか良い組み合わせ。
↓HydraPakウルトラフラスク ITはこんな製品です。
2009_befreeUltrflask4_.jpg

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 14:26| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

2020年夏に良く使った水筒を紹介しました。ハイドラパック・プラティパス・カタダイン・クリーンカンティーン・GSI


水筒マニアで2020年夏に良く使った水筒を紹介しました。
タンク部門はやっぱりハイドラパックとプラティパスのデュオロック。
すぐに取り出したい部門はこちらもカタダインBefree。散歩ハイキングの時はハイドラパックを使うことも多い。
保温保冷部門は、GSIのマイクロライト。やっぱり軽くて細いと収納できる場所が多くなり、なにげにKlean Kanteenよりも多く持ち出していました。無くなりそうなので持っていなかった1リットルサイズのダブルウォールとしてもう一つ追加購入したくらい。

↓ハイドラパック
https://www.mountain-products.com/hydrapak
Platypus デュオロック https://amzn.to/3bSH5lk
カタダイン BeFree https://amzn.to/2Eg1fZN
クリーンカンティーンTKワイド16oz473ml  https://amzn.to/2Freac3
GSI マイクロライト 500ml https://amzn.to/3bQliL2

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 17:51| 東京 ☔| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

水筒型浄水器カタダインBeFreeにクリップ付けたりキャップを取り替えたりカスタマイズと洗浄。


最近、気に入っている水筒型浄水器カタダインBeFreeにクリップ付けたりキャップを取り替えたりカスタマイズしました。キャップはペットボトルサイズです。口が広いのでひっくり返して洗え、乾燥もできます。ハイドラパックも中が洗いやすい水筒です。
カタダイン BeFree https://amzn.to/2Eg1fZN
チャムス ボトルクリップ https://amzn.to/3kPhXjg
↓ハイドラパック
https://www.mountain-products.com/hyd...
ソーヤーミニ浄水器 https://amzn.to/2D5asDr
MYSTERYRANCH BOP https://amzn.to/3iQKmVb
SEA TO SUMMIT ウルトラシルナノデイパック https://amzn.to/39vRqTa

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 17:04| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

【人気浄水器対決】ソーヤーミニとカタダインBeFree


バックパッキングで人気のコンパクト浄水器2つを紹介しました。コンパクトさならソーヤーミニ。浄水器を常用したいのならビーフリー。フィルターは同じ浄水能力ですが、面積の差なのかビーフリーの浄水スピードは早いです。

posted by morikatu at 05:21| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

ナルゲンサイズのチタン製ボトル『Keith チタンボトル900』


こちらもかなり気に入ってるチタンボトルです。軽くは無く、かなり肉厚なチタン水筒。直径はナルゲン1Lと同じですが、背が低いのが特徴でかなり使いやすい。キャップもかなり大型でとても使いやすい。

posted by morikatu at 20:44| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

Keithの新しい広口チタン水筒【900ml】口にねじ切りが無い。

2005_Keith800_.jpg
Keithの新しい広口チタン水筒【900ml】を購入しました。チタンで広口が珍しい。今までと違ってチタンが厚くそこそこの重量でした。太さはほぼナルゲン1リットルサイズ。容量も少ないのでデイパックに横向きに収まる。
1811_kithi2_.jpg
変わっているのが蓋で、厚手の柔らかいシリコンパッキンを押し付けてロックするだけ!
ねじ切りがなく、回すのもほんのちょっとで済む。
水を入れ真横にして一週間放置していますが今の所水漏れはなし。
パッキンがちょっと心配で、予備を入れてくれていたら良かったのに‥。
1811_natuyabu2_.jpg
サイズ感がかなり好み。

posted by morikatu at 12:27| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

YETI水筒のカスタマイズキャップ『チャグキャップ』と『ホットショットキャップ』


マニアックな道具ネタですが、正式にオンラインで販売され始めたYETIボトルのカスタマイズキャップを2種類紹介。冷たい飲み物は『チャグキャップ』。温かい飲み物は『ホットショットキャップ』と分けて使っています。
『チャグキャップ』は中央に小さな飲み口があるため、ドバっと水が出やすい。口部分も透明で涼しく、キャップもワンひねりで外れるため、夏の水分補給にピッタリです。『チャグキャップ』は昔からある中栓で出る量を調整できる魔法瓶タイプ。軽く蓋を置いてるだけで保温力があり、朝多めに珈琲やお茶を作り、のんびり飲むのに最適です。
↓アクセサリーコーナーで販売中。
2005_hills5_.jpg
posted by morikatu at 17:52| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイドラパック ストウボトルは中が洗いやすい事が判明!


散歩時に、コーヒやお茶を飲む時は魔法瓶と予備としてHydraPakストウボトル500mlを持っていってます。入口から指を入れて底はもちろん隅々まであらえます。写真だとわかりにくいので動画を撮影しました。プラティパス系はスミがやっぱり洗いにくい。
2005_stow2_.jpg
こちらは圧力をかけると水が飛び出すので手を洗ったり汚れを飛ばす時に便利だったりします。
↓こんな製品です。
2005_stow3_.jpg
posted by morikatu at 07:47| 東京 ☔| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

Platypus:2リットル用保冷ケース

1911_platypuscase2_.jpg
ソフト水筒が柔らかすぎて、なかなか収納がしずらい!。そんな時にこのモチヅキから販売されている保冷ケースを使っています。Corduraっぽいザラサラした質感でハイドレーションポケットにすっぽりと収納が可能です。
1911_platypuscase_.jpg
内側が銀の保冷材が入り、セブン-イレブンの1.1kg入りのロックアイスがすっぽり入る大きさ。水筒ケース以外にもスリムなクーラーバッグとしても使えます。冬は水の凍結防止としても効果あり。
1911_platypuscase3_.jpg
ソフト水筒を入れにくい時は何かと使うアイテムです。

posted by morikatu at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

カタダインのBeFree浄水器0.6リットル

1912_befree_.jpg
ソフトボトルと浄水器がセットになったBeFree浄水器。ちょこちょこ水を調達しながら歩けます。しかも浄水スピードが早い。
1912_sawa2_.jpg
0.1ミクロンの微細孔のホロファイバーフィルターで有害な微生物やバクテリアを除去する仕組み。ボトルを握るだけで濾過できるので楽です。
1912_befree3_.jpg
ちょっと前まで登山用の浄水システムはこんなに大きかったのに便利な世の中になってきました。写真は2012年。

posted by morikatu at 09:21| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

新し目のソフトボトル2選:HydraPakのストウボトルとplatypusのデュオロック


HydraPakのストウボトルとplatypusのデュオロックを紹介しました。
ストウボトルはシリコン系ハンドボトル。断面が楕円でplatypusに比べるとサイドポケットに収納しやすいです。スクリューロックで開閉も簡単で水漏れなし、小さいですがハンドル付き。デュオロックは簡単なキャップですが、コチラも水漏れなし。普通のplatypusに比べると口が広いのもポイントです。
↓今年のHydraPakは種類もカラーも豊富です。
1911_HydraPak_.jpg
posted by morikatu at 12:26| 東京 ☔| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

Platypus(プラティパス) のデュオロックソフトボトル

1911_platypusnew_.jpg
廃盤カラーでセールになっていて購入し使ってますが、なかなか使いやすい。ほぼ同じ構成のVapor:アンチボトルの対抗製品だと思われる。キャップはパチンと閉まる簡易構造。絶対に開かないように金属パーツで更に固定させます。もちろん水漏れ無し。
1911_platypusnew2_.jpg
ザックのハイドレーションポケットに入れて使っているので全然使ってませんが、フックもあり。
1911_platypusnew3_.jpg
悪くないボトルです。

1708_mountainproduct_.jpg  NT_w200.gif
posted by morikatu at 08:43| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

小さな魔法瓶は登山の移動中も休憩中も便利。


昨年購入した小さな魔法瓶が湯呑としても便利なことに、今頃気付きました。
移動中は白湯を飲み、休憩中はコーヒー用マグ。飲みきれなかったコーヒーも持って帰れます。冬にコーヒーを飲みすぎるとトイレに行きたくなるので、この魔法瓶でちょっとずつ飲んでいます。


posted by morikatu at 13:18| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

YETIボトルのストローキャップ

1909_yeticapt_.jpg
もう夏もおわりですが、このストローキャップが最高でした。問題点は分解して洗えない。
1909_yeticapt2_.jpg
手前を押すと飲み口が上がります。一応連結部分からの水漏れなどはしない構造。とっても飲みやすい。キャップ式だと液垂れやカフェキャップだと飲み口に残る問題がありますが、これだとほぼ無い。
1909_yeticapt4_.jpg
あと持ち手が標準キャップと同じくらいでかい!
この持ち手が使いやすすぎて、重いのに一番良く使っている水筒です。
1909_yeticapt3_.jpg
内部のストローは2本付属し、自分でカットして使う仕組み。
冷たい飲み物には使えますが、温かい飲み物はやっぱりカフェキャップ。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 13:58| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

2019年の新型クリーンカンティーンが販売開始!

1908_newkk_.jpg
クリーンカンティーンが全く新しくなって新発売。YETIの水筒みたいに内溝式になり、洗いやすくなっています。内径はYETIの方が太い。新しいカフェキャップはステンレスループが付いています。今まではただのキャップでアウトドアでは若干不便だった。
1908_newkk2_.jpg
今までクリーンカンティーンで販売されたキャップや商品の良いとこ取りのような商品。使ってみてカフェキャップのオープン・クローズが分かりにくいところがちょっと欠点くらい。

↓オンラインストアで買えます。
1908_newkk3_.jpg
posted by morikatu at 15:31| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

水筒やマグにハンドルを付けてジョッキにする『シアトルスポーツのマグイット』


ボクの好き系を購入し動画で紹介しました。
水筒やマグにゴムバンドでハンドルを巻きつけることができるアイデア商品。水筒以外にもハンドルを取り付けることができます。三脚や双眼鏡などいろいろなモノに試してみましたが、どれもシックリこない。今の所水筒がベスト‥。
↓A&Fで1200円ほどです。クリーンカンティーンの新型を買いに行くがまだ入荷していなかった。代わりにコレを購入。
https://www.aandfstore.com/shopdetail/000000014594/100110/page1/recommend/
posted by morikatu at 18:03| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

YETI保温保冷ボトルは洗いやすい水筒


YETIの洗いやすいランブラーボトルを紹介しました。
内径が6cm以上あり、手が入るくらい入り口が広く内部が洗いやすい。しかも一番洗うのが面倒なキャップのネジが表に出ているので普通にスポンジであらえます。
1908_YETIoz2_.jpg
キャップのループが広くてゴツいのも良い。三盆指が入り、普通に持って歩けます。
1908_YETIoz_.jpg
ただしYETI、とてもゴツくて重いです。
まだ、A&Fカントリー直営店のみの販売だと思います。違いましたっけ?
もうすぐクリーンカンティーンの新作も発売予定。
買いに行きましたが、まだ並んでなかった。
posted by morikatu at 21:24| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

クリーンカンティーンの保温保冷水筒がフルモデルチェンジ。機能てんこ盛り。

1907_newkk_.jpg
クリーンカンティーンの保温保冷水筒がフルモデルチェンジしました。7月下旬には店頭に並ぶようです。展示会で見てきましたが、今までの発売したモデルやパーツの良い箇所を一つに集めたようなクリーンカンティーンらしからぬ完成度の高いモデルでした。写真のシンプルなキャップには折り畳めるステンレスのループ付き。
1907_newkk2_.jpg
Yetiのように内側に蓋が入り込むタイプで口当たりが良く、どこからでも回し込めて洗いやすいボツボツのねじ込みシステム。
基本はカフェキャップで、こちらにも折り畳めるステンレスのループ付き。
1907_newkk3_.jpg
家にある無数のクリーンカンティーンはどうしよう‥。
↓オフィシャルページはできてます。
1907_newkk4_.jpg
↓旧型は30%OFFセール中
https://www.aandfstore.com/shopbrand/outletsm/
posted by morikatu at 10:25| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg