2020年08月18日

Black Diamondの4800円バックパック『トレイルブリッツ12』

2008_BDTRAILBLITZ_.jpg
BOZEMANで購入したバックパック。散歩ハイキングに使いやすい巾着式でサイドに折りたたみ傘がぴったり入るスリット有り。
2008_BDTRAILBLITZ2_.jpg
生地は意外としっかりとしている100デニールのリップストップナイロン。特に入口部分は黒い生地と二重になっていてかなりコシがあってパッキングしやすいです。ただし入り口が若干小さめ。
サイズは12リットルで185グラムで4800円。最低限の道具を入れた散歩用で、パッキングし直さず、そのまま大きめのバックパックに入れ子にしようかと思い購入しました。
2008_BDTRAILBLITZ3_.jpg
今までの散歩用はblue ice ドラゴンフライ 18Lでこちらも巾着式。コチラは完全に散歩用で、散歩して帰りにスーパーで買い物用。
↓動画での説明

Black Diamond トレイルブリッツ12  https://amzn.to/34b8zk8
ウルトラシルナノポンチョ https://amzn.to/3gaijyy
ウルトラシルナノショッピングバッグ https://amzn.to/39L8GDL
カタダイン BeFree https://amzn.to/2Eg1fZN
プラティパス デュオロック https://amzn.to/3fiW7Rv
ミステリーランチ クーリー 25  https://amzn.to/3hsxsLQ
KING 小型三脚 トライアングル https://amzn.to/346CutX
SONY RX100M7 https://amzn.to/3bZUsi6

NT_w200.gif   monoral_bnnr_EFBD88.png
posted by morikatu at 19:55| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

『Matador フリーレイン24』完全防水のパッカブルバックパック


珍しくA&Fから提供されたMatadorのシームテープが施され完全防水のパッカブルバックパック『Matador フリーレイン24』を紹介しました。重さは180グラムで軽いだけではなく、サイドにはメッシュポケット、フロントには大型のジッパーポケットもあります。
2007_Matadorrain_.jpg
サイドメッシュはよく伸びるのでボトルなんかもすっぽりと収まる。フロントのジッパーポケットもかなり大きい。軽さ重視が多い中、使いやすいポケットの多いパッカブルです。背面パットはありませんので、積極的に使う時は100均座布団でも良いので背面パットを用意した方が良いです。僕は東京ハンズで購入したサンペルカフォームという450円で購入したパットを切って作ってます。テントマットなどでも簡単に作れます。
2007_Matadorrain2_.jpg
完全防水で180グラム。24リットルは普通にハイキングするくらい荷物が入ります。ロールトップは防水性は高いですが開け締めが面倒。普通に使うのならジッパー式の16リットルが使いやすいかも。
2007_Matadorrain3_.jpg
気になる点はショルダーがやたらと長いです。動画の中でチェストストラップを外してますが、長過ぎて脇腹にくる。ショルダーがズレないので無くても気にならないです。
↓A&Fのオフィシャルはこちら
2007_Matadorrain4_.jpg
https://www.aandf.co.jp/brands/matador
やっぱり実店舗が厳しいからYouTubeでの宣伝を各社考えている感じ。アウトドアショップなどの動画増えてますし。頑張らなきゃ…。

posted by morikatu at 09:43| 東京 ☁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

雨の日はやっぱりターポリンのドライバッグ『SealLine アーバンドライデイパック』

2007_nsele_.jpg
誰も居ない低山好きなのでバックパックは汚れても気にならないターポリン系が好き。これはアメリカのドライバッグで有名なSealLineのバックパック。アーバンラインで見た目もスッキリしていて、素材感もおしゃれ。
2007_nsele2_.jpg
とても良くできているのはこの開口部。フック部分にゴムが採用され、伸びてフックします。引っ掛ける側も厚手のゴムで片手でサクッと掛けることができる。この手の開口部はよくありますが、だいたい両手が必要になる。上も軽く折るだけなのでロールトップのような面倒さは無し。
2007_nsele3_.jpg
背面はバックパックメーカーではないので、凝った作りではありませんが、必要十分。
2007_nsele4_.jpg
フロントパネルは溶着で耐久性が少し心配。ペツルのタックルバッグを3種類使ってますが最近溶着部分が加水分解気味です。
Made in USAで容量26リットル。
関連記事
一番愛用していたのに底が抜けた『PETZL:ポルタージュ(30リットル)』
2007_nsele6_.jpg

軽量なドライバッグEXPED:ブラックアイス 30
2007_nsele5_.jpg


posted by morikatu at 14:15| 東京 ☁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

PeakDesign フィールドポーチ


ピークデザインのとてもかっこよいガジェットポーチを動画で紹介しました。ゴープロやSONY RX100を入れるポーチとして使用しています。見たことのない耐久性と耐水性の高い素材を使用したおしゃれなポーチです。同社のリンクシステムのストラップが取り付けられます。
2005_EVERNEWgo5_.jpg

posted by morikatu at 19:41| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

おしゃれなPeakDesign フィールドポーチ

2005_PEEKDesign_.jpg
おしゃれなカメラ用周辺小物で有名なPeakDesignのバッグを購入してみました。バックパックは高いので今回は小さなガジェットポート。今まではカメラストラップカメラの取付け金物はPeakDesignを使っていました。
2005_PEEKDesign2_.jpg
素材の質感が素晴らしいです。なんとも言えない耐久性や防水性が高そうなゴアゴアの質感。底にはハイパロンが使われ、素材だけで形を維持している感じの素材。なので軽量バッグではない感じ。
2005_PEEKDesign3_.jpg
ちょっとした散歩用のカメラ機材を収納しました。SONY RX100にGoPro8。予備電池とレンズ拭きとハンドル三脚くらいなら入ります。スリップポケットがたくさんありますが、何を入れて良いのかよく分からないポケット。裏面には丸いPeakDesignのアンカーが付いていますのでストラップを持っているのなら取り付けが可能です。
2005_PEEKDesign4_.jpg
この部分に幅広のスリットがあり、いつもここにスマートフォンを差し込んで歩いています。すぐに取り出せて便利!
欠点はメイン気室のフラップがベルクロ式で長袖だとウェアが引っかかるのが不便!フラップは中に押し込むことも可能です。

posted by morikatu at 08:58| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

FJALLRAVENのバックパック「Lappland Friluft 45」

2004_Cfel_.jpg
世界的なブッシュクラフトブームで人気急上昇中のFJALLRAVENのバックパック「Lappland Friluft 45」。昔のストレートジャケット時代のOSPREYのようなデザインで悪くない。素材もG-1000 HeavyDuty Ecoでタフそう。なのに背面はこれまたOSPREY風のメッシュ。ここの耐久性が気になる感じ。

1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 08:41| 東京 ☁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

深大寺マウンテンワークス:Toad Sack Sil


バックパックとナップサックの中間のような製品。重さは約100グラム。ウラヤマ散歩用に買いました。アタックザックにも便利かも。ショルダーは幅広で食い込まない仕様。
1911_Toad2_.jpg
必要なものだけを入れてサクッと散歩やお買い物に行ける製品です。
ちなみにシャツはAXESQUINのゴブソデTシャツ
1911_Toad3_.jpg
↓オフィシャルはコチラ。ぼくはハイカーズデポで購入しました。
1911_Toad4_.jpg

1111sotoban.jpg  bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 18:55| 東京 🌁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

ポーランドHELIKON-TEX社の『BUSHCRAFT SATCHEL』

2004_BSATCHEL_.jpg
ヘリコンテックス社はポーランドの軍関連のウェアなどを作っている会社で、最近ブッシュクラフトラインやアーバンラインを数多く出していて、たまに気になる商品が出てきます。以前パンツを買ったことあり。これは肩掛けバッグで、愛用しているミステリーランチのロードセルと似ているので購入してみました。ロードセルはただのスタッフサックで一切ポケットなどはなく、便利だけど荷物がぐちゃぐちゃになるのが欠点でした。
2004_BSATCHEL2_.jpg
素材はCORDURA500デニール。生産工場が違うからか、ミステリーランチとはテカリなどが違います。ジッパーはYKK。引手も持ちやすく滑りも良い。合皮っぽいですが焚き火マークのレザーパッチも可愛い感じです。
2004_BSATCHEL3_.jpg
容量も十分でこれで4.5キロ。少し重かった。ショルダーベルトが長すぎて、一番短くしても長い!切って使っています。
2004_BSATCHEL4_.jpg
正面にジッパーポケット、側面にモーリーストラップ、内側にボトルポケットが2つにメッシュポケットと収納も充実しています。
2004_BSATCHEL5_.jpg
デザインも悪くない感じ。ウラヤマ散歩、チェアリング、そして普段使いもいける肩掛けバッグです。
↓動画で説明しました。


posted by morikatu at 17:12| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

PAAGO WORKSの新作【CARGO 55】

1911_cargo_.jpg
CARGOシリーズが大きく変わる。今までは昔のオスプレーのストレートジャケットのような左右からの挟み込みでしたが、今回は前後からの挟み込み。これで荷物の幅を揃えなくても大丈夫。キャンプに行く時にはテントや寝袋やテーブルなどを収納袋ごと挟み込みができる。前はグラナイトギア、今はミステリーランチがこの方式。
1911_cargo2_.jpg
面白いのは、付属でサイドポケットや袋などが多数付くこと!
これでどれが合うのか考えなくてもある程度の形にすることができます。
1911_cago_.jpg
これは旧型で軽量バックパックごと挟み込んでます。
↓CARGO 55の詳細はこちら
https://www.paagoworks.com/paagoproduct/cargo-55/

PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 08:49| 東京 ☁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

大型&中型バックパックのフィッティング


フィッティングを動画で説明しました。あえて15年ほど前のデイナデザインのボムパックを使用。人を背負うイメージで紹介しています。

1708_mountainproduct_.jpg  PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 20:01| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

クラシカルなデイパック『ジャンスポーツ ハチェット』


ジャンスポーツのクラシックなデイパックを動画で紹介しました。
1909_hatchet_.jpg
開口部が大きく開き荷物の出し入れが簡単なデイパック。ジッパーが片手で開くほど動きがスムーズ。使いやすいように周囲にはポケットはたくさん付いています。ノートパソコンスリーブあり。
1909_hatchet2_.jpg
タブレットスリーブには、傷防止の起毛素材が張られています。
↓JANSPORT×Akimamaの記事はこちら
https://www.a-kimama.com/outdoor/2019/09/97476/
↓ハチェットの公式サイト
1909_hatchet5_.jpg

Amazonでは200以上のレビューで星4.5
posted by morikatu at 08:34| 東京 ☔| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

マウンテンスミスのU.L.系バックパック。フロントはトレランパック風


バックパックは多分こうなっていくって形。
増え続けるガジェットをフロントにどうスッキリと収納するか
軽量小型化するウェア・ギアをどう収納するか

1708_mountainproduct_.jpgNT_w200.gif
posted by morikatu at 16:21| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

GREAT COSSY MOUNTAIN:POP HIKER One Day Distance プラス

Off_the_gridで見た良かったアイテムがコレ!
1904_onedayd_.jpg
本気で注文しようか悩み中。サイズ的にちょうどよいし、プラスはバーチカルツインポケット付き! 背負った時のシルエットも美しく、どうなっているのか見せてもらうと、ショルダーハーネスの下の付け根がバッグの真ん中から伸びていて、軽くコンプレッションしているようです。ナップサック以外で初めてみた構造。
大物ザックを購入したばかりなのでもうちょっと悩んでみます。
↓受注生産品
GREAT COSSY MOUNTAIN
posted by morikatu at 08:58| 東京 ☔| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

久しぶりにバックパック購入!『シアトルスポーツのソフトクーラー バックパック』

1902_Coolerbi_.jpg
アウトドアショップに行くと30%OFFセールだったので思わず買ってしまいました。シアトルスポーツが、米国生産ではなくなるので最後に購入したかったてのもあり。容量は17リットルのソフトクーラーで、クーラーバッグとして使ってもよいし、丈夫な小型バックパックとしても使えます。公園にちょっと行ったり、ちょっと散歩した帰りに買い物して帰るなんて時にも便利そう。
1902_Coolerbi2_.jpg
ショルダーも厚くてしっかりとした物が取り付けれれています。ショルダースタビライザーに使われているテープがイマイチ。本体はツルッとしたPVCですので汚れても拭き取れば綺麗になる。
ソフトクーラーですので気室がしっかりとして中の荷物が取り出しやすい。
1902_Coolerbi3_.jpg
あると何かと使えそうなクーラーバックパック。見た目も小型ダッフルバッグを背負ってるみたいだし。
1902_Coolerbi6_.jpg
↓A&Fでも売ってます。Vic2でも売ってます。
1902_Coolerbi5_.jpg
posted by morikatu at 08:03| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

チェコDOLDYのミニショルダー「CHUZE」

1901_dody_.jpg
DOLDYの代表的なバッグをベースにしたミニショルダーですが、びっくりするほどシンプルです。
あるのはメイン気室だけで、こういうバッグにはよくあるオーガナイザーポケットなどは無し。サイドに謎のミニポケットあり!
1901_dody3_.jpg
四角い面構えがポイントで、容量はソコソコあるので必要な物はだいたい入ります。ただしただの袋。
1901_dody2_.jpg
裏面にスリットポケットがあり、ここがあってよかった。こちらにもチェコの国旗がアレばよかったのに。
↓GO OUT オンラインストアで売ってますが、ほぼ完売。
1901_dody4_.jpg
posted by morikatu at 08:07| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

バッグの流れはカメラバッグ。VANQUESTの新作バックパック


パックパックの流れがカメラバッグになってきています。
スマホ・バッテリー・ケーブル・タブレット・アクションカメラ・カメラ・カメラ予備バッテリー・充電器等、細々とした高価なガジェットが増え、それを上手く収納するためには、自分で間仕切りを調整できるカメラバッグが便利という流れ。
すぐに取り出したいものなので、バッグの中の小分けポーチから取り出すのって結構面倒だったりします。
それとベルクロを使って好きな所に好きなオーガナイザーを取り付けるのも流れですが、まだこれだ!ってのが出てきていません。動画の中でもいくつか紹介されています。
ベルクロのオーガナイザーシステムはTERGが日本で少しだけ展開しています。あとA&Fの展示会でETHNOTEKがエブリデイキャリーのカメラバッグを発表していました。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 07:48| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

OGAWAND:Wrap Sack(ウエストポーチ&斜めがけ)

1811_WrapSack_.jpg
ギアループで以前から気になっていたOGAWAND:Wrap Sackを買ってみました。よく伸びるストレッチ素材を使用したウエストポーチで荷物を体に密着させることができる。肌触りが良いのが使っていて気持ちが良い。
1811_WrapSack3_.jpg
荷室の入り口はスナップボタンが1つだけ。ベルトは長さ調整ができるので斜めがけもウエストポーチとしても使用できる。
1811_WrapSack2_.jpg
ウエストに持ってくると目立たないのでいい感じです。
↓いつも売り切れですが、オフィシャルはこちら。
1811_WrapSack4_.jpg
posted by morikatu at 10:25| 東京 ☁| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

ギアループで買ったblue ice ドラゴンフライ 18L(旧モデル)

1810_BlueIce_.jpg
近所の散歩用に購入しました。ナップサック感覚で気軽に荷物を詰めて持っていけるのが良い。今まではGREGORY:Miwok22MYSTERY RANCHのストリートファイターを使ってました。
1810_BlueIce2_.jpg
意外と便利なのがフロントのグラブハンドルでベンチに下ろしても、持ち上げる時にここを持つだけで良い!っと書こうと思ったら、現行モデルでは無くなってました。背中には座布団に使える、薄いクローズドセルのパットが入っています。新品で買っても税込みで7千円。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーアイス ドラゴンフライ18L【☆】
価格:7344円(税込、送料別) (2018/11/2時点)

楽天で購入

posted by morikatu at 08:25| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

ORTLIEB(オルトリーブ) のギアパック

1806_GIApack_.jpg
気になっていたORTLIEB(オルトリーブ) のギアパックを展示会で見てきました。PVCの丈夫なバッグですがデザインも良い。開口部はロールトップ式。
1806_GIApack2_.jpg
スリットとトグルを使ってカスタマイズができるようです。メッシュポケットが付属。
背面もなかなかしっかりとしています。
1806_GIApack1_.jpg
購入も考えていますが、気になる所がやっぱり黒のCORDURA部分。関東の細かい泥(ローム)が詰まり易いんですよね。泥の多い低山での使用が多いので、もうちょっと悩んでみます。
ラインナップ紹介はこちら→ORTLIEB(オルトリーブ)
今のメインはPETZL:ポルタージュ(30リットル)
1302portage1.jpg

洞窟探検用で背面も底もすべてPVC仕様のタックルバッグ。どろどろで汗まみれになっても沢に漬ければきれいになる。ただし黄色が派手すぎ、重さは全部肩。
posted by morikatu at 06:46| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

ミネルヴァのザックの背中を涼しくする『エアメッシュパネル』

1804_mine_.jpg
PETZLのバックパック「ポルタージュ」がお気に入りですが
気に入らない所が3箇所。色の黄色が派手(モデルチェンジ前の赤を買っておけば良かった)
ウエストベルトが無い(一度肩が凝り始めると辛い時がある)
そして背面がPVCなので背中に張り付く(汗冷えしやすい)
そこで取り付けているのがこのミネルヴァ エアメッシュパネル。
1701_MINE2_.jpg
最近のバックパックは背面が涼しいのであまり見かけなくなりましたが、以前は付けている人をよく見かけてました。
6mm厚3Dハニカムメッシュで、背中の張り付きがかなり改善されます。
フロントにEXPEDのポケットを付けて、黄色を少なくしました。
1804_mine2_.jpg

posted by morikatu at 23:05| 東京 ☀| ザック・バッグ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg