2020年04月26日

使用最低気温マイナス6℃の軽量エアマット『EXPED SYNMAT UL M』


サンプルが送られてきたので動画で紹介しました。思ったことがULは生地が薄いので畳みやすい。動画でも膨らましと片付けまで行ってます。早回しが要らないくらい簡単にできました。

posted by morikatu at 16:34| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

断熱材にダウンが入った温かいエアマット『EXPED ダウンマットライト』

2004_downmat_.jpg
前回2600円の激安マットを紹介したので今回は、断熱材に650フィルパワーダックダウンが入ったエクスペドのダウンマットを紹介しました。ULタイプではないので1万6千円と安いモデルです。2600円には負けますが。
2004_downmat2_.jpg
専用のポンプバッグを使うと4〜5回ほどでパンパンにすることができます。やっぱり楽。実験でアテパのバルブに付けてみるとぴったりでした。
2004_downmat3_.jpg
インサレーションが入っているモデルはやっぱり空気を抜くのが大変です。それでもスポンジに比べるとだいぶ楽になりました。
↓動画で膨らましから片付けまで紹介しています。


bnr_top_001.jpg  PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 18:23| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

【435グラム】2599円のエアマット【軽量コンパクト】

2004_atepa_.jpg
ハンモックは真夏にならない限りは背中が寒い。かと言って山用の良いマットを出すほどではないし、エアマットは結構収納が大変なので、Amazonで安くてペラペラのエアマットを購入してみました。断熱材などはなく空気しか中に入っていいないのでとてもコンパクト。
2004_atepa2_.jpg
13回ほどで膨らみました。ただしクラクラする。買った状態ではバルブの蓋がペンチじゃないと開かないくらい硬かった。ワセリンを塗ると開けれるようになったので、買って開かない人は試してみてください。畳む時は中にスポンジなどが入っていないので、とても簡単にぺったんこにすることができました。これは楽。
2004_atepa3_.jpg
長さは189cmで十分ですが幅が若干狭く感じた58cm。断熱材が入っていないので寒い日は厳しいですが、無いよりかは温かいと思います。
↓動画はこちら。

↓右のマットは私が買う時に4千円ほどしたのに安くなってる。他にも無数に安いマットが販売中。

posted by morikatu at 19:39| 東京 ☔| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

SOLのエスケープビビー


↑動画でも紹介しました。
1911_ESCAPEbivvy3_.jpg
真っ赤なマウンテンハードウェアのビビーが加水分解したため、流行りに乗ってSOLのエスケープビビーを購入しました。安いからでもある。ぼくの冬の楽しみは写真のように眺めの良い場所で野宿です。空気の澄んだ冬は、目を開けると星空が広がるのがやっぱり良い。
1911_ESCAPEbivvy5_.jpg
足元は断崖絶壁で寝ぼけて転がり落ちないように細引きで固定してます。でも加水分解で終了。そして買ったのがこれ。
1911_ESCAPEbivvy_.jpg
一応透湿性素材で内側が銀色、少し広げましたがサイズも大きそう。広いと中にマットをセットできるし、寝袋に潜り込みやすい。
1911_ESCAPEbivvy2_.jpg
劣化しやすいシームテープではなくパイピングで処理。耐久性が気になるところですが、この冬はこのビビーで頑張ってみます。
1911_ESCAPEbivvy4_.jpg
ちなみにモンベルのゴアテックスシェラフカバーも持っています。こちらも古いですがさすがゴア。だいぶボロボロですがまだ現役。野宿して雨が降ってきたら横に置いてあるツェルトを被って寝ます。

posted by morikatu at 08:57| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

【登山・キャンプ道具】スリーピングマット選び。エアマットか?クローズドセルか?


動画でスリーピングマットを紹介しました。
行く場所やスタイルに合わせて使うスリーピングマットを変えています。
一般登山コースならショートサイズで邪魔にならないエアマット。テント場でのんびりしたいのならショートサイズのクローズドセル。山旅ならクローズドセル。キャンプならフルサイズ。ハンモックならエアマット。マイナールート探索なショートサイズのクローズドセル。
夏ならペラペラのクローズドセルで十分ですので、エアマットを購入する際は、R値の高いものがおすすめです。

bnr_top_001.jpg  PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 23:21| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

【2018年】今年買って良かったモノ『コクーン社のタイフーンブランケット』


コクーン社のとても小さく折りたためるグランドシート。サイズは160☓120cmで耐水圧8000mm。重さは136グラムでした。持ち運びに全く苦にならない大きさで、ハイキングに行くときはもちろん、ちょっとした外出でも持っていくようになりました。完売のお店が多いようです。
1810_Typhoon_.jpg
ストレッチ素材の袋が優秀で、適当に折り畳んでも結構入ります。
小さくなるので雨蓋やサイドポケットなどに楽に収納できるのが便利!
↓A&Fオンラインストアでは売り切れ。
1810_Typhoon2_.jpg
posted by morikatu at 07:35| 東京 ☁| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

Montbell:L.W.トレールチェア26 (300グラム)

1804_kMontbellchair_.jpg
長雨後のハイキングの時にあると便利なのがちょっと高さのある椅子。昨日、曇り空の中で撮影だったので使っていました。
このMontbellの椅子は座面も最小限に作られていて、地面から座面の高さが商品名の26cm。袋に入れた状態で重さは300グラム丁度でした。
もう一つ持っているGRIVEL:トレッキングチェア3が380グラム。80グラムの軽量化です。
2つを比べると、組み立てやすさは広げるだけのMontbell。GRIVELは足が折りたたまれていて意外と面倒。座り心地はGRIVEL。Montbellは体の大きな人は座れないくらい小さいです。軽さはMontbellです。
1701_chairlw23_.jpg
SOTOのフィールドホッパーとの組み合わせ。
一人で行くとテーブルなどは使わず隅っこで休憩するのでイスはよく持っていくアイテムです。
バックパックを地面に置きたくない時の台にも使えます。
posted by morikatu at 08:58| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

サーマレストのZシート どっちが上か問題は、銀色が上。

1712_zseat_.jpg
奥がサーマレスト、手前がエバニュー。
サーマレストは6枚パネルで畳んだ時が四角。エバニューは4枚パネルで長方形。
収納しやすいエバニューを持っていくことが多い。暖かさはサーマレスト。
1712_zseat2_.jpg
どっちが上か問題ですが、普通、畳んだ時の内側が地面。
サーマレストも色付きが下でシルバーが上。
この記事を書くに当たり、オフィシャルで調べてみると動画がありました。

やっぱり銀色が上のようです。
この手の座布団は軽く、冬の風でよく飛ばされる。
束ねる用のバンジーコードに重りを付けると飛ばされずにすみます。
1712_zseat3_.jpg

posted by morikatu at 09:19| 東京 ☁| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

Exped:SynMat UL 7(Mサイズ)

1510hammokset3.jpg
ダウンマットは高かったので化繊が中に入ったこのシンマットにしましたが
ダウンのほうが良かった。寒がりなので真冬の奥秩父あたりでもう寒かった。
縦に深い溝が走っているので体がマットの上で安定して寝やすいです。
普通に寝やすい。
重さは修理キット込みで490g
1411expedpumps.jpg
ポンプサックがあれば、3回ほどで膨らます事が出来ます。
コレで山の中で貧血にならずに済む!
ポンプサックは防水なので寝袋の収納袋として使えます。
1410EXPEDmat3.jpg
空気を入れるバルブと空気を抜くバルブの2つもある。
空気を抜くのもあっという間です。

posted by morikatu at 11:23| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

Helinoxのチェアゼロが発売されてますね。510グラム

1703_chairzero_.jpg
Helinoxは便利そうだけど重いって方向けにチェアゼロが新登場してます。
今までのチェアワンはケース付きで960g。このチェアゼロは510g。
だいぶ軽くなってます。
ちなみに今使ってるmont-bellの椅子は300g。
あまり変わらない。

posted by morikatu at 08:09| 東京 ☁| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

スペインのAs Tucasのキルト型寝袋兼防寒ウェア「Sestrals Poncho」

1703_kiruto_.jpg
スティーブさんが自ら試してくれたのがスペインAs Tucasの「Sestrals Poncho」
寝袋にも防寒ポンチョにもなる製品。
中綿はCLIMASHIELDのAPEX167。表地はschoellerのFTCファブリックと
採算度外視で最高級の素材を使ってます。もちろん価格も高い。
1703_kiruto2_.jpg
↓ムーンライトギアで取扱いしてるみたいです。
http://moonlight-gear.com/?pid=114742015
posted by morikatu at 08:50| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ISUKA:Air 280

1702_isukaair_.jpg
寝袋はずっ〜と他に移ること無くイスカを使っています。
イスカはずっ〜と同じ表記で、買い替え時も迷わなくて済む。
春から秋までこのエア280。冬はエア630。
真夏は洗えるように2千円の化繊寝袋を使っています。
関連記事 エア280を使った時の装備リスト
北アルプス 唐松岳 テント泊の装備
槍ヶ岳 2泊3日テント泊装備
雲取山 10月中旬テント泊装備リスト
05年富士吉田から富士川まで3泊4日の装備
キャンプサイクリングの装備リスト

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 08:12| 東京 ☁| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

Therm-a-Rest:トレオチェア

1612_torio_.jpg
小田原のソトソトデイズで購入して大活躍のイス。
今までイベントやキャンプに出店してもイスも無かった。
特徴は脚の中にすべて入り、とてもコンパクトに持ち運べます。
1612_torio2_.jpg
樹脂の塊。若干重いですが、コンパクトでパッキングしやすい。
思った以上に悪くない仕組み。
脚が太いので地面にめり込まないのも良い。
1612_torio3_.jpg
ただし、慣れないと3本脚はかなり不安定。
前に置いた飲み物を取ろうとするとバランスを崩します。
あまり被らないチェアとしてはマズマズ。

↑チェア比べ
sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 12:42| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

SOLCION 折りたたみ椅子 パタット ミニ

1603_patatto_.jpg
何も考えずにパタットミニを購入してみました。
Daypackや普通のカバンにはぺったんこで入れやすいが
今風の背中の空いた登山用バックパックには非常にパッキングしずらい事が
買ってから判明しました。
とりあえず、明日にでも使ってきます。
家で使ってますが、とても丈夫でびくともしません。

関連記事
よく使っているのは、GRIVEL:トレッキングチェア3
Adirondack:マイクロチェア
最近使わなくなったのがCRAZY CREEK:HEX2.0
ハンモックとの相性を、今度試してきます。

posted by morikatu at 11:38| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

GRIVEL:トレッキングチェア3

持ってきて良かったとたまに思う物の一つにイスがあります。
これは昔からあるGRIVELのイス、ケース無しで370g
140grivelt1.jpg
山頂だとテーブルやイスの数は限られているので人が多いと地面に座ることになります。
直接座ると冷たいのと調理がやりにくい、イスがあるだけでだいぶ違う
座るだけじゃなく泥っぽい所にザックを下ろすときなどにも使っています。
140grivelt2.jpg
棒状に折りたため、サーモスの500mlとほぼ一緒のサイズ
脚を広げるのが面倒ですが使いやすい
板状にたためるAdirondackのイスも使っています。
使いやすさはGRIVEL、デザインはAdirondack
posted by morikatu at 01:55| 東京 ☁| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

Mountain Hardwear:コンデュイットSLビビー(Conduit SL Bivy)

今回の寝床
保護シートやエアマットなどすべてこの中に入れ
もし雨が降ってきても素早く木の下に撤収できるようにしています。
1411mhwconbiby.jpg
中には、エアマットサイズに折りたたんだオールウェザーブランケット
その上にEXPEDのシンマット
寝袋はイスカのAir 280


posted by morikatu at 08:15| 東京 ☔| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

Adirondack:マイクロチェア

1312Adirondackmicro1.jpg
ベンチのない場所で昼にする時にあると便利なイス
地べたに座ると調理が面倒になるので余裕があれば持って行ってます。
ベンチのある時はバックパックなどの荷物の置き場などにも使えます。
コレは平べったく収納できるタイプ
昔ながらのバックパックには良いのですが、背面がメッシュで湾曲しているバックパックだと
多少パッキングに難あり。
デザインで買いましたが最近のPENDLETON柄が欲しい〜
でも7千円は・・・
↓ネットで買えます。
posted by morikatu at 14:05| 東京 ☀| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

WILD-1:298円座布団

1310wildzabu1.jpg
WILD-1で298円で購入した座布団がSWEETPEAのショビット部分にピッタリ!
こんな感じで挟んでいると座る時にすぐに取り出せます。
1310wildzabu2.jpg
ネットで探してみたけど見つからず
結構たくさんオリジナルアイテム出してました。
↓1万2千円のソロテントやアルコールストーブ、クッカーなど
http://webshop.wild1.co.jp/products/list.php?category_id=9892
posted by morikatu at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

OMM:MountainRaid(化繊寝袋)

1309ommandw1.jpg
OMMのPrimaloft ONEを使った化繊の寝袋
重量は385g
デザインがかっこよすぎて、また展示会で見て欲しい病・・・
↓検索したらオフィシャルサイトを発見しました。
OMM:MountainRaid
1309ommandw3.jpg
posted by morikatu at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

evernewの座布団

1302zabutoneba1.jpg
アウトドアイベントで300円だったのでつい買ってしまいました。
あると何かと便利だし
背面が薄いBackPackの背中に当ててぱっと代わりにすることもできます。
1204soevernew2.jpg
畳むとこのくらいで重さは30gでした。
posted by morikatu at 07:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg