2019年01月09日

炎の見えるゴトク兼風防『X-MESH STOVE』ミュニークの新作

1901_xmesh_.jpg
日本のMUNIEQ (ミュニーク)の新作ストーブを購入しテスト。重さはたったの13グラム。
カップに小さなストーブセットを構築できます。マイクロメッシュを施した厚さ0.2 mmのステンレスシートは剛性感もあります。ただ1枚だけだと定番アルコールストーブは中に設置できません。2枚必要です。直径5.5cmほどの小型アルコールストーブなら設置可能。
1901_xmesh2_.jpg
風防としては、風は通す感じ。炎の見える小さなゴトクとして考えたほうが良さそうです。
↓動画でも紹介してみました。

動画で実験してみましたが、下には熱が余り回りません。と言っても下に熱を遮断するシートは必要かと思います。
年始にA&Fで購入! Amazonでも買えます。

posted by morikatu at 09:13| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

【OPTIMUS】一体感が凄い!ガス缶に直接取り付ける風防【ウィンドシールド】


OD缶の首の部分に直接取り付けるオプティマスの風防です。一体感が凄い。ただし使う鍋のサイズは250缶がピッタリ入る鍋が限界。ネットで見ると削ったりして改造している人も居る。GSIのソロイストなんかはピッタリと収まるサイズです。
ガス缶に直接取り付けるので風防を固定する面倒がなくなるのが良いが、若干重く感じる。

1111sotoban.jpg  sotosotodays.gif
posted by morikatu at 09:42| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

おつまみ製造マシーン『trangia ストームクッカー✗COGHLAN'S ホットサンドメーカー』

Akimamaで僕のおつまみ製造マシーンの『trangia ストームクッカー✗COGHLAN'S ホットサンドメーカー』を紹介しました。
ボクが使っているホットサンドメーカーはコレ! ストームクッカーSサイズにフィットするおつまみ製造マシーン
1811_otumami_.jpg

trangia ストームクッカーSサイズにCOGHLAN'S ホットサンドメーカーが安定しておける。
このセットが良いのが、蓋を閉めれるので油の飛び散りを抑えられること!
小さいフライパンで油料理を作ると周りが飛び散った油で汚れますが、ホットサンドメーカーを使うとかなり抑えられる。肉をひっくり返すときは、本体をひっくり返すだけ。
ホットサンドよりも餃子を焼くほうが多いです。冷凍餃子なら4つ焼けます。
ちなみに持ち運ぶ時は、米が入っていた厚手のビニール袋に入れてます。

posted by morikatu at 08:54| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

LINDEN(リンデン) の燃料用アルコールパウチ容器

パウチ容器のアイスやジュースでも問題ないみたいですが、そのために買うのもなんなんで、専用容器を買ってみました。
1811_rinden_.jpg
アルコールを入れても腐食しない容器。3つで900円ほどです。
ちょっと前に、ストームクッカーを持っていったのに燃料ボトルを忘れた事があったので買ってみました。パウチ容器なので隙間に収納することができます。
1811_rinden2_.jpg
容量は100mlなので日帰りの燃料ならこれだけでOK。
1811_rinden3_.jpg
他の用途にも使えるので、いつも液漏れで悩んでいる虫除け剤でも入れてみようかと思ってます。

posted by morikatu at 09:50| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

【トランギア】アルコールストーブ3種類の炎【EVERNEW】【VARGO】


トランギア・エバニュー・ヴァーゴの3つのアルコールストーブの炎の感じを撮影してみました。
エバニューは最初から最後まで強い。
トランギアはプレヒートに少しだけ時間がかかり、長く燃え続ける。
ヴァーゴは…。消える時もダラダラだったのでこれが特性かも

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 05:48| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

アルコール燃料入れ。ナルゲンの専用品

ハンモックブームの関係でのんびりと行くことも増え、出番が多いのがストームクッカー。ほぼ弱火でのんびりと料理ができます。
アルコール燃料入れを再度考えてみます。手持ちはこの2つ。
1811_AlcoholBottle_.jpg
左の青いのはハイカーズデポで買った記憶のあるアルコール入れ。右はナルゲンが昔出していたアルコール燃料入れ。
1811_AlcoholBottle2_.jpg
ナルゲンは入れる時に漏れるのでほとんど使わず、日帰りならブルーの方を使っています。
メインはボトルで良いのですが、こないだストームクッカーを持って行ったらアルコールを忘れていたことがあったので、忘れた時のためにストームクッカーの中に予備を入れたい。
やっぱりパウチ系かな
1811_AlcoholBottle3_.jpg
ジュースのパウチでも十分なようですが、こんなリンデンの専用品もあり。ちょっと気になる。
現在は、使わないくなった密閉式マッチケースにコーヒー一杯分のアルコールを入れて忍び込ませています。
ネットを探すと安くなったチタン製のスキットルを使ってる人もいました。こちらも気になる。

posted by morikatu at 14:25| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

EVERNEWのチタンアルコールストーブとtrangiaのストームクッカー

1811_Alcoholstaub_.jpg
やたらと評判の良いEVERNEWのチタンアルコールストーブを火力テストしても面白いかもと思い今頃買ってみました。trangiaに比べると噂通り火が大きくなるのがだいぶ早い。ストームクッカーにはまるとの事だったのでさっそく取り付けてみました。
1811_Alcoholstaub2_.jpg
落ちはしませんが結構ギリギリだったので、この後アルミテープを貼ってしっかりと固定できるようにしました。
アルコールストーブを使う時はのんびりと弱火料理が多いのでtrangiaの火力調整蓋を移植。もうちょっと試してみます。
本体だけの重さを比べるとEVERNEWは43グラム。トランギアは66グラム。

posted by morikatu at 17:47| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

BALLISTICSのマルチカム迷彩のCB缶カバー

1809_Cassette3_.jpg
こちらも週末にsotosotodaysで購入したBALLISTICSのマルチカム迷彩のCB缶カバー。素材はコーデュラナイロンで、ベルクロで巻く。裏には柔らかい素材が貼られているのでかなりかっちりと巻くことができます。CB缶だけではなく、ペットボトルなどにも巻けます。
1809_Cassette2_.jpg
上にはデイジーチェーンがあり、カラビナで一緒に使う道具を止めることができます。ボクはフリント式のファイヤービナーを取り付けてみました。後ろにはベルクロのIDワッペンを貼るスペースもあり。
↓詳細は動画に撮影してきました。

↓Outdoor Element ファイヤービナーの紹介動画。


sotosotodays.gif    1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 06:14| 東京 🌁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

Trangia:STORM COOKER S・ULハードアノダイズド

1809_STORM_.jpg
アルコールストーブの元祖のようなストーブ。
ちょっと大きいですが、お鍋を完全に覆うため、アルコールでも燃費が良く、風にも強い。風防の中にすべてを収納させてパッキングが可能です。中身はこんな感じ。
1809_STORM2_.jpg
今回はスープを飲んで、フライパンでちょっとした炒めモノ。鍋は1つだけにして、代わりにXカップや折りたたみスプーンや着火用のマッチを入れています。
1809_STORM4_.jpg
もちろんアルコール本体も。
お鍋に水を入れ、風防にセット。上にフライパンを置くとお鍋を全力で温めます。
1809_STORM3_.jpg
よくできた構造ではある。少し大きいですが。
安全第一なのでtrangiaアルコールストーブを使う時は基本ストームクッカーを使っています。裸で液体燃料は抵抗がある。
アルコールストーブは静かで安定しているのでのんびり調理ハイキングでたまに使用。
1307densyasto4.jpg
動画でも紹介しました。


sotosotodays.gif   NT_w200.gif
ラベル: Trangia a愛用品
posted by morikatu at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

VARGO(バーゴ):チタニウム トライアドマルチフューエルストーブ

1708_VARGOMULTI6_.jpg
みんな大好きチタン製で重さは30g、気温により変化しますが連続燃焼時間約20分との事。
足とゴトク部分は折り畳め小さくなります。
アルコールを中央部分の凹みに出るまで入れてから火を付ける。
温まってくると周辺の穴から炎が吹き出ます。
1708_VARGOMULTI2_.jpg
消火も吹き消しで簡単に行うことができました。
ひっくり返すと固形燃料の台になります。
1708_VARGOMULTI3_.jpg
形状はヘキサゴンウッドストーブに合わせています。この一体感!
1708_VARGOMULTI4_.jpg
↓マウンテンプロダクツ > VARGOで購入可能です。
1708_mountainproduct_.jpg
1708_VARGOMULTI5_.jpg
posted by morikatu at 10:27| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

VARGO:ALUMINUM WINDSCREEN

1111vargowind2.jpg
BOZEMANで購入!
パタパタと畳める風防です。
重さは39g
1111vargowind1.jpg
SOTO:MUKAストーブにジャストフィットです。
↓mountain-products:VARGO > アルミニウムウインドスクリーン
1708_VARGOWIND_.jpg
posted by morikatu at 15:28| 東京 ☀ | TrackBack(0) | Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

G.I.カップとエスビットポケットストーブのセット。

1707_gibottle_.jpg
G.I.水筒とカップがとにかく使いやすい。
暑くなり、固形燃料で火力は十分になってきたのでストーブを雰囲気の合うエスビットにしています。両方共ケースはMaxpedition。
燃料は窓付きのブリキ缶に細かく切った鍋燃料と木屑。
1707_gibottle2_.jpg
G.I.カップはエスビットポケットストーブとの相性良し!
posted by morikatu at 08:23| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

シンデレラフィット:エスビットポケットストーブ&アーバンウォレット

1705_urbanwallet_.jpg
イマイチ使い方に困っていたMaxpedition:Urban Walletに
なんとなくエスビットポケットストーブを入れるとジャストサイズ!
VARGOの風防もピッタリ収まります。
1705_urbanwallet2_.jpg
ケースが決まらず、毎回違うケースに入れ、行方不明になることが多かったが
これですぐに見つけられることでしょう。


posted by morikatu at 08:37| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

ホワイトベア:このまま使える固形燃料160

1701_orsori2_.jpg
蓋を開けるだけで使え、面倒がなく良く使うのがこのストーブ。使いやすいゴトク付き。
最初はアルコールの固形燃料が入っていますが、とうの昔に使い切り、鍋用固形燃料や着火剤・木屑など要らないものを詰めて持っていっています。
低山の散歩気分の時など、念の為にtrangiaのハーフパイントカップの中に入れて持っていくことも多い。
1501whitebear2.jpg
今は、同じサイズのフライパンもセットにしています。
ゴトクは、小さいカップなども乗り安定感も良い。
1501whitebear.jpg
小学生の頃、自転車で行ける範囲に、米軍払い下げ品を扱ってる店があり
使いかけの軍用固形燃料缶が安く、よく買ってました。
ボクにとって固形燃料缶は、ちょっとノスタルジックアイテム。

登山用品店で販売しています。
posted by morikatu at 20:15| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

アイデア:ガス缶底にセロハンテープ

逆さに入れる・ビニール袋やキッチンペーパーを入れる等
色々とやってきましたが、これが一番面倒が無くて楽!
フチの部分にセロハンテープ、正確には梱包テープを貼って保護。
1701_sokosoto_.jpg
底の部分が錆びて鍋に輪っかを作るのが嫌なので、テープを貼っています。
滑り止めにもなってるような気もする。
OD缶はだいぶ持つので、一度貼ればけっこう長いこと使えます。

1111sotoban.jpg  sotosotodays.gif
posted by morikatu at 15:01| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2016年よく使った調理道具TOP3。ストーブ・クッカー・カップ・カトラリー

Akimamaに2016年よく使ったストーブ・クッカー・カップ・カトラリーの
TOP3を紹介しました。
1612_akiCOOK_.jpg
ガスストーブ・ウッドストーブ・固形燃料から各一点
フライパン・鍋・コーヒー一杯分鍋から各一点
樹脂カップ・チタンカップ・ホーローカップから各一点
スプーンフォーク単体・箸・スポークから各一点を選んでいます。


posted by morikatu at 00:01| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

100円ライターのCLIPPER

1101crippp1.jpg
最近コンビニにも置いてあるMADE IN SPAINの100円ライター。
最近は100円じゃないかも。
100円ライターなのにガスが補充できます。
1101crippp3.jpg
使い捨てじゃないのでステッカーカスタマイズしてます。
パイプ用なので下に向けると火が強くなる!
しかも石の交換もできます。
1101crippp2.jpg
関連記事
ハイキング用ミニBicライター(改造)
1506hikingbic.jpg

TRUE UTILITY:ファイヤースタッシュ(ピーナッツライター)
VARGO:Titanium Flint Lighter
ラベル:BOZEMAN
posted by morikatu at 00:01| 東京 ☁| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

アイデア:CB缶の蓋にゴム紐

行方不明になることが多いCBガス缶の蓋
13111odaiwildone8.jpg
穴を開けてゴムひもを通して100円ガス缶カバーと連結!
行方不明にならなくなりました。

1111sotoban.jpg  sotosotodays.gif
posted by morikatu at 07:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

FIREBOX (ファイヤーボックス):レザーケース ブラウン 3インチ

1610_fireboxcase_.jpg
オフ・ザ・グリッド会場で、サンプルだか旧品だかで激安だったレザーケース。
あまりに安かったので5インチバージョンも購入しました。
たしかアメリカの有名なレザークラフトメーカーが作っていたはず。
仕上げが非常に綺麗です。ストーブ入れにはもったいない。
1604_FIREBOX2_.jpg
中身はエンバーリットのファイアーアントLIVEFIREを入れました。
現在はこれに火吹きホースと小型ノコギリも追加。
良い買い物をしました。

posted by morikatu at 15:05| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

VARGO:Titanium Flint Lighter

1611_minititan_.jpg
左からリック・ヒンダラーがデザインしたミニナイフの「シンダー」
次が今回紹介するVargoの「Flint Lighter」
チタン製のジッポーライターのフリント部分と考えると分かりやすい。
ジッポーライターの様にオイルや綿、ガスストーブなどが無いとあまり使えないアイテムですが
カッコいいので入れています。
1609_VARGOfrint_.jpg
知り合いが、SOTOストーブケースに付けてました。
コーヒー倒して、イグナイターもライターも駄目にした時に役に立ったようです。
↓Bozemanの紹介ページ。
http://bozeblog.exblog.jp/17929736/
posted by morikatu at 09:46| 東京 ☀| Stove:バーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg