2019年10月18日

RODEのWireless GO

1910_rodeWireless_.jpg
外で動画を撮影しようと購入したRODEのWireless GO。安心と信頼のRODEのマイクでWireless。しかもUSB-Cの充電式。専用の風切り音を減らすモフモフも2つ付いていて、服などに止めるクリップがカメラのアクセサリーシューにそのまま取り付けられるスグレモノ
1910_rodeWireless2_.jpg
問題があって、マイクとレシーバーを向かい合わせると高音ノイズが出ます。それに気付くまでが大変でした。その他もちょっと周りの音を拾いすぎてる感があるのでまだまだ調整中。
撮影はカメラがあればどうにかなりますが、録音が意外と難しい。

posted by morikatu at 10:33| 東京 ☔| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

YouTubeの撮影環境と撮影機材を紹介。


無事チャンネル登録者が1万人を突破し、撮影している機材を紹介しました。ありあわせ機材に、8月から新しい照明を購入し、映像制作が楽しくなってきました。とうとうマイクまで購入。
posted by morikatu at 08:27| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

2万7千と大容量のモバイルバッテリー『Zendure SuperTank』


『Zendure SuperTank』を動画で紹介しました。
田舎に引っ越して、外のベンチでテキスト書いたりNetflix見たりしていますが、普通のモバイルバッテリーしか持ってなくて、タブレットにキーボード付けて使っていました。この『Zendure SuperTank』を提供されてマックブックを持っていっていますが、やっぱりノートパソコンの方が便利です。
1908_zendura2_.jpg
大きさは手のひらに収まりやすい形状。スーツケースにありそうなデザインがオシャレです。2万7,000mAhもあるので重さは実測522gでした。パワーデリバリー対応のケーブルが付属します。
最大出力138Wでマックブックを充電しながらスマホを充電しながら、ミラーレス一眼の電池の充電も可能!
1908_zendura3_.jpg
コレを持っての登山は厳しいが、チェアリングや公園で仕事なんかにもちょうどよい。そもそもマックブックを持って登山をしませんし。
1908_chairing_.jpg
外で仕事したり、海外ドラマを見ると気持ちが良い。
バッテリー残量も数値で教えてくれます。数値はやっぱりわかりやすくて良い。
1908_zendura4_.jpg
本体はもちろんケーブルまで全体的なデザインが優秀。提供してくれた時に専用ケースも送ってくれましたが、これは付いてないのかな?

↓マクアケでクラウドファンディング中です。


↓イギリスのTitan Airwaysではパイロット用に使われているし、日本の安全基準にも合格したぜってメールで来てます。
1908_zendura5_.jpg
posted by morikatu at 23:02| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

Amazonで見つけた、安くて小さく薄くケーブル内蔵モバイルバッテリー


探せばもっと良いものがあると思いますが、今の所使っているのはこのモバイルバッテリー。不満点はライトニングがアダプター式。次買う時はライトニングとタイプCを探してみます。
1909_miniBattery3_.jpg
薄いのでスマホと重ねて持てる&収納できるのが良い。
1909_miniBattery2_.jpg
重さは113グラム。サコッシュに入れてもあまり重さを感じない。サコッシュなどに入れ、ゴープロやスマートウォッチの充電が移動中でもできます。
1909_miniBattery_.jpg
ついでにCASIO プロトレックスマートの充電実験。昼休憩の30分の間に29%充電できました。アップルウォッチもですが、内蔵バッテリーが小さいのでちょっとした充電でもかなり戻ります。

posted by morikatu at 09:20| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

PAAGO WORKS『FOCUS』のインナーバッグ

1908_sFOCUS_.jpg
最近ミラーレスカメラを持って移動する時に使っているのが『FOCUS』のインナーバッグ。外側は動画撮影用の機材とカメラを入れています。バックパックへの収まりも良い。先日、家に来たPAAGO WORKSスタッフも同じ使い方をしていました。危うく取り違えそうになる。予備バッテリーが入っていないので気付きました。
1908_sFOCUS2_.jpg
ミラーレスカメラなら予備バッテリーや変えのレンズ一本くらいは入ります。
↓PAAGO WORKSスタッフが来て撮影した動画はこちら。


PAAGObaner.gif  sotosotodays.gif
posted by morikatu at 09:25| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

Kensingtonトラックボール、無線タイプとスリムブレードを比較。


トラックボールユーザー自体が少ないですが、トラックボール自体もLogicoolが有名でKensingtonは忘れられたブランドになりつつある。Kensingtonのトラックボールは完成された形で一度使い始めるとやめられないディバイス。ビリヤードボールサイズの玉を人差し指で操作するタイプで、なれると結構正確にコントロールすることができます。これよりもボールサイズが小さいと細かい作業ができない。親指コントロールも苦手です。
薄いスリムブレードと無線タイプのKensingtonを比べてみました。無線がおすすめです。

posted by morikatu at 17:54| 東京 ☔| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

アップル製品や付属ソフトの使い方がBOOKアプリで見れる。←最近知りました。

Final Cut Proの使い方を勉強しようと探していたところ、純正アプリBOOKに説明書があることを知る。数千円もだして書籍買ったのに‥。
1901_book2_.jpg
Final Cut Proだけではなく付属ソフト、例えば表計算・ワープロ・プレゼンテーション・音楽作成などから、各種ハードウェアの使い方までなんでもある!
1901_book_.jpg
使い方を知りたかったガレージバンド・ファイナルカット・モーションをちょっとづつ勉強中。ただの電子書籍ではなく、インタラクティブに説明してくれます。
BOOKアプリなんて全く使ってなかったので盲点でした。
BOOKアプリで「Apple」で検索すれば出てきます。
posted by morikatu at 17:07| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

Amazonで見つけたとても小さい3in1ケーブル(MICROUSB・USB-C・ライトニング)

1901_3way_.jpg
もともと使っていた3in1ケーブルもコンパクトな30cmだったんですが、さらに小さな充電用ケーブルを見つけました。先端部分が2パーツになっていてMICROUSB・USB-C・ライトニングの3種類が使えます。
1901_3way2_.jpg
家のケーブルも3in1ケーブルに変えて、今まではUSBタップから3つのケーブルが伸びていましたが、一本にまとまってスッキリしました。


posted by morikatu at 08:48| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

【話題の】DJI OSMO Pocket の紹介と登山での撮影動画【4K30fps】

話題のDJI OSMO Pocketの紹介と、両面テープを使った三脚マウント。そして最後には陣馬山登山で撮影した映像を編集してみました。

適当に撮影しても後で見返しても楽しい映像が手軽に撮影できます。低山だと木や葉っぱの情報量が多すぎて、モザイク状になり見にくい動画になりやすいですが、さすがジンバルの4K。森のなかでも見やすく、登山記録用としてバッチリな映像が撮影できます。
ハードケース付きで持ちやすいのも登山使用ではポイントが高い。

posted by morikatu at 09:29| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

話題の超小型ジンバルカメラ『DJI OSMO POCKET』

1812_djiPocket_.jpg
ちょっと悩んで、スタートダッシュには遅れましたが『DJI OSMO POCKET』を購入しました。
低山だと木や葉っぱの情報量が多く、4Kじゃないとジャギジャギになってしまうが、ひと世代前のGoPro6だと4Kだと手ぶれ補正できない。OSMO POCKETは4Kで小型ジンバル付きなのでこっちに乗り換えてみました。
1812_djiPocket2_.jpg
普通の使い方だとGoProが手軽で良いですが、山だとやっぱり歩きながら撮影になるのでOSMO POCKETが優位。しかも撮影が楽しい。保護ケースに出し入れするのが面倒ですが、そのうちサードパーティーから便利なケースや三脚が出ることに期待。
電池交換はできませんが、モバイルバッテリーで手軽に充電できるので問題なし。
1812_djiPocket3_.jpg
あとは耐久性が気になるところです。壊しそうなので3年保証で購入しました。
↓動画から抜き出した画像。
1812_djiPocket5_.jpg
適当に動画を撮ってあとでブログで使えるくらいの画質です。

posted by morikatu at 15:11| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

どんなスマホでもワイヤレス充電Qi(チー)できるようにするパーツ。

1812_qi_.jpg
置くだけで充電できてしまうQi充電器はとても便利。対応していないスマホやタブレットなどでも、このパーツを貼るだけでQi充電が可能になる。
今回は汎用性の高いMICRO USB端子を購入し、Amazonタブレットに装着してみました。
1812_qi2_.jpg
端子を充電ポートに差し込むだけ。両面テープで付けてあるだけ。
タブレットも便利ですが、モバイルバッテリーの充電が面倒だと思っていたので、置くだけで充電できるようになって便利。

posted by morikatu at 10:22| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

折りたたみキーボードとiPhone【iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード】

1811_iroba_.jpg
ノートパソコン→iPad→このセットと、出先で仕事するときのセットが小型化。このサイズなら楽に山にも持っていけ、山中のベンチで下書きなんてできます。家のデスクトップだと誘惑が多くていつのまにかネットサーフィンをしてしまう時に、このセットだと集中できるのが良い。
1811_iroba2_.jpg
折り畳めiPhoneとあまり変わらないサイズで持ち運べます。キータッチは良いが、キーピッチは少し小さく慣れないと打ち間違えが多くなってしまう。とくに【ー】が小さすぎ。
1811_iroba3_.jpg
家で集中したい時はiPadと純正キーボードのセット。
折り畳めないほうが打ちやすいですが、折り畳めると持ち運びがやっぱりしやすいので外ではこの折りたたみキーボードになりました。
文を打ち込むのは小さいと疲れるので、箇条書きのようにアイデアを書き留め、辞書機能もキーボードも操作性もMacOSにはかなわないので、仕上げはデスクトップでやっています。

posted by morikatu at 08:31| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

Oittmのアップルウォッチも充電できるモバイルバッテリー

1810_otto_.jpg
容量は5000mAhのモバイルバッテリーですが、丸い部分にアップルウォッチを置くだけで充電ができる。宿泊用に買ってみました。これでテント泊や出張で困らない。
1810_otto2_.jpg
もちろんスマホの充電もOK!
ただし、ケーブルが邪魔だった。ケーブル内蔵タイプを買えば良かったと後悔中。
1810_otto3_.jpg
山を歩く時はアップルウォッチを心拍計として常にモニターしています。リアルタイムで変化し、160に近くなったらペースを落としたり、120を下回ったらペースを上げたり、トレーニングしながら、しかも疲れない登山ができる。
1810_otto4_.jpg
正確な消費カロリーも出るので、活動計としてはわかりやすくとても優秀。

posted by morikatu at 07:15| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

登山用にアップルウォッチ4を購入してみる。

1810_AppleWatch_.jpg
登山時の活動計としてアップルウォッチ4を購入してみました。歩いていると「運動してますか?」と聞かれるため、記録の取り忘れがない。休憩していると「運動やめましたか?」とも聞かれる。ハイキングモードが新しく出来たのに、あまりハイキングに特化していないため質問が多くてちょっと面倒に感じることも。現在設定を変えて試している最中。
1805_amafit_.jpg
スマートウィッチなんて使うかどうかわからないので、最初に買ったのが3千円の『シャオミ Mi Band 2』あまりにも楽しかったが、画面が小さすぎて情報を見るためにクリックが必要だった。次に買ったのが画面が大きな『シャオミ Amazfit BIP』。このモデルが安い割には電池も1ヶ月以上持ちとても使いやすい。画面いっぱいに時刻・消費カロリー・歩数・心拍計・移動距離が表示できハイキング時につけているだけで楽しかった。これでスマートウィッチも悪くないと思い、発売と同時に買ったのがアップルウォッチ4。
1810_AppleWatch3_.jpg
心配のバッテリーの持ちは悪く、ワークアウトモードで登山をしていると2日間は厳しい感じ。ただしアップルウォッチ充電機能の付いたモバイルバッテリーなども販売され、いつでも手軽に充電できるので、あまり心配しなくてもよさそう。
活動計としてはかなり優秀で、常に心拍数を測り正確な消費カロリーを割り出してくれるようです。バッテリーを消費するため切る事も可能。
ボク的最大の問題は、バンド接合部分に磁石が使われているため、ウィッチバンドコンパスが使用不可。使う時は外す必要がある。それ以外は満足しています。

posted by morikatu at 10:16| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

Akimamaでアウトドア撮影機材のちょっとした工夫を紹介しました。

↓Akimamaでアウトドア撮影機材のちょっとした工夫を紹介しました。
ミラーレス一眼やスマホカメラやGoProなど、増えるアウトドア撮影機材のちょっとした工夫紹介
1810_GoPromount2_.jpg

ベルクロを使ったレンズキャップホルダー。
バッテリーに番号を書き込んで順番に使用する。
アルカスイス互換でミラーレス/スマホ/GoProを1つの三脚にマウント。
カメラストラップを双眼鏡やライトなどにも付けれるようにする。等を紹介しました。

今年中にチャンネル登録者四千人を目指していましたが、結構早く突破しました。
五千人を超えると安定するみたいなので目指します。
↓今までのyoutube動画一覧↓
1601_youtube2_.jpg
posted by morikatu at 17:35| 東京 ☀| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

GoProのマウントシステムはネックマウントが楽でした。

1810_GoPromount_.jpg
登山中は、地図・ペン・カメラ・携帯と手に持つものが多いので一番疎かになるのがGoPro。カメラをストラップで首から下げるようにGoProを聴診器のようなネックマウントでぶら下げると楽でした。そのまま撮れます。GoProは音声操作もできるので話しかければ、ビデオ・写真・タイムラプス操作ができる。
今までは持っていっても全く撮影せずに持って帰っていたGoProが、雑な映像でも撮影するようになりました。何を撮影しているのかスマホ連動にしないと見えないので撮影は雑になりますが、記録と考えれば使えるマウント。

中田ヤスタカ式というようです。

posted by morikatu at 08:29| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

最近のモバイル動画撮影環境。

スマホでの動画撮影が簡単すぎて、動画を作る頻度が増えています。最近はこんな感じの撮影環境。
1809_moba_.jpg
安いパーツばかりですが、自由に動かせて、高さもテーブルで撮影する時にちょうど良い。
こんな手軽な撮影環境でもそこそこ見れる動画が作れるから驚く。
1809_moba2_.jpg
posted by morikatu at 22:00| 東京 ☔| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

タブレットやスマートフォンをきれいに並べられる『NuAns マルチ充電トレイ』


タブレットやスマートフォンをきれいに並べて充電させる『NuAns マルチ充電トレイ』を動画で紹介しました。おしゃれな丸い個体の中にはUSB充電器を内蔵させられ、上には7台のタブレットが載せられます。USBケーブルも収納でき、ケーブル周りをスッキリとさせながら充電が可能です。
いつもノート・タブレット☓2・スマホ・ナイフやペンも収納させています。

posted by morikatu at 05:51| 東京 ☔| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

JOBYのスマホスタンドが限りなく小さい!『グリップタイトマイクロスタンド』

1807_joby_.jpg
スマホやGoProなんかを使い始めて気になるのがスタンド。スマホを一眼のモニターにする時などにスタンドがないとやっぱり不便。GoProも水平で置きたいのになかなか置けないなんてことも多い。ネットサーフィンをしていて見つけたのがこのスタンド。ボクはセットで買いましたが、ネットで見るとミニミニ三脚だけでも売っているようです。たたむとこのサイズ。
1807_joby2_.jpg
この小ささでビックカメラで3千円ほどでした。スタンドは力の掛かる部分には金属パーツを使っていたりと作りはかなり良い。挟む部分はそれなりの作り。展開させるとこのサイズ。
1807_joby3_.jpg
大きさが分かりにくいので、最近お気に入りのハクバの卓上三脚と比べてみました。
1807_joby4_.jpg
コンパクトな卓上三脚が巨大に見えるほど小さなスマホスタンドです。
↓動画でも紹介しました。


posted by morikatu at 07:50| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

ZOOMのパソコン用オーディオインターフェイスにもなるコンパクトレコーダー「H1n」

素人過ぎて、音周りをどうして良いかわからない、調べるとMacに音をきれいに取り込むにはオーディオインターフェイスが必要。音の録音もデジカメの録音機能を使っていて、専用レコーダーの方が良いらしい。その両方を1つにしたのがこのZOOMのH1n。写真で見る以上に細身でコンパクト。
1807_h1n_.jpg
説明書を見なくてもわかるくらい簡単操作。電源を入れて録音ボタンを押すだけで録音する。記録はマイクロSDカード。上部にはクロスしたマイクが付いています。楽器の録音用なのかな?立体的に録音できるとの事。
1807_h1n2_.jpg
風切り音などを取るモフモフは別売りで、このままだと外での録音はきびしいですが、外で録音する時はだいたいピンマイクなので問題なし。ピンマイクを付けて、このレコーダーをポケットに入れて移動できるので楽です。今までは撮影しているカメラと自分がコードで繋がっていた。映像と音声がバラバラになりますが、動画編集ソフト「ファイナルカット」だと簡単に同期できるので今の所問題なし。
1807_h1n3_.jpg
そして、USBケーブルでMacと繋ぐとオーディオインターフェイスにもなる!。マイクも付いているのでH1nとUSBケーブルがあればOK。
「ファイナルカット」で録音ボタンを押すと映像に合わせてアフレコ録音ができる。しかも音もノイズが無くきれい。かなり楽しい遊び道具。GoProが手軽に映像を撮れるなら、H1nは手軽に音が録音できる機械です。

posted by morikatu at 08:22| 東京 ☁| Mac・カメラ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg