2020年10月14日

立川トリッパーズ特製のゴミ入れ

2010_tripere_.jpg
立川トリッパーズで購入したのがアルトラとこのゴミ入れ。トレランショップなのでエナジージェルなどの小さなゴミ入れです。ショルダーの付け根に止めてます。
2010_tripere2_.jpg
止めるのはシンプルなスナップボタン。ベロクロは簡単なんですが、グローブなどが引っかかってこれくらい軽いとスナップボタンがやりやすい。ドロシーズンに活躍するMSRのブラシも入れることが出来ました。

1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 15:49| 東京 ☁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

ウエストバッグに拡張ポケットで使いやすい【ヒップモンキー2】

2008_hipmomky_.jpg
ウエストバッグだけだと、荷物を取り出すたびにベルトを緩めて、体の前にバッグを回して、荷物を取り出す必要があります。その時にシャツも捻れて面倒です。ボトルポケットなどを一つ足すだけでだいぶ快適になります。背中も涼しく、暑い夏には快適です。
手を振ってもボトルポケットと当たらない位置にウエストバッグを少しズラして体に装着しています。
↓動画でも説明しました。

動画はLUMIX G100で撮影しましたが、純正レンズだとイマイチでした。この後の動画でいつも使っていたレンズに変えた所良かった。外の動画はただの設定ミス。
ヒップモンキー2 https://amzn.to/3gZgtAI
フォーリッジャーポケット https://amzn.to/31haH87
Maxpedition アイフォンケース https://amzn.to/3doiapr
DANGO ダッパーウォレット https://amzn.to/32tylhp
ルミックス G100 https://amzn.to/31o5hZ8

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 08:37| 東京 ☁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

【マニア向け】透明のスタッフサック紹介。中身が透けて見えます。


完全にマニア向け動画です。透明や透明窓のあるスタッフサックばかりを紹介しました。以前は耐久性重視で重かったのですが、最近は軽い製品も多く販売されています。

posted by morikatu at 18:07| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

蒸らしもOK!メスティンケース【1280円】


アマゾンで見つけたメスティンケース。CB缶などの調理道具入れとしても最適です。
2007_messcase_.jpg
内側は薄いですが銀色の生地が貼られています。これは炊飯した時の蒸らし用。
サイズ感もちょうどよく様々な物が程よく収まります。
2007_messcase3_.jpg
ナルゲン1リットルもぴったりだし、CB缶などの野外料理で必要な道具も良い感じで収まる。程よい生地の厚みで保護もされる感じです。

posted by morikatu at 20:44| 東京 ☁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

アウトドアメーカーはショッピングバッグも優秀です。

2007_shoppingbag_.jpg
バッグ好きなのでショッピングバッグ歴も長いです。登山帰りでも使えそうなショッピングバッグを集めてみました。普段のショッピングバッグはまた別で四角いのを使っています。まずは先日購入したシートゥサミットのナノデイパック
2007_shoppingbag2_.jpg
ショルダーは縫い付けで長さ調整不可で、しかも細くなるので食い込みます。生地は薄すぎて柔らかくこちらもイマイチ。ですが快適性をすべて捨てて、軽量コンパクトに振り切って、あると何かと重宝しそうな商品。
2007_shoppingbag3_.jpg
こちらは深大寺マウンテンワークスのToad Sack Sil。こちらはショルダーが幅広でメッシュもあるため、細くなって食い込むことはありません。ただし生地は柔らかいシルナイロン、パッキングはスキルが必要。
2007_shoppingbag4_.jpg
こちらはもうすぐ発売のマタドールの24リットルウォータープルーフバックパック。これは縫い目がすべてシームテープ処理の防水。比較的に生地がしっかりとしています。発売されたらまた紹介します。
2007_shoppingbag6_.jpg
これはグラナイトギアのグロッサリーバッグで、シルナイロン系はつるつるしているので意外とショッピングバッグに不向きだったりします。あとカレーのルーの箱などの角も気になる。
2007_shoppingbag5_.jpg
こちらは99%リサイクル素材を使用したチコバッグ。山に行くときはほぼコレ。バックパックの形を整えているのがコレ。生地も厚くて、肩に掛けれて、浅めで何かと使いやすいショッピングバッグですが、今はどこも欠品。チコバッグ ヴィータ rePETe
↓動画も作りました。


1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 15:17| 東京 ☁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

30グラムで18リットルのデイパック『SEA TO SUMMIT ナノデイパック』

2007_nanosirl_.jpg
たったの30グラムで指三本分くらいのデイパックを買ってみました。一度出してみましたが、収納も簡単でした。
2007_nanosirl2_.jpg
久しぶりに街に用事があり、アウトドアショップを覗くとあったので思わず購入。ショッピングバッグ歴は長いので動画でも作ろうかな。経験上、シルナイロン系は非常用には良いですが、生地が柔らかすぎて常時使うショッピングバッグにはあまり向かない。ある程度生地にコシがあるのが良いです。あと底面が箱型だと何かと買うお惣菜が水平に保ちやすいので便利です。
登山帰りでショッピングバッグを忘れた時などには、スタッフサックが袋代わりになります。スタッフサックは細長いものが多いのでたまに地面に擦るのが欠点。ロールトップのスタッフサックは長さも変えれるし、持ちやすいです。

posted by morikatu at 15:40| 東京 ☁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

Matador:Droplet Wet Bagをムーンライトギアで購入

1710_raindrop_.jpg
シリコンゴムでできた容器の中に防水バッグが入っているだけ!のアイデアグッズ。濡れたor濡らしたタオルや衣類、湿ったゴミなどちょっと防水バッグが必要になる時は意外と多い。そんな時に使えるアイテムです。
1710_raindrop2_.jpg
防水バッグを取り出しポリ袋を3枚収納しています。防水バッグは着替え入れとしてまた別に使っています。
↓そんなMatadorの日本代理店がA&Fになったようです。パッカブルギア専門メーカーとの事。
2007_matador_.jpg
posted by morikatu at 08:24| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

Maxpeditionの PHPスマホケース

2004_phpCASE5_.jpg
スマホをどう携帯するかが最大の悩み。今回はこのマックスペディションの専用ポーチを試してみました。タクティカルを得意とするメーカーで取り付け方法は樹脂のタックタイを使用したモーリー。
2004_phpCASE_.jpg
付属は短かったので、家にあった5つ穴の長いストラップに交換すると手を降っても当たらない位置にスマホケースを置くことができました。しかも手元までスマホケースを持ってくることができます。
2004_phpCASE4_.jpg
この樹脂製のタックタイが優秀でダブルロック仕様で簡単に取り付けられるのになかなか外れない。両手を使えばモーリーシステムにしてはかなり脱着が楽な仕様です。
2004_phpCASE3_.jpg
裏面は起毛で、Amazonの商品説明では分からなかったのですが、 オフィシャル を見るとサイズが2種類あるみたいです。購入したのは小さいPHP。8プラスサイズのPLPもあり。
↓詳しくは動画で説明しました。


Maxpedition スマホポーチ PHP https://amzn.to/3egYhBZ
Maxpedition TacTie(5穴) https://amzn.to/2XrDlCi

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 05:51| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

薪集めやゴミ拾いなど便利な袋『マックスペディション ローリーポーリー』


山歩きしながらの小枝集めやゴミ拾いなどに使っている便利なMaxpeditionの折り畳める丈夫な袋『 ローリーポーリー』を紹介しました。本来はマガジンを入れる袋のようですが、山遊びでも便利です。丈夫で汚れ物を入れても気にならないゴツさが良い。

posted by morikatu at 20:28| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

Maxpedition:Rollypoly(ローリーポーリー)ゴミ袋

2003_rolle_.jpg
昔から導入を検討しては見送っていたローリーポーリー。本来は銃器のマガジンなどを入れる袋。使用しない時はこんなにコンパクトに折りたたむことができます。
2003_rolle2_.jpg
歩きながら見つけたゴミを入れるように考えていましたが、買うほどの事でもないので見送っていました。最近導入したソロストーブで枝集めが楽しくなったのでやっと購入。広げるとこのサイズ。
2003_rolle3_.jpg
拾った500ml缶なども収まるサイズ。生地も1000デニールほどあり丈夫です。薪も躊躇なく入れられる。
2003_rolle4_.jpg
取り付け方法は、僕の場合はほとんど上部Zクリップでショルダーハーネスの付け根に止めています。背面にはモーリー/パルスウェビングとベルト通しもあり。たたむ時のベルクロは使用時に邪魔にならないように奥で止められるのも気が利いています。コンパクトでなかなかいい製品。

posted by morikatu at 09:02| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

Hyperlite Mountain gearの高級スタッフサック

ハイキングイベントの参加者でやたら持っている人の多いこのハイパーライトのスタッフサック。正直「ゴミ袋で十分」と思ってましたが、使ってみるとめちゃくちゃ使いやすかった。使う人が多いのがわかる気がする。
1912_HYPERlite_.jpg
素材はダイニーマコンポジットファブリック(キューベンファイバー)。これはXLサイズで5000円!。白が一番薄手、写真の緑が中間で、黒が厚手。
↓詳細はムーンライトギアに載ってます。
https://moonlight-gear.com/?pid=104147335
1912_HYPERlite2_.jpg
へんに軽量にこだわってもなく、使われてる細引きがしっかりと編み込まれていて使いやすい。HILLEBERGの細引きと似た感じ。
ぼくの使いやすいスタッフサックの種類は
1.防水(雨が多い日本では必須)
2.中身が見える(忘れ物が減る)
3.形が好きに変えられる(パッキングしやすい)
4.開け閉めしやすい(準備が早い)
中身が見え防水。キューベンで多少無茶な事をしても大丈夫。そしてキューベン独特のハリでパッキングも落ち着く。形の自由さではゴミ袋に負けますが、耐久性で圧倒的に勝っているアイテムです。

NT_w200.gif  1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 08:51| 東京 🌁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

EXPED U.L.コンプレッションバッグ


バックパックの底に収納しやすい横方向に圧縮できるエクスペドの圧縮袋を紹介しました。動画の赤も黒もSサイズ。
黒は旧ロゴ時代に買ったアイテムで当時のかさばるテントのフライを入れてました。赤い方はU.L.仕様でダウン量600グラムくらいの寝袋までは入ります。シームテープも貼られていて完全防水のコンプレッションスタッフサック。


posted by morikatu at 22:23| 東京 ☁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

グラナイトギアのスタイリッシュなスマホ収納可能ショルダーポーチ『クイックスタッシュ』


GRANITE GEARの新作かな?下北沢BOZEMANで購入しました。ショルダーではなく、後ろのアタッチメントを見て、脇の下に取り付けられないかと思い購入。
1910_rodeWireless5_.jpg
この位置にちょっとした小物が置けないかと思い試行錯誤中!。手が回しやすく、重さを感じさせず、邪魔にもならない位置ですが、ここに収まる良いポーチがない。
PAAGO WORKSのSNAPとの違いは後ろのアタッチメント
1910_rodeWireless6_.jpg
SNAPはほぼショルダー専用でシンプルで使いやすい。クイックスタッシュは様々な場所に取り付けられるが面倒。取り出しやすさはSNAPで、スマートさはクイックスタッシュ。


posted by morikatu at 12:14| 東京 ☔| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

これは良いアイテム。ナイトアイズの新作完全防水ジッパーポーチは軽い!『ランオフ ウォータープルーフポーチ』


ナイトアイズの新作防水ジッパーポーチは軽くて完全防水です。
IP67の防水性能でジッパーで簡単に開け閉めができるのに、膨らませて潰そうとしても潰れないくらい密閉力が強い。
1909_ZipperPouch_.jpg
しかも、持って分かるくらい軽量です。
1909_ZipperPouch2_.jpg
ちょっと価格は高いですが、山に行く時にも高価な電子機器を濡らさないためにもあって困らない製品です。普段遣いもしやすい。
他の防水バッグと比べてみてます。
1909_ZipperPouch3_.jpg

posted by morikatu at 21:53| 東京 ☁| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

山で便利なバケツ型収納袋。AXESQUINのヌノバケツなど


キャンプやハイキングで収納しやすく、荷物を見つけやすいバケツ型スタッフサックを紹介しました。調理中に道具が散らばりがちな人におすすめです。
1909_bukeet_.jpg
AXESQUINのヌノバケツやシアトルスポーツのボケットバケツなんかはある程度生地が固くて、道具箱のように使いやすい。
1909_bukeet2_.jpg
シルナイロン系は、素材がやわからかくてやっぱりスタッフサック。道具箱ではない感じ。
1909_bukeet3_.jpg
昔から言ってますが、ザックカバーは荷物入れとして、防水だし、荷物は取り出しやすいし、最近はザックに付いてるし使いやすいです。

posted by morikatu at 18:48| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

サムライ騎士 180mmとMystery Ranchのベアスプレーホルスター

1903_Bearh_.jpg
買ったは良いが何に使って良いのかよく分からなかったベアスプレーホルスターの良い使い方がやっと見つかる。サムライ騎士 180mmが強引ですが収まりました。強引ですが、フォールディングナイフも一緒に収まります。入り口がかなり細く、取り出しに苦労するタイトさです。
1903_Bearh2_.jpg
後ろはもちろんモーリー対応ストラップ。ストラップがあればどこにでも取り付けられます。行きは中で、山に入ったら外付けなんて使い方ができます。
↓オフィシャル
1903_Bearh3_.jpg

posted by morikatu at 08:54| 東京 ☔| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

【止水ジップ】EXPED クリアキューブを使った山用ガジェットポーチ【22グラム】


増え続ける山用の電子機器をまとめて入れているポーチです。水にはそこそこ強く、重さも22グラム。
モバイルバッテリーやケーブル・予備電池やゴープロやオズモポケットなどまとめて入れています。
透明で中身が見えるのがとても良いポーチです。
↓アマゾンですが販売は練馬ソキット。
posted by morikatu at 20:38| 東京 ☔| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

EXPED:クリアキューブ

FirstAid用の赤も持っていますが、黄色をハイカーズデポで購入しました。
1902_EXPEDp_.jpg
中身が見えるとやっぱり使いやすい防水性のケース。
最近増えた電子機器を入れています。GoPro・DJIオズモポケット・モバイルバッテリー・ミラーレスの予備電池・予備SDカード・レンズ拭きなどを収めてちょうどよいくらいのサイズ感。黄色で見つけやすいのも◎。
1902_EXPEDp2_.jpg
EXPEDはちょっと変わってるけど使いやすい袋物が多いです。
関連記事
EXPED:中身が見える「クリアキューブファーストエイド S」
EXPED:VISTA Organizer A4

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 17:57| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

OGAWANDのエクストラボトルホルダー

1811_BottleHolder_.jpg
OGAWANDのエクストラボトルホルダー、ギアループで販売していました。
メッシュタイプとX-PACタイプがあるとのこと。
1811_BottleHolder2_.jpg
後ろのプラバックルでストラップのあるところならどこにでも取り付けることができます。
↓オフィシャでは見つけられず。
http://ogawand.com/products/OGAWAND_products.html

1111sotoban.jpg
posted by morikatu at 07:28| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

デジタルガジェットを整理するバッグ『THE POWER PACKER』

貰ったは良いが、モコモコ感がボクの好みに合わず、紹介しなかったバッグ。
デジタル系のガジェットやケーブルをキレイにセットできるのがこの『THE POWER PACKER』
1804_POWERpack_.jpg
やろうとしたいことは分かるが、設計者と同じ装備じゃないと色々なスリットが余りまくる仕様です。ノートパソコン持って、マウスや外付けHDDなどもフル装備で持つ人には便利かもしれません。
1804_POWERpack2_.jpg
とにかく仕切りが多いです。
タブレットくらいしか持ち歩かないボクは持て余してしまいましたので、一眼レフ用のリモートシャッターや外部マイクなどをセットしています。
1804_POWERpack1_.jpg
バックパックもそうですが、荷物が設計者と近くないと、足りなかったり、持て余したりします。
YouTubeで色々な方がレビューしているので紹介します。

質感などはとても良いですが、個人的には、一番のウリのストレッチパネルが、柔らかすぎて中身の形がはっきりと分かるのが苦手。appleのマジックマウスなどヌルっとしてスリムで格好よいマウスを入れるのならピッタリかも知れません。
1804_POWERpack3_.jpg
中身が分かるくらい凸凹します。
同じところが輸入しているGRIVELのトラベルポーチの方が好きです。
↓この動画の7分10秒から紹介しています。
posted by morikatu at 16:30| 東京 ☀| スタッフバッグ・小物袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



1811_aandfrogo2_.jpg