2018年05月20日

今日は家の北側。藤野駅から鷹取山へ

1804_takatori_.jpg
土曜日は家の南側を探索したので、今日は家の北側、藤野駅から藤野神社経由で鷹取山ピストンへ。普通のハイキングコースだったので帰りは一度降りて高速道路脇を歩いてまた登山道に戻りました。高速道路脇や鉄道脇の細い道が大好きですw
1804_takatori1_.jpg
登山道自体も登り始めてすぐに、長めの良い場所がある。
写真はちょうどうちのウラヤマの日連アルプス。右側がラブレターのオブジェのある芸術の森。
スギ・ヒノキと赤松の多い森をのんびりと歩けるコースでした。
1804_takatori2_.jpg
チャコサンダル・短パン・Tシャツで行ったら寒かったので、ハゴロモが大活躍!
バックパックもPETZLポルタージュ+フラッシュバックポケットが裏山探検に完璧でした。
1804_takatori3_.jpg
やっぱり高速道路まで降りたのが良かった。
今度は尾根向こうの集落に降りる道を探索してみます。
posted by morikatu at 15:45| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

今日は峠向こうの集落探索。

1804_urayamasion_.jpg
今日は、家の近所にある、もう殆ど使われていない峠道を使って、峠向こうの集落とその先の集落周辺を探索してきました。
登山道を歩いたり、ちょっとした脇道を詰めたりしながら走ったり歩いたりを繰り返す。ふくらはぎを鍛えようとルナサンダルで行きました。
1804_urayamasion2_.jpg
けっこう怪しい建物が多い。祈祷所なんてのもありました。
そんな中、誰も来なさそうな作業道を入っていくと茂みに…。
1804_urayamasion3_.jpg
コスプレ用のカツラとブーツが置いてありました。
こんな人気のない場所なのに。
歩いていると綺麗な山も発見!
1804_urayamasion4_.jpg
ちょうど手前の尾根が薪炭林で綺麗な尾根!
全く知らない山だったので近づくとハイキングコースらしく、立派な看板や道標もありました。
1804_urayamasion5_.jpg
この山の裏側に、ちょっと気になる神社があるので、次はハイキングがてら神社の探索に行ってみます。
「オレ地図」が南側に拡大中。
posted by morikatu at 17:32| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

PAAGO WORKSのハイキング向けバックパック『BUDDY』が新発売!

展示会で見ましたが、軽いのに、厚手で丈夫な生地を使った、ボクのやっているちょっとしたハイキングに向くバックパックが新発売されました。
1804_budy_.jpg
フロントポケットあって、7字にジッパーで大きく開く。
22リットルサイズで約 640g
33リットルサイズで約1,100g
ナイロンの330デニールとのこと。
↓オフィシャルサイトです。
BUDDY パーゴワークス1804_budy2_.jpg
↓Bozemanブログでも紹介しています。
https://bozeblog.exblog.jp/29791402/

PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 10:09| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

極厚鉄板のソロモデルを使ってきた。板厚6mmのステンレスで縁が付いてます。

1804_gokuatu_.jpg
M.M.Factoryの極厚鉄板のソロモデル。BE-PALの企画開発らしい。
流行りの鉄板ですが、これは極厚のステンレス製。焦げ付いてもタワシでガシガシ洗えます。
焦げ付きが心配でしたが、ネットでステンレスフライパンの使い方を検索すると、温度が下がった状態で動かすとこびり付くらしい。冷凍食品や冷蔵庫から出したばかりの食品は良くないとのこと。極厚鉄板は板厚6mmもあるので蓄熱性が高く、温度が下がりにくいので焦げ付きにくい。
1804_gokuatu1_.jpg
肉や野菜などは焦げ付かずに普通に焼けます。スクレイパーの差込口から余分な油が流れ出るようになっています。
一番良い所が、縁が立ち上がっているので、ソーセージが転がり落ちなくて良いです。
あとステンレスなのでメンテナンスが簡単で良い。
1804_gokuatu2_.jpg
鉄板とスクレイパーとミニトートバッグが付いています。
外で動画を撮ってきました。キレイに焼けましたが動画がイマイチ!
また室内で撮影してみます。
↓詳細はBE-PALに載ってます。ランキング1位
1804_gokuatu3_.jpg
posted by morikatu at 20:04| 東京 ☀| キャンプ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

べたつかない、薄々のウインドシャツ『はごろも』

1804_hagoromo_.jpg
一般的なウインドシャツ素材に比べ、25倍通気性の良いと言われるPERTEXマイクロストレッチを使用したウインドシャツ。暑いか寒いかよく分からない今の時期に、ちょっと羽織って出掛けても暑くならないです。重さは約90グラム。
1804_hagoromo2_.jpg
ハーフジップでプルオーバー。袖が長く手甲ループがあります。
ペラペラのウインドシャツでもけっこう蒸れますが、ハゴロモはそんな事が少ないです。風が程よく通る感じです。
↓オフィシャルの説明
bnr_top_001.jpg

10年位前まで「雨具で十分、ウインドシャツはただの荷物」って言われて敬遠されてましたが、トレランの影響か、最近は完全に浸透してますね。記憶だと最初にペラペラウインドシャツを見たのがpatagoniaのドラゴンフライ。中のTシャツの柄がはっきり分かるくらいスケスケでした。その後、名称が近いと訴えられ、今のフーディニに名前が変わりました。
posted by morikatu at 06:29| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

KIKKERLANDのZipper Bags(ジップロック)

1804_glassbag_.jpg
大阪UTILITYで購入したのがこのキッカーランドのジッパーバッグ。
分かりやすく言うとジップロック。
ただのジッパーバッグだと味気ないが、このバッグだと良い感じです。お菓子入れてもオシャレ!
1804_glassbag1_.jpg
入口はこんな感じ。生地も厚く丈夫、重さは11グラムでした。
サイズもあり、サイズごとにデザインが違っています。
問題はデザイン優先で、口が若干狭いです。

posted by morikatu at 07:28| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

大阪のUTILITY Outdoor Select Shop

1804_Utilityoo_.jpg
大阪のUTILITY Outdoor Select Shopに行って来ました。
入って思ったのが、道具好きが落ち着く空間。
ゴチャゴチャと小物からウェアまで置いてあります。
1804_Utilityoo1_.jpg
ハイク、U.L.、キャンプ、アウトドア雑貨まであり。
ボクの好きな鉄分高めのギアも多い
1804_Utilityoo3_.jpg
ウェアやシューズなどは今風のアイテムがずらり、小物も多いです。
1804_Utilityoo2_.jpg
やっぱり思うのがOD-BOX。
↓個人的にこの空間がOD-BOXしてました。
1804_Utilityoo4_.jpg
無くなった渋谷店のテントコーナーだな
posted by morikatu at 17:46| 東京 ☀| アウトドアショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早速EXPED:フラシュパックポケットをPETZLに付けてみました。

1804_EXPEDFlash2_.jpg
早速PETZLのポルタージュに取り付けてみました。
真っ黄色で派手すぎのバッグがちょっとは落ち着いたデザインになりました。
大した山に登らない時はポルタージュやMYSTERYRANCHなどの丈夫で汚れないザックが一番です。
その中でもケイビング用のポルタージュの耐久性は抜群。
よく背負ってます。
posted by morikatu at 14:46| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

きっちりと収まる快感! シンデレラフィットのアウトドアカップ4選

↓Akimamaにシンデレラフィットするカップを4つ紹介しました。
1805_akimamacup_.jpg
posted by morikatu at 22:06| 東京 ☀| カップ・コップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビクトリノックスの今年のリミテッドエディションは赤!

↓今年のVICTORINOXのLIMITEDはベリーレッド
1805_LIMITED_.jpg
昨年はパスしましたが、これは良い色。
今年もカデット買おうと思ってます。
関連記事
VICTORINOX: カディットAL Limited Edition 2015 steel blue
VICTORINOX:ブラックコーティングされた『スパルタンPS』
posted by morikatu at 18:59| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EZELAPの安いダイヤモンドシャープナー 3本セットで2千円

1805_eze_.jpg
アメリカらしい凄い雑な感じのダイヤモンドシャープナー。スーパーファインでもかなり荒いです。
渋谷の店舗は無くなってしまいましたが、エッジで2030円
海外はナイフにバール感を求めているのである程度切れればOK!そんな感じのシャープナー。

以前も紹介しましたが、本の上にナイフを置き、このシャープナーでこするだけ
なれるとけっこう研げます。
動画の後半でやってます。
posted by morikatu at 08:05| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

EXPED:フラシュパックポケット

1804_EXPEDFlash_.jpg
フラシュパックポケッはLightningシリーズにポケットを追加するアクセサリーっぽいですが、ブラックアイスにつけてました。
取り付け方は、四隅から出ているコードを引っ掛けるだけ。
ブラックアイスの場合は、下は直接バックパックに引っ掛けられるが、上はヒモを延長して取り付けていました。
ブラックアイスはポケットが殆ど無いのでこれは真似しようかなと。他のポケットのないバックパックにも付くか実験してみます。

bnr_top_001.jpg

関連記事
EXPED:Lightning 45
EXPED:BLACKICE 30
PETZL:ポルタージュにも付くもやってみよう。
posted by morikatu at 19:46| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

VARGO:チタニウムファイヤーボックスグリル

1804_VARGOsumi_.jpg
VARGOのチタン製グリル。
上に広がった形で、同じバーゴのヘキサゴンウッドストーブとは真逆の構造です。
底面も小さく「炭を使ってくれ」っていう形。
VARGO製品の良い所は全部がヒンジでつながっている所。
1804_VARGOsumi2_.jpg
パタパタと折りたたむとこの大きさ。
炭火焼きグリルとしては小さい。重さもカタログ値164g。
ちょっと重いけど安めのステンレスバージョン(284g)もあり。
1804_VARGOsumi3_.jpg
今回は薪しか持っていきませんでした。
火床が小さいので、このサイズに薪を用意するのが面倒です。
火が広がるので効率は良くない。火を見るのには良い。
↓詳細ページ
1804_VARGOsumi4_.jpg

関連記事
Tschum(チャン)のファイヤーボールローインパクト(ドイツ製の焚き火台)
コンパクトに折りたためる耐熱布を使った焚き火台MONORALのワイヤフレームLITE
posted by morikatu at 08:43| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする