2021年03月14日

GERBER アームバーと1/4ビット【マルチツールを拡張ビットで使いやすく】


GERBER アームバーがとても使いやすかったので機能を拡張する1/4ビットを紹介しました。LEATHERMANのビットセットも1/4ビットなので一応使えます。ナイフと言うかドライバーとして便利です。


GERBER アームバー https://a.r10.to/hVkdA4
LEATHERMAN スケルツール https://amzn.to/3rDXyRr
LEATHERMAN ビットキット https://amzn.to/3rKwWhN
LEATHERMAN ビットエクステンダー https://amzn.to/3rMUa6P
EZARC 精密ドライバーセット 57in1  https://amzn.to/2NdO2p7

1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 09:54| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

伸びるドライバーとハサミとナイフと栓抜き『GERBER アームバー』


最近元気なガーバーから新しいコンパクトマルチツールが新登場しました。同社の人気マルチツール『センタードライブ』のように伸びるビットドライバーが付きながらとてもコンパクトなモデル。他の機能はハサミ・ナイフ・栓抜き。
2102_GERBERarmbar_.jpg
嫌いじゃない感じ。栓抜き部分でコイン回し系ネジも締められます。

GERBER アームバー https://a.r10.to/hVkdA4
GERBER センタードライブ https://a.r10.to/hM7Kky
LEATHERMAN FREE T2 https://a.r10.to/hD9cis

sotosotodays.gif    1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 07:37| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

1,980円のスイステックのマルチツールナイフ【LEATHERMAN T2と比較】


1,980円のスイステックのマルチツールナイフを紹介しました。LEATHERMAN FreeT2(6,490円)と同じような構成です。ツールも取り出しやすくシンプル。ただしバックスペーサーがステンレスで若干重めです。その代わり価格が三分の一以下。


posted by morikatu at 15:56| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

30機能が一つになったマルチツール『PockeTool2.0』で火を起こす!【Makuakeで3800%を獲得中!】


現在Makuake(マクアケ)でクラウドファンディング中のポケットツール『PockeTool2.0』を使ってきました。コイツとメタルマッチだけで火起こしチャレンジです。
↓Makuakeはこちら

ナイフは残念ながらロックなしでした。コイン回しになるスクレイパーがあれば良かったのですが、小さなマイナスだけでした。栓抜きはかなり開きやすかった。
2101_PockeTool2_.jpg
この手のツールはよく使う機能が2つ入っていれば合格点だと思っています。
関連記事
420ステンレスを使った『モカキーツール』
中二心くすぐられる『SOG MacV』
GERBER(ガーバー)の新作キーツール『MULLET』
NITEIZEの『DOOHICKEY QUICKEY』
SWISS+TECHのミニプライヤー 47グラム
LEATHERMANの新型ツール『FreeT2』マグネット式
レザーマンのスクォートPS4 Vs ガーバーのダイム【小さなマルチツール対決】

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 19:29| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

【キーツール】420ステンレスを使った『モカキーツール』【EDC】


KEYBARに入れようと『モカキーツール』を購入してみました。10ツールですが、使う機能としては栓抜きと糸切りとフラットヘッド。そのどれも使いやすい感じでした。420ステンレスが使われているので糸切りが切れそうだと思い購入しましたが、やっぱり良かった。
2007_keyport_.jpg
刃物にも使われる420ステンレスでオルファのキリダシもこのステンレス。切れない糸切りが多い中、さすがの切れ味でした。ステンレスのテカリ具合も良い感じです。ステンレスは素材によってなのか表面の質感が微妙に違う。

↓GERBERのブッシュクラフトナイフプリンシパルも420ステンレス


sotosotodays.gif
posted by morikatu at 08:03| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

LEATHERMANの新型ツール『FreeT2』マグネット式


LEATHERMANのマグネットを採用したFREEシリーズ。周りではあまり評判が良くないので一番安いモデルを購入しました。評判が悪い理由は、使うツールは決まっているのでそんなに使う機会がないのに、マグネットでロックしているので衝撃を与えた時に飛び出す等。理由に納得したので買わないつもりでしたが、一番下のT2が安かったので注文してみました。
2006_freettwo_.jpg
届いた時の感想はデザインが美しい。ただしやっぱり使い易くはない。どうしてもナイフ方面から考えてしまうとイマイチですが、マルチツール方面から考えてみると悪くない。そこでビクトリノックスのキャンパーと比べてみるとほぼサイズが同じでした。
2006_freettwo2_.jpg
ビクトリノックスのブレードがタフでワンハンドオープン・クローズできると考えるとかなり良いアイテム。しかもデザインが美しいです。

posted by morikatu at 19:55| 東京 🌁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

1980円のマルチツール『MOSSY OAK マルチツール』


DURATECH 1980円ナイフを紹介したら、送ってきたマルチツールを紹介しました。良くも悪くも1980円です。300グラムもあるのでヘビー級です。まぁ〜ナイフでも安かったのに、1980円でマルチツールを作るとこうなります。
マルチツールは意外と難しいのか、ビクトリノックスもLEATHERMANも自社工場。GERBERもアメリカ製以外はちょっとひどかったりする。とか言ってると急に安くて良いのが出てくるのが中国。ボーカープラスのマルチツールが良い感じそうなんですよね。


sotosotodays.gif   NT_w200.gif  
posted by morikatu at 19:38| 東京 ☁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

ハサミとナイフのマルチツール『ROXON KS』【Amazon高評価】

2005_loxon_.jpg
Amazon高評価で気になっていたハサミとナイフだけの機能限定マルチツール『ROXON KS』を開封と紹介をしました。ブレードは3インチタントーでハサミは2インチほどで切れも良かった。ただし5Cr15MoVステンレスですのでナイフは切れなくなるのは早いと思われる。と言っても高級ステンレスなどとよく分からない表示じゃないのは高評価。
↓動画で説明しました。ペーパーカットやパラコードカットなどもあり。


posted by morikatu at 16:43| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

LEATHERMAN シグナルだけでソロストーブで火起こし【マルチツールファイヤースターター】


solo stove Liteが楽しくてLEATHERMAN SIGNALと一緒に使ってきました。燃料は枝ポキポキで済むし、ファットウッドを採取する時は小さなノコギリが使えるし、プライヤーで熱くなった本体を移動できるし相性が良いです。
今回は付属のメタルマッチで着火してきました。

posted by morikatu at 18:57| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

レザーマンのスクォートPS4 Vs ガーバーのダイム【小さなマルチツール対決】


プライヤー付き小さなマルチツールの2強の『レザーマンのスクォートPS4 』と『ガーバーのダイム』を対決方式で紹介しました。全体的な仕上げは圧倒的にLEATHERMANですが、意外とガーバーは使いやすいです。
1909_GERBERdime_.jpg
メインのプライヤーはこんな感じ。
ハサミはどっこいどっこい
1909_GERBERdime2_.jpg
ナイフは圧倒的にLEATHERMANです。

posted by morikatu at 18:12| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

SWISS+TECHのミニプライヤー 47グラム

1907_seiss_.jpg
LEATHERMAN重いなぁ〜と思う時に、この小さなプライヤー。47グラム。
登山でプライヤー使うのは、僕の場合はほとんどジッパーの修理。ジッパーの噛み込みや外れた時に素手は厳しい。ちょうど先日も、ゲイターのジッパーが壊れて外せなくなった方が居ました。
1907_seiss2_.jpg
持つ所が小さすぎて、指先かハンカチなどを使う必要がありますが、それでも素手よりも力は入ります。マイナスとプラスドライバー機能付き。この手にしては余計な切れないナイフなどが付いてなくて良い。

posted by morikatu at 16:40| 東京 ☁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

『SWISS+TECH ユーティリティー』と『薄型爪切り』は、外出先でほつれた糸を切るのに便利アイテム

1905_Skeytool_.jpg
なぜかAmazonで315円で販売している『SWISS+TECH ユーティリティー』。正直小さすぎて機能はいまいちですが、糸切り刃はキーツールとしてはよく切れる。ほとんどのキーツールが切れないだけですが。外出先で、衣類にほつれを見つけた時や、商品タグを切りたい時にちょっとあると便利。薄型爪切りは、爪も糸も切れるのでコチラも便利です。

動画で糸を切ってみました。
↓以前紹介したGERBERの『MULLET』はキャンプ用キーホルダーとして使っています。
1905_Skeytool2_.jpg

posted by morikatu at 12:01| 東京 ☁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

GERBER(ガーバー)の新作キーツール『MULLET』を紹介。

前作のShard Keychain Toolも完成度の高かったGERBERのキーツール。新作が出たので動画で紹介してみました。

theEdgeで900円でした。定価は10ドル。
僕の必要な機能が詰まっている印象。プライバー・栓抜き・6mmビット回し・スクレイパー・プラス・マイナス・そしてフック。糸切り歯があれば完璧でした。

posted by morikatu at 09:22| 東京 ☁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

LEATHERMANのビットキットが便利!

1905_bitkit_.jpg
先送りにしていたLEATHERMANのビットキットを購入し3ヶ月。かなり使い勝手が良くなったので紹介します。ビット式のLEATHERMANを拡張するビットキットは、眼鏡用ドライバープラス&マイナス、プラス(#1、#0)、マイナス(3/32&1/8、5/32&3/16、7/32&1/4)、スクエアドライバー#1、トルクス(#6、#10、#20、#27)、ポジ#2、六角(1.5mm&2mm、2.5mm&3mm、4mm&5mm、6mm&1/4、1/16&0.50、3/32&5/64、1/8&7/64、5/32&9/64、7/32&3/16)のビットが入っています。
1905_bitkit2_.jpg
プラスマイナスはもちろんトルクスも入っているので、ほとんどのフォールディングナイフの分解が可能になります。スケルツールとセットにして置いても場所を取らず、これだけで日常の殆どの作業が行えるようになりかなり使いやすい。
1905_bitkit3_.jpg
今まではホームセンターで買ったビットセットを使っていましたが、ビットが多すぎて使いたいビットを探すのが大変でしたが、この薄べったいセットはかなり使いやすい。
使うのはほとんどコイン回し(スケルツールは栓抜き部分で回せる)とプラスマイナスとトルクス。

posted by morikatu at 17:03| 東京 ☁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

Leathermanの磁石を使った新しいマルチツールシリーズ『FREE』


ハイマウントが動画を上げていました。アウトドアデイジャパンでは実機を触った来ました。
今までナイフはサムホールでワンハンドオープンできたのに、各ツールはネイルマークで出す必要がありました。『FREE』は各パーツが磁石の力で格納されているだけなので、指の腹で取り出すことができるシステム。プライヤー部分も磁石の力で閉まっているのでワンハンドオープンさせることができる。全体的にワンハンドオープンできるマルチツールのような仕様です。
↓ギアジャンキーでも紹介動画を上げていました。
posted by morikatu at 11:46| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

VICTORINOXのマルチツール『Spirit XC』と、他のマルチツールも紹介。


26機能のプライヤーメインのVICTORINOXのマルチツール(スイスツール)。
作りはいかにもVICTORINOXでぶれない感じ。ツールを目で見て目的のツールを探す。伝統的なVICTORINOXと、現代的なLEATHERMAN。一緒に手持ちのマルチツールと比較もしました。
1809_SPIRIT_.jpg

sotosotodays.gif    monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 04:53| 東京 ☁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

Baladeoの「Multifunction tool Phone holder 」千円。

1808_FONbar_.jpg
Baladeoの新商品。栓抜き・プライバー・マイナスドライバー・糸切りガットフック・3cm定規とスマホホルダーが一体型になったステンレスの板。キーツールとしては若干大きめで各機能は使いやすいです。フランスのブランドなので定規もcm表記。
1808_FONbar2_.jpg
スマホは厚み1cmまで挟めます。個人的にこの機能は使うことはまずないかなぁ〜って感じ。
全体的に大きめで小さすぎるキーツールが多い中、ツールとしては使いやすいと思います。サイズはGERBERのShardをシェイプせずに板状にした感じです。
↓mountain-products.comで買えます。\1,080 (税込)
1808_FONbar3_.jpg
posted by morikatu at 08:00| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

LEATHERMAN:スケルツールCX(カーボンモデル)

1604_LEATHERMANske_.jpg
機能が少ない割に高価なスケルツール。カーボンモデルは限定品かと思い買ってしまったのは、秘密です。
機能は、プライヤー・ナイフ・ビットドライバー・栓抜きのみですが、ナショナルジオグラフィック・アドベンチャーマガジン2008の“Gear of the Year”を受賞。実際に使うとこの機能で十分だったりします。
付属のビットが++・−−なのが個人的には使いにくいので、+−に付け替えました。
1604_LEATHERMANske2_.jpg
スケルツールはこのモデルだけ、ブレード鋼材が154CMで直刃。
刃厚もソコソコあり、ラフに使えます。
カーボン使用範囲は少ないですが、カッコいいです。
機能が少ないので重さも約142gとLEATHERMANにしては軽い。
SIGNALは重いと感じるが、ロープを使いそうな時に持っていってます。
↓動画を撮影しました。


posted by morikatu at 19:06| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

GERBERのターミネーター3モデル

コレクション用です。
1706_tthree_.jpg
ガーバーの映画『ターミネーター3』モデル。
振るとプライヤー部分が前に出て使える状態になるモデル。LEATHERMANのOHTと同じ
プライヤーの先端が少し出てますが仕様です。
この雑さがガーバーっぽい。
1706_tthree2_.jpg
ナイフ類は内側ですのでプライヤーを出さないと使えません。
その分軽い感じ。仕上げもたぶんDLCコーティングで良い。
Made in USA。
関連記事
2016年の新作Gerber:Center-Drive(マルチツール)
小さなマルチツールGERBER:DIME
キーツールGERBER:Shard Keychain Tool
posted by morikatu at 12:17| 東京 ☁| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

キーツール比べ:ナイトアイズ&LEATHERMAN

海外では毎日のように新タイプが出てくるキーツール。
ボクの場合は栓抜きとカメラを雲台を回すためにマイナスを使う
1507KeyTool07ni.jpg
上からNITEIZE:DOOHICKEY QUICKEY
シンプルな栓抜きとダンボール開封とヒモなら切れるセレーション
栓抜きはソコソコ使いやすい、セレーションはたまに便利
NITEIZE:DOOHICKEY
けっこう微妙、まずヘックスレンチは使わない。栓抜きも力が入れにくい
Leatherman:#4
デザインはカッコイイ!が、デザインに意味が無い
溝部分がフックになってるかと思いきや何の機能も無いみたい。
GERBER:Shard Keychain Tool
栓抜き性能はこの中で一番!ちょっとごついが何かと使いやすい。
意外とオススメです。
LEATHERMAN:Brewzer
マイナスドライバー部分が使えるが、ほかは微妙。

posted by morikatu at 14:28| 東京 ☀| マルチツール・キーツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg