2018年11月13日

週末は愛媛県松山市のアウトドアーズ・コンパスの凌イベントへ

1811_konpas_.jpg
週末は松山市内の老舗アウトドアーズ・コンパスにお邪魔してきました。地方の元気な店はデカイです。ワンフロワにキャンプから登攀ギア・ハイキング用品からアウトドアアパレルまで揃っていました。
店舗側から提示されたエリアが地図見るだけでもワクワクするようなエリアで、このエリアを熟知している常連さんも参加してのシノギング。面白くならないわけがない。
1811_konpas2_.jpg
せっかくなので常連も行ったことのない尾根を目指します。上には三角点があるので行けるだろうと保険はかけての出発。早速怪しいマネキンがあったり、もう使わなくなってかなりたったと思われる林道と作業小屋を通過し尾根に取り付く。尾根にも境界線の杭と踏み跡があり、余裕だろう思っていたら、三角点手前から人間よりも成長したシダ類の繁殖が凄く、手こずりました。30分で行ける所を1時間以上かかる。
1811_konpas3_.jpg
三角点がある場所も草で覆われ、みんなで捜索しやっと三角点を発見した時の写真。苦労して探しに行ったので歓声があがりました。
少し尾根を詰めると、鉄塔巡視路があるのを常連さんが知っていたので、帰りは巡視路で下山しました。
やってることは小学生の裏山探検ですが、大人になっても楽しいものです。
地図をみたり、経験値があるので、より複雑な裏山探検(凌)ができます。

↓アウトドアーズ・コンパスのHP。登山イベントが盛りだくさんです。
1811_konpas4_.jpg

↓AXESQUINオフィシャルのレポートはこちら
11月11日 OUTDOOR'S KOMPASの出張シノギングの様子
posted by morikatu at 09:30| 東京 ☔| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

イノシシ道探索!新しい石碑発見。

1810_inosisi_.jpg
今、探索しているエリアはイノシシが多く、山の中腹にかなり立派なイノシシ道が出来ている。最初の探索でイノシシ道を進んでいる時に誰も来ないような場所で金毘羅様を発見した。今回はその東奥の尾根を探索していると、また横切るイノシシ道が現れたので進んでみると、地元の方に聞いた水神らしき石碑を発見した。
1810_inosisi2_.jpg
と言っても、僕の予想だとさらに奥の2つの尾根だったのでこれが本当に水神なのかは不明。奥の2つも探索してみます。近くには平でキレイな場所もあり良い所でした。ただの散歩程度の探索でこんな発見があるとは…。
1810_inosisi3_.jpg
今日のpocket dump。

1810_aandftent_.jpg
posted by morikatu at 15:25| 東京 ☁| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

昨日は雨の中を凌ぐ。

昨日は、雨の中を凌いできました。予想より雨が早くしかも強い。
まずは山を遠くから見つめて、尾根の形状や木の種類からルートの当たりをつけます。民家の隙間を抜けると地元のハイカーが作ったと思われるマップや道標を発見し、ハイキングスタート。
1809_sinogu_.jpg
ローカルルートでほとんど人は歩いておらず、ほぼ自然のまま。印の赤テープは貼ってあります。
ローカルルートを横切るかなりはっきりとした獣道があり、獣道に入ると幻想的で立派なヌタ場があります。
1809_sinogu2_.jpg
近くには昭和10年に設置された祠もあり。地元の方に聞くと、知ってる人はほぼいない祠らしい。
そのままルートを詰めて、今度は鉄塔に向かう作業道に入る。このエリアは様々な作業道が交差し合う不思議なエリア。作業道から作業道に渡り歩き、最終目的地を目指す。
1809_sinogu3_.jpg
お昼は茂みの中でタープを張り、秘密基地ごっこ。
1809_sinogu4_.jpg
最後には、四つん這いにならないと通過できないヤブに突入して帰ってきました。
山と高原地図でみるとなにもない極小エリアでも探ってみるとルートがあったり、思わぬ発見があったりします。

bnr_top_001.jpg
posted by morikatu at 09:00| 東京 ☔| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

磁石を使って水中の金属を引き上げる『マグネットフィッシング』

海外のユーチューブ動画を見ていたら発見!ググったら日本でも紹介しているサイトを発見しました。
1808_tmagnetn_.jpg
探し物好きとしてはドンピシャ!
金属探知機も持ってますが、持ち運びが面倒で、しかも見つけても掘り起こすのがめんどくさかったりします。
鉄しか付きませんが、かなりツボ!

posted by morikatu at 13:52| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

2018年7月のウラヤマ探索(凌)の記録(GoPro撮影)


2018年7月にGoProで撮影したウラヤマ探索(凌)の記録です。
一ヶ月単位でまとめると、GoPro映像でもまだ使えるかな?8月はもうちょっと撮影してみます。
GoProのマウントをどうするか、沼にハマっています。

posted by morikatu at 14:55| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

英国からやってきた新しい概念、それは『マイクロアドベンチャー』

BE-PALで知った情報ですが、こんなムーブメントが英国からやってきたらしいよ!
レッドブル:“マイクロアドベンチャー” のススメ1807_Micro2_.jpg
やってることはまさにオレ! 『凌』もコレに近いと思う。
どこどこからどこどこまで!など、SNSを通して誰でもわかるような肩書は重要かも知れませんが、自然遊びは自分がいかに面白がるかだと思うんですよ、身近な場所でも探索すれば、いろいろなルートや穴場スポットが見つけられます。
例えば、三連休の初日に、四つん這いじゃないと通れない酷い笹薮を抜けた先に見つけたのがこのエンジン
1807_Micro3_.jpg
地形図上では建物マークがありましたが、作業小屋は崩れ落ち、エンジンやトタンなどが散乱していました。たったこれだけですが、酷すぎる笹薮とエンジンを見つけれたので大満足!
ちなみにエンジンなら南高尾のとある尾根の途中にも捨てられて残ってます。
1807_Micro4_.jpg
このエンジンを知っていたらだいぶ高尾マニア。
“マイクロアドベンチャー” のススメを読んで、まずは実行だと思います。
今の時期なら、金曜日の夜、熱帯夜を逃げ出して星や夜景のきれいな場所で宿泊から。探せば近所でもいくらでもある。
↓同じサイトに廃墟の記事も。あとは夏だし怪談を絡めると完璧。
レッドブル:【廃墟アート #1】「衰亡」という名の美学、奥深き廃墟の世界

bnr_top_001.jpg   1708_mountainproduct_.jpg
posted by morikatu at 09:19| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

グーニーズ:2万5千分の1に載ってない神社を見つけに行く

1806_ttenjin_.jpg
今日は2万5千分の1に載っていない神社を見つけに行ってきました。
ちょっと怪しい地形だったのでグーグルアースを起動して見てみると神社あり。
1806_ttenjin1_.jpg
しかも尾根までしっかりとした植生界(写真だとスギ林と薪炭林の境)見えるので、調べに行ってきました。植生界と地形でルートがあるかどうか予測できます。
行くとやっぱりね!って感じで登山口の看板はありました。
1806_ttenjin2_.jpg
しかし、こんな所だれも来ないのか草で覆われていました。
普通は神社までは草刈りされているものだけど、ほんとに使われていない神社のようです。今日は入り口のチェックだけで、ココから入るとこっちに抜けるだろうっと思われる場所のチェックに行きました。
1806_ttenjin3_.jpg
ステップまで作られているものの、草や水が多すぎてちょっと悪すぎ。こっちは無いな…。
これから先はゴルフ場で尾根が削られてルートが失われたと推測。この先には昔の峠ルートがありますが、今はそこがゴルフ場になっています。反対側は地形的には残っているので、今度峠の先を見に行ってきます。

bnr_top_001.jpg   PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 14:58| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

明治時代の地図に載っていた、山の中の集落探しへ

今日は明治時代の地図には載っているが、今の地形図には載っていない集落を探しに行ってきました。登山道の脇道に入っていくような場所にある。
入ってすぐにお地蔵さんが居たりして、路肩は崩れているものの、広めの道がまだ残ってました。期待して集落へ行くと
1804_kinmeiji_.jpg
石垣は残ってるが、竹林に飲み込まれる寸前でした。
竹ってやっぱり凄いと改めて思った。
次は、これも古地図に載っていた旧鉄塔も追ってみようかと思ってます。
1804_kinmeiji2_.jpg
あとLIXADAのポット動画で紹介した。アミカスを使ったセットも使ってきました。
手軽で良い感じです。
1804_kinmeiji5_.jpg
posted by morikatu at 19:12| 東京 ☁| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

古地図ハイキング_なくなった神社(祠)を探す

1703_jinjya_.jpg
今日は昭和7年の地図にはあるのに、現代の地図では無くなっている卍マークを確かめに行って来ました。
キョロキョロしてると地元の人から道を教えてもらい、畑と畑の間の細道を入っていく。
山頂には名前がありましたが、卍マーク部分は完全に植林され、痕跡すら無し。
1703_jinjya2_.jpg
ただひたすら花粉を浴びて、現在ダウン中!
今日のザックも花粉が付きにくそうなEXPED:ブラックアイス 30
1703_jinjya3_.jpg
posted by morikatu at 19:26| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

小学生のような遊びハイキング

1608_kawa_.jpg
今日は猛暑予報だったので、小学生の頃に戻って小川をさかのぼる。
ジャブジャブと小川を進み、飽きたら林道を歩く。
暑くなってきたらまた小川に戻るの繰り返し
1608_kawa2_.jpg
川沿いに良い場所があったのでタープ張って、涼んで帰ってきました。

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 21:10| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

グーニーズ:杉林の中の紫の花の木

1604_kihant_.jpg
今日は、杉林の中にこの時期に紫の花を咲かせる木を見に行ってきました。
下からは近寄れないので、上の尾根からコンパスを頼りにくだりました。
昔、この木はキレイだから残しておこうって感じの木だと思います。
周辺の山の植生などを考えながら歩くとより深く、山を楽しむことができます。
1604_kihant2_.jpg
今日は途中であった地元の方から珍しい花の場所を
教えてもらったりとなかなか充実した一日でした。
posted by morikatu at 21:14| 東京 ☀| マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

グーニーズファイルNo.03「●●湖の建物」をグーグルマップでのぞく

1102gooniidegf1.jpg
グーグルマップの航空図で覗くと、拓けている。
ただ建物は確認できず!

2011年02月18日

グーニーズファイルNo.03「●●湖の建物」は作業小屋?

副隊長うみ氏(地図マニア)が調べてくれた。
1102GUNNEISU1.jpg
手に入れた1972年の地図には例の場所には何も無い
近年出来た建物、作業小屋の可能性が高くなってきました。
こんな場所になんの作業小屋かな、、、

2011年02月15日

グーニーズファイルNo.03「●●湖の建物」

ネタ切れです。
1102gooniikaiti1.jpg
次のグーニーズ候補地はココ
かなり深い山の中に建物がポツリ・・・
ココも谷沿いに行ってもつまらないので
左の立派な尾根からトラバースしながら向かう予定
その前に国立図書館で古い地図を読み解く作業があります。
posted by morikatu at 06:56| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

グーニーズファイルNo.02「不老の洞窟」

ネット上でこんな文献を見つけた。
「不老で下車する。山道を不老集落に向かって登っていく。5分ほどで集落にはたどり着けた。さっそくヒヤリングしてみたところ、すぐに場所を教えてもらえた。山の中を北に向かう作業道を進み、開けた谷沿いに山の上に向かって登っていくと、左側の斜面の上の方に洞口があるとのこと。」
地図に慣れているならこの文章だけである程度の予測は可能
さっそく山仲間とグーニーズ!
現地に行ってみると予想以上の急斜面で捜索難航 ↓四つん這いの登り
1102furou1.jpg
場所は合っていたが予想より標高が高めに洞口。
ココは昔の観光探検洞だったため入口に梯子が立てかけられています。
1102furou2.jpg
観光探検洞と言っても厳しい山の中、しかも洞窟は狭い。
ほぼ使われずに終わったのではと思います。
1102furou3.jpg
もちろんケイビングも楽しみ、無事けが人もなく帰宅。
洞窟探せてケイビングも出来るこのコースの難易度がもうちょっと低かったらなぁ〜
2度行きましたが参加者はちょっと辛かったみたいです。

ケイビングでは山狩と言ってこんな作業をずっとやります。
↓丁度JETに新しい洞口を見つけた記事が上がってました。
新春?新洞窟探査!
posted by morikatu at 09:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロ・アドベンチャー(グーニーズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

全く新しい山遊びの概念それは「グーニーズ」

アメリカからやって来た全く新しい山遊びの概念それは「グーニーズ」
Facebookに書き込んだら評判が良かったので思い切って公開します。
地形図上で怪しい場所を見つけ、地図とコンパスを駆使して見に行く遊び。
最短ルートで行くとタダの廃墟マニア
わざと厳しいルートを設定して発見の喜びを演出しますw
コレは東京近郊の山中
赤丸を付けた部分に注目!畑マークがある! 怪しい!
1101GUNIISZ1.jpg
谷沿いに歩いてもつまらないのでココは尾根向こうから登攀
四つん這いでの直登、崖をロープを使ってのトラバース、倒木の谷などを突破
コンパスを駆使しココを目指します。
そしてあったのはなんと廃寺!
まさにグーニーズ!
横に登山道が書かれてありますが完全に道はない状況でした。
コンパス・地図読み・ロープワーク・危険対策等出来ないとダメですよ




1811_aandfrogo2_.jpg