2017年10月06日

STANLEYのデカイ水筒のような保温マグ

1710_STANLEYmagdeka_.jpg
小田原のsotosotodaysで見つけたこのマグのデザインがGOOD!
590mlも入るし、どっしりしているので倒すこともない。
蓋は普通でした。
1710_STANLEYmagdeka2_.jpg
底にはすべり止め付きで、車のキャビネット用らしい。さすがアメリカ。
↓sotosotodaysに説明あり
https://item.rakuten.co.jp/m-outdoor/st02873/
posted by morikatu at 11:21| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

ナルゲンの蓋ピルケース「Pillid」

1709_narugepiru_.jpg
ワゴンセールになっていたので購入してみました。
ナルゲンの蓋の間に挟み込んで使うピルケース。仕切りは取り外せます。
サプリはマルチビタミンとフィッシュオイルを飲んでいるので仕込んでみます。

sotosotodays.gif    1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 00:48| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

GEAR HOLICボトルのニュータイプが発売!

↓伝説のGEAR HOLICボトルのニュータイプが発売されるみたいです。
1708_gearholic_.jpg
週末開催されるFUJI SPEEDWAY ACTIVE PARK CAMPで先行販売との事
元を持ってます。
こんなボトルでした。
1108eggleiika6.jpg
posted by morikatu at 07:56| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

HydroFlaskのキャップにもドリルで穴を開ける。

1707_kkcafecap_.jpg
Klean KanteenのカフェキャップにもHydroFlaskのキャップにもドリルで穴を開けました。
ストラップを付けると取り出しやすく、持ちやすくなります。
本体は両方共Klean Kanteen。
1707_kkcafecap2_.jpg


posted by morikatu at 18:09| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

クリーンカンティーン×ナルゲン×ハイドロフラスコ

1707_kknal_.jpg
本体はクリーンカンティーン シングルウォールの40oz(1182ml)
カバーはナルゲン。湯たんぽや焚き火に投入した時に良い。
キャップはハイドロフラスコのカフェキャップ。
このキャップは漏れないんだけど、ザックの中にしまうのは不安。
1707_kknal2_.jpg
カチッと閉まり、熱湯入れて逆さに振っても漏れませんでした。
飲み心地は良い。


posted by morikatu at 21:25| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

HydroFlask:Flip Cap(クリーンカンティーンに合います)

1706_hydroflip_.jpg
HydroFlaskのキャップがクリーンカンティーンに合うと教えてもらったので購入!
このカフェキャップはシンプルですが漏れません。
家で熱湯を入れたKlean Kanteenに付け、振ってみても全く漏れず!
仕組みも単純で洗いやすいキャップ。
Klean Kanteenのカフェキャップは漏れないが、パーツが多く洗うのが面倒。
↓ボクはドリルで穴を開け、ヒモを通してます。
クリーンカンティーンの新しいカフェキャップがなかなか良い!

HydroFlaskは日本初上陸とうたってますが、以前少しだけ日本でも販売してました。
その時に購入したのがコレ
Hydro flask:ダブルウォールのステンレス水筒
posted by morikatu at 15:17| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

Keith チタンボトル1100ml+700ml鍋のセット(2万3千円)

1706_Keithb_.jpg
買って以来ヘビーローテーション中のチタン製G.I.ボトル。
米ヘビーカバー社と同じ、Keithは中国工場のプライベートブランドだと思われる。
キャップ径はほぼKlean Kanteen社と同じ。ねじ切りが若干違う。
カップもチタンですが煤で黒くなっています。
1706_Keithb2_.jpg
もちろんピッタリとスタッキング可能!
ナルゲンのオアシスもスタッキングできます。
1706_Keithb3_.jpg
迷彩ポーチが付属しますが、MaxpeditionのGIボトルポーチに入れています。
蓋もギリ収まります。
関連記事
Keith:チタンボトル(400ml)
Keith:チタンボトル(700ml)

posted by morikatu at 20:45| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

Keith:チタン製水筒/700ml

1705_keith_.jpg
たぶん米ヘビーカバー社のOEM先のKeith
キャップが共通なため、大きなボトルもKeithにしました。
全体的にカチッとしたデザインが◎。
700mlで127g。持つとめちゃ軽いです。
チタンはかなり薄くてぶつけるとすぐに凹みそうです。
関連記事
Keith:チタンボトル(400ml)

posted by morikatu at 06:17| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

KeithのチタンボトルとKlean Kanteenのスイングロックキャップ

1704_TITANfuta_.jpg
Keithの超軽いチタンボトルに
Klean Kanteenの使いやすいスイングロックキャップがハマります。
これは使いやすい!
Klean Kanteenボトルだとステンレスの塊になり、重くなりすぎるのを防ぎます。

posted by morikatu at 15:54| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

VARGOのチタニウムパラボトルが売れてるらしい。

1704_parab_.jpg
価格の割にはって感じだと思いますが、けっこう売れてるらしい。
チタンマニア的に蓋もチタンにしたのが受けているらしい。
見た目はかっこいいし、コレは新しい黒。カタログを見るとステンレス製で5,800円
↓価格

posted by morikatu at 08:05| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

Vapor:アンチボトル(カラビナ付き)

BOZEMANで購入。
半年ほど使ってみましたが、なかなか使いやすい。
飲み口が横にあり、ボトルが曲がることも無くさっと飲めます。開け閉めも楽!
1608_vapur_.jpg
Made in USAのソフトボトル。
カラビナ付きで、口が中と小の2つあり。
飲み口は、パチン!と開け閉め出来るタイプです。
1608_vapur2_.jpg
中は、若干大きくパッキングもあり。
中身が無くなるとカラビナで留めることも可能
1608_vapur3_.jpg
色々な機能があるので若干高い1,600円ちょい。

posted by morikatu at 08:56| 東京 ☔| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

THERMOS:山専ボトル ブラック FFX-900

1402bozemandoc7.jpg
底の部分と中央に滑り止めのゴムがありますが、重いので取り外しています。
カップ周囲もゴムっぽい滑りにくい素材
中栓も二重構造で作りこみはさすがサーモス
1401yamasen2.jpg
1番熱が逃げやすい肩口も盛り上がり熱が逃げにくい構造。
冬は手軽にお湯が手に入るのでこれを持って行きます。

posted by morikatu at 09:14| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

Keith:チタンボトル(400ml)

1605_Titanbottle_.jpg
チタン製で実測76gの超軽量ボトル!
普通に持って「わ!軽い」と思うレベル。
1605_Titanbottle2_.jpg
ひとつ残念なのが、クリーンカンティーンと同じ口径だと踏んだキャップが違った。
口径は同じだけど、ネジが違ってまったく合いません。
クリーンカンティーンのスポーツキャップが付いたら最高だったのに。
パッキンはシリコンゴムで、逆さにしても水漏れ無しですが
ねじ切りが浅く、しっかり締めないとちょっと不安。

posted by morikatu at 00:23| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

ボトル直で湯沸かしすると匂い移りが少ない!

↓Akimamaでボトル直で湯沸かし術を紹介しました。
金属製ボトルが最近ブーム? サバイバリスト流ボトルで湯沸かし! 匂い移りがないぞ。
1610_bottletyo_.jpg

ボトルと湯沸かしクッカーが一つで済むだけではなく
クッカーに移し替えないので、水に匂い移りがとても少ない。
湯たんぽにしても、次の日に白湯として飲むことができます。
水場の無い山ではとても有効です。
最近高いですが、チタンボトルが多く出ているのも、このブームの影響だと思われます。
VARGOのパラボトルなんて、完全に狙ってます。

posted by morikatu at 10:32| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

klean kanteen:フードキャニスター 16oz(シングルウォール)

A&Fの最新カタログに載ってました。復活したようです。
1510kkfood.jpg
このフードキャニスターは、コーティング無しのシングルウォールですので
蓋を外せばそのまま温められる。
家で作ったスープを入れて運べ、そのまま温め、蓋を締めて、家で洗浄。
1510kkfood2.jpg
海外ではクッカーに使える水筒としてクリーンカンティーンは人気。
恐ろしいくらいピッタリとEVERNEW:チタンカップ400FDがハマりました。
最近良く使うのはステンレス系の丈夫で小さなクッカーが多い
1512cook.jpg
↓買えます。
posted by morikatu at 12:07| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

クリーンカンティーンの新しいカフェキャップがなかなか良い!

A&Fブログで紹介されている新しいカフェキャップを購入しました。
前作は、キャップというかただの飲み口。
蓋をしても倒すとドバドバと中身が出る品物でしたが、今回はまったく漏れない。
1608_kkcap_.jpg
水を入れ、逆さにして一晩放置しても水漏れ無し!
熱湯を入れ、振っても出ることはなかった。
これにカラビナホールがあれば、飲み口が分かりやすく完璧だったのに…
どこが飲み口が分からない事もあり、ドリルで穴をあけ、ダイニーマコードを通しました。
吊るせるし、飲み口がどこか分かりやすくなりました。

オンラインストアにはまだ載ってない。店頭にありました。

posted by morikatu at 09:55| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

Klean Kanteen:スポーツキャップ クラシック用 ver3

1607_kksports_.jpg
使いやすいのか、悪いのか、いつも微妙な物を作るのがKlean Kanteen。
このキャップも微妙ですが、悪くはない。
歩く時は、常に飲み口から水が出るようにしていて(写真左)
付属のキャップをかぶせた状態で歩いています。(写真右)
飲み口がホコリで汚れないし、水が漏れる事もない。
↓この動画で説明しています。

↓価格:¥864(税込)
Klean Kanteen スポーツキャップ クラシック用 ver3
posted by morikatu at 19:09| 東京 ☁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

プラティパス:ホーサー2リットル

1607_platypus_.jpg
本来は、ホースを連結して使うハイドレーションシステムのタンク部分ですが
キャップを付け替えるだけで、普通のplatypusとして使えます。
下が丸く、バックパックに押し込みやすい形状で、夏のメインタンクに使ってます。
大きめの2リットルに1.5リットルくらいを入れぺったんこ気味に水を入れています。

posted by morikatu at 07:43| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

Maxi Titanium:Water bottle

1607_maxiti_.jpg
最近出てきたMaxi Titanium
800mlで145gと軽量のチタンボトル。
入口が大きく使いやすそうでした。
1607_maxiti2_.jpg
↓ムーンライトギアでは売り切れ中!
http://moonlight-gear.com/?pid=103169166

関連記事
Keith:チタンボトル(400ml)
クリーンカンティーンでお湯を沸かす。
klean kanteen:フードキャニスター(シングルウォール)
posted by morikatu at 11:07| 東京 ☔| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

最強ボトル作り

アキママの水筒の記事書いたら自分が影響されて携帯しやすいボトルを考え中。
1606_bottle_.jpg
家に大型金属製クリップがあったので、強力両面テープで留め
ズレないようにKAVUベルトで固定してみました。
このクリップはカエシが強力で、まず外れません。
ボトル横のクリップ式は、ブレずに携帯が楽!
晴れたら試しに行こう。

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 08:15| 東京 ☔| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg